花台と一体化の室外機カバー~川越市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年3月1日

タグ: , , , , , ,

埼玉県川越市におすまいのお客様から、家の図面と写真を添付しましたメールをいただきました。

「リビング前の庭先にウッドデッキを施工して頂きたくご連絡させていただきました。
写真の赤枠内が希望エリアとなります。またリビングF.Lと同じ高さでの施工を希望します。

予算内に収まるのであればフェンス等も視野に入れております。
図面及び写真を送信いたします。概算見積もりをよろしくお願いいたします。」

図面と施工場所の写真があれば、かなり正確な見積もりが可能ですので見積書と一緒に資料を送付させていただきました。

「早速のお見積りありがとうございます。お見積内容、資料、写真集 確認しました。
是非ともテクノグリーン様に施工していただきたくご連絡いたします。
つきましては詳細打ち合わせをお願いいたします。」

お客様は建設関連のお仕事をされているせいか、元々イペをよくご存じでイペ製でのご注文をいただきました。
調査日を打ち合わせの上お伺い。

CIMG5297

CIMG5303

いただいていました図面と寸法も変わらず、フェンスのデザインを打ち合わせ。

CIMG5299

植物を育てるのがご趣味のお客様から、花台と一体化した室外機へのカバーも追加でご注文いただきました。

IMG_0958

こちらが据え付けられた花台一体化室外機カバー。
通常は、室外機を埋め込んでカバーを作る時はベンチ高さにするのですが、今回は上に換気扇があるのと上を花台として使用するので低めのカバーです。

IMG_0954

横から見た花台。

IMG_0959

打ち合わせ時にお選びいただいた横板デザインフェンスです。

IMG_0955

始めからこちらの庭にウッドデッキを予定していたらしく、道路境界ブロックにはアルミフェンスを取り付けていませんでした。
それならばとブロック手前までのウッドデッキではなく、ブロック上までに境界ぎりぎりの広いウッドデッキを提案させていただきました。

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

 

またセランガンバツ材ウッドデッキの取り換え工事~浦安市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2021年2月20日

タグ: , , , , , ,

1年前に浦安市にお住いのお客様から「3.9m×3.1mの庭デッキの交換工事を考えています。」と、
お電話をいただきイペのウッドデッキ資料と見積書を送付させていただいてました。

1年経って「もう限界に近いので、取り換え工事をお願いします。」ということで調査・打ち合わせへ。

CIMG5233

CIMG5232

一見すると、腐っていないような感じですが、上を歩いてみると沈み込む感じが・・・・・・

IMG_1005

下を覗いてみると根太が腐り脱落しています。今回も前回の庭ウッドデッキ交換工事で紹介したのと同じリブ(溝)付きのセランガンバツ。

IMG_1002

根太が腐り床板のビスは浮いて留まっていません。
またこの隣は施工後数年でフェンス支柱が腐り危険なので撤去された跡との事でした。

このウッドデッキは外構工事会社による施工でした。
ウッドデッキの専門施工会社では、あまり使われないセランガンバツ。何故か外構工事会社や大工さんが多用されます。
木材が安いからだけではなく、ハードウッドの中では軽く柔らかい木材なので専門の施工技が無くても出来ちゃうからかな?と、思ってます。

それでは完成しましたイペのウッドデッキを。

IMG_0279

元の立水栓と水受けは、そのまま再利用。

IMG_0280

既設のウッドデッキはリブ付きでしたが、溝の部分に泥がたまり掃除もしづらかったので今回はリブ無しで施工。
・・・・というか、リブ付きは本来ボードウォークで使われる仕様で個人宅のウッドデッキでは使いません。

IMG_0282

右下に写っているのはベンチではありません。

IMG_0283

設置する前のステップでした。この設置をもって施工完了。

施工数日後にお客様からメールで

「先日は綺麗に工事していただきまして、大変喜んでおります。ありがとうございました。春になって、BBQをするのが今から楽しみです。
ステップはぐらつきもなく安定感抜群で気に入っています。
それから、今回やらなかったパーゴラとラチスをやるとしたら、いくらになるか、お手数ですが、もう一度見積を出していただくことは、可能でしょうか。」

といただき、庭にありましたパーゴラと格子のウッドフェンスの取り換え工事も近々に施工させていただくことになりました。
それも施工完了しましたらこのブロブで。次回はマンションの大規模修繕時サービスの紹介を。

イペで造るといくらぐらい?~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2021年2月10日

タグ: , , , , , , , , , ,

松戸市の戸建て住宅におすまいのお客様からお電話いただきました。
「3m×10mのウッドデッキをイペで造るといくらぐらいですか?」

ざっくりと計算してお伝えすると、現地調査を依頼させれました。

CIMG5109

庭の半分くらいにウッドデッキが設置されていました。

CIMG5116

腐ったウッドデッキの取り換えを機に、この残りの庭も全面ウッドデッキにしたい。

CIMG5119

ウッドデッキの全面施工にあたり、このレンガで作られた立水栓を壊し、新たにウッドデッキ上に当社の写真集でご覧になった木製立水栓をご希望でした。

IMG_0977

既存の腐ったウッドデッキはセランガンバツでした。根太が腐りビスが効かなくなってビスが浮いてきています。
今までセランガンバツの腐ったウッドデッキを何か所も見てきましたが、このビス浮きが特徴で一見ですぐ判ります。
※セランガンバツは別名バンキライやイエローバラウとも呼ばれています。産地により名称は違いますが同じ木材です。

 

IMG_0980

また同じようにセランガンバツの特徴でもあります木口からの腐朽があちこちに見られます。
当社では、15年以上前に商業施設のボードウォークの補修工事を頼まれた折にセランガンバツ材の耐腐朽性が低いことが判り、それ以来お客様からご依頼があってもセランガンバツでのウッドデッキは施工していません。

——ハードウッドのデッキ材としてはイペより4割ほど安くコストパフォーマンスが良いと宣伝されてますが、数年でこの状態になるのではパフォーマンスは決していいとは思えないのですが——–

お客様も”二度と失敗はしたくない”と思い木材選びをされて当社へお電話をされたそうです。

既存のウッドデッキを撤去し、イペのウッドデッキが完成。

IMG_0270

新たに増設された部分のウッドデッキとウッドフェンス。

IMG_0272

こちらは隣家の駐車場に隣接していますので、元と同じように2m高さの目隠しフェンス。
フェンスに合わせてこちら側にはタープ用のフレームを廻しています。

IMG_0274

打ち合わせ時に追加でご注文いただきました室外機カバー2台。
ベンチとバーベキュー用品を収納するベンチ兼用ボックスもご注文いただいたのですが、遅れて納品した為ウッドデッキ完成時写真には写っていません。残念。

IMG_0275

今回、両側の通路口にもフェンス取り付け外部から出入りできない閉鎖空間としています。・・・ワンコを飼われているようです。

 

IMG_0278

最後の写真はあらたに設けられましたウッドデッキ上の立水栓。・・・ウッドデッキ完成後すぐにバーベキューをされたと、お客様から聞きましたので活躍されたと思います。

これで庭の腐朽ウッドデッキ交換工事の紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。