物置付ベランダへのウッドデッキ~川崎市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2015年7月11日

タグ: , , , , , , , , , ,

いやはや、今年の梅雨は本格派の梅雨で7月に入ってからは、ほぼ毎日が雨。施工スケジュールは滅茶苦茶です。
毎日スケジュール調整とお客様の連絡に追われる毎日。

という言い訳を前置きし、ブログの投稿も気づいたら10日も空いてしまった・・・・・・雨でもマンションのベランダウドデッキは予定通り進んでいましたが。

それでは、今回の紹介は神奈川県川崎市の中古マンションを購入されたお客様のベランダウッドデッキを。
お客様の御希望は室内と段差無しのバリアフリータイプのウッドデッキ!

006

 

この写真だけでは判りませんが・・・

 

008

サッシ水切りのつばが大きく出ていますが、掃出し窓サッシはノンレールタイプ。
これではフラットデッキにしたくなるのも了解です。

イペ製のベランダデッキであれば、このくらいの水切りつばの幅もなんのその。おまかせあれ!

って、出来上がったウッドデッキがコレ!

 

IMG_1225

水切りも隠れ、室内フローリングと同じ高さになり、段差はゼロ。

 

IMG_1223

 

端のほうにあるのは作り付けのもの置き。これは便利ですね~。と、思ってよくよく見ると。

 

007

 

物置の開き戸高さが・・・・・・・なんか、やばそう?

採寸担当者が、いち早く気づき正確に高さを採るとフローリング高さにウッドデッキを作ると、この開き戸が開かなくくなるのが判明。

お客様に説明の上、この戸の前だけ一段下げての施工となる事に。

 

IMG_1228

ほんの1~2cmくらいなんですけど、端部は幕板を付けてこの通り一段下げてのデッキとなりました。

マンションの設計担当者のミスなのか、施工業者のミスかは判りませんが、たった1cmでも5mmでも開き戸が低いとこんな事になってしまいます。・・・・こちら以外にも、今まで施工してきて一度や二度、いや三度くらいあったかな?
せっかくフラットサッシ仕様の設計にしても、ウッドデッキで全面フラットにできないのでは意味がないんじゃないの?・・・・・・他山の石としないで、テクノグリーンも気を付けまっしょ!
これからベランダに開き戸付のマンションを購入されて、ウッドデッキをお考えの方は、是非この高さチェックする事をお勧めします。

 

 

それでも、物置前は部屋から見えない部分なので、施工完了後のアンケートでお客様から、

「部屋が広がったように感じます。
ありがとうございました」

と、ご希望のフルフラットのウッドデッキには満足していただけました。

さて、今回の紹介はこれで終了にして、続々とマンションのウッドデキ完了写真が私の手元に上がってきているのですが、次回は梅雨前に施工しました庭のウッドデッキを紹介します。

 

 

 

 

 

ノンレールサッシとベランダデッキ~大和市~施工完了編

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ | 投稿日:2012年8月18日

タグ: , , , , , ,

次回の続きで神奈川県大和市の新築マンション。ノンレールサッシのベランダへ施工しましたウッドデッキ完了編です。

さっそく完了写真から。

ノンレールサッシとウッドデッキの納まり

ノンレールサッシとウッドデッキの納まり

サッシ外枠とウッドデッキの納まり具合はこんな風です。

逆方向からも一枚

逆方向からも一枚

サッシとの段差が全くありません!バリアフリーの仕上がりです。

ウッドデッキのパイプ廻り納まり画像

パイプ廻りの納まり

フェンス側の一部切り欠いているのは排水口部分です。

最後に室内から見たノンレールサッシとウッドデッキの納まり。

ん?   無い~!!!!・・・・・肝心の写真を撮り忘れてるぅ~。

も、も、申し訳ありませんので、数年前にノンレールサッシのベランダで撮りました写真を本邦初公開?で。

室内から見たノンレールサッシとウッドデッキ

室内から見たノンレールサッシとウッドデッキ

ノンレールサッシで室内からベランダを見ると、こんな感じです。一体感がすごいでしょ!

おまけに一枚、また違うところの施工となりますが、サッシとウッドデッキの納まりの拡大写真を。

デッキとサッシの納まり拡大写真

デッキとサッシの納まり拡大写真

8年ほど前、この写真のお客様のところへは、私が調査・採寸へお伺いしたのですが、このとき初めて「ノンレールサッシ」の実物を見ました。衝撃的でした。・・・・だってレール部分の段差が無いんだもん。上から下から斜めから裏から(裏からは無理か!)眺め回したのを今でも憶えています。この時の施工には私も立ち会い、仕上がり具合のチェックで水平器まで出して確認したたほどでした。

上の写真では後日談がありまして、このお客様の友人がこのサッシとデッキを見て、その後、ご自分が新築マンションを購入するにあたり、選別基準の最重要項目が「コレ」だったそうです。

2年後に「○○さんと同じウッドデッキを施工してください」とお電話をいただき、○○さんと同じように施工させていただきました。

このように、このサッシは見てというより体感して初めてその素晴らしさが判るのですが、まだまだ採用しているマンションが少ないの現実ですね。

車椅子生活の方はもとより、そろそろ足元がちょっと怪しくなってきた私らの年代には、ホント、ノンレールサッシに続くフラットデッキは最高なんですがね。・・・・・・もしかしたらマンションを設計をしているのは若い連中ばっかなのかな?とチョット邪推しています。

このノンレールサッシとベランダウッドデッキの写真も盛りだくさんの写真集とサッシとデッキの納まり図面も入った資料の請求はこちらから。(申し訳ありませんが、お住まいの地域限定となっています)

庭のフラットデッキ~千葉市~(調査・打ち合わせ編)

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ | 投稿日:2011年9月18日

タグ: , ,

昨日、予告しました千葉市での庭用フラットウッドデッキの紹介です。

余談ですが、この「フラットデッキ」、通常手摺・フェンス等がないウッドデッキを指しますが「プレーンデッキ」と呼ぶ方もいます。

また、手摺等が付いていなくても床が2段あるいは3段式になっているのは、フラットデッキとは呼ばず、「ステージデッキ」と私は勝手に命名しています。・・・・・こと名称に関しましては、けっこういい加減な業界です・・・・。(「お前だけダ!」という声が聞こえてきそうですが)

まだ個人邸でそうたくさんウッドデッキを作る人も多くなかった時代(20年前くらいの話ですが)、主に公共事業で施工されるウッドデッキやボードウォークにまつわる名称の話を書けば、このブログ2~3回分に、なってしまうくらいありますので、いずれ、またの機会に・・・・。

さて本題に戻りまして、今回は千葉市でも緑区のあすみが丘です。

このあすみが丘はホームページのウッドデッキの施工例で紹介している「2階建てウッドデッキ」や、このブログでも紹介しました「サンルームとウッドデッキ」を施工したように、どの御宅も庭が広い地域・区画です。

今回も、それにもれず広い庭でのウッドデッキ施工となりました。

庭のほんの一部です

庭全体のほんの一部です。ここの家角にL字型のウッドデッキを計画しています。

ウッドデッキの始まり部

どんなウッドデッキができるのかなぁ~

と、お客様家族、ガーデンデザイナーさんを含めまして現場で実際施工する位置に目印を置いて、確認・打ち合わせをしましてデザイン・サイズを決定しました。

この施工完了は次回で・・・。あっ、ガーデンデザイナーさんにつきましても次回で。