ベランダの活用~目黒区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年6月20日

タグ: , , , , , , ,

目黒区のマンションにお住いのお客様から、資料請求時に見積もりご依頼をいただきました。

「概算の見積もりもお願いします。広さ 6000 x 1800 ほぼ四角形です。」

いただきました寸法から概算見積書を資料等と一緒に郵送後、

「検討をしまして正式に注文をしたいので、現地調査と正式見積もりをお願いしたく、連絡をしました。
訪問希望日は土曜日か日曜日でお願いします。」

日程打ち合わせをしましてお伺い。

CIMG5652

ガーデングッズや

CIMG5655

ラタンの椅子も購入されたようですが、下がタイルのせいかあまりベランダを使われていないご様子。
ウッドデッキにして、もっとベランダを活用したいとういのがお客様のご希望でした。

CIMG5656

できるだけウッドデッキで広く使いたいというお客様は、排水パイプが上から降りてきている排水口も隠して蓋加工がご希望でした。
・・・・この部分を蓋加工するのは、結構難しく大きさやパイプ位置によってはできない場合もあります。
詳細寸法を測って持ち帰り図面へ落として検討の結果、なんとか蓋加工できるように設計しました。

IMG_1039

ウッドデッキ完成後の排水口&パイプ廻りの蓋加工。

IMG_1036

IMG_1037

室内から見たベランダウッドデッキ。

IMG_1035

施工完了後のウッドセッキ全体の写真。
これからガーデニンググッズやラタンをセッティングしてベランダの活用が始まります。

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。

 

ウッドデッキ施工範囲を地面に~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年6月15日

タグ: , , , , , , ,

千葉県松戸市の戸建て住宅に住むお客様から手書きのウッドデッキの図面で見積もり依頼をいただいていました。

その図面からの概算見積もり後にお伺いし打ち合わせを。

IMG_1240

形の整っていない、この庭にウッドデッキを作る計画をされていました。

IMG_1226

IMG_1231

お伺いする前にご夫婦で作りたい範囲に園芸用のポールを置いて検討されていました。
・・・・・これって、庭の部分施工をする場合は具体的なイメージができて最高の方法ですね。

IMG_1232

ポリカのテラス屋根用柱をウッドデッキに呑み込む形で造ります。
こちらも最近施工されたようで、これを施工した外構工事会社からはタイルテラスや人工木のデッキを提案されていたそうですが、イペのウッドデッキをお選びいただきました。

 

IMG_1228

最後に追加でのご注文は、ウッドデッキ上で使われるお折り畳み式の椅子。
これをこの位置に収納できるボックスをベンチ兼用で造ってほしいとの事でした。

このサイズと位置を測り、採寸・打ち合わせは終了し工場製作を待って施工へ。

S__6094884

こちらが、さきほどのベンチ兼用の収納ボックス。
見た目は似ていますが普段製作している室外機カバーとは違い、ウッドデッキと一体化している上に座板は蓋として簡単に外せるようになっています。

S__6094886

正面から見た収納ボックス。

S__6094887

幕板下の猫侵入防止柵。

これはお伺いする前にお客様からメールでご質問いただいていました。

「ウッドデッキの下に、猫など小動物が住み着いたり、蜂が巣を作ってしまったりすることもあると言うことが、ネットなどにも記載されていて気になっています。
サイドまで囲って隙間をなくすことで、防げますか?
囲うことによって、湿気がたまってしまうなど、不具合があれば教えてください。
また、囲うことで、費用はどのくらいアップしますか?」

 

このご質問へ猫侵入防止柵”を取り付けた施工例写真を送付しご検討いただいた結果、取り付けとなりました。

S__6094885

庭の入り口側にも箱ステップを取り付けて施工は完了。

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

避難ハッチの蓋はあきらめて~川越市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年6月10日

タグ: , , , , ,

川越市の新築マンションを購入されたお客様から間取り図面を送付の上、見積もりのご依頼をいただいていました。
図面にはベランダに避難ハッチがあり、それに蓋を付けるご希望での見積もり依頼でした。

見積もりが予算内とのことで、内覧会時に同行採寸を。

CIMG5676

図面にもありました避難ハッチ。

CIMG5680

床から約5cmほど高くなっています。どこのマンションでも、だいたい4~5cmほどの高さはありますが・・・・・

CIMG5684

なんと窓の網戸下は1cmもないのぬ加え、室内床からで5cmほど、またぎ框の上からでも8cmほどしかありません。
ハッチに蓋を付けるには蓋の厚みが必要で最低でも10cm高さのウッドデッキにしなければなりません。

お客様は、どちらかの選択にせまられ室内高さのウッドデッキとし、蓋の取り付けをあきらめられました。
——マンションの直床工法では、このようにベランダ床面と室内床面との差が小さい場合が多いです。

そこで今回は当社製品分類のBタイプ(規格高さ5cm)での施工となりました。

IMG_1033

引っ越し後に施工しましたウッドデッキ。

IMG_1026

避難ハッチ部分をくり抜いて施工しています。

IMG_1030

ウッドデッキは避難ハッチとほぼ同じ高さになっています。

IMG_1034

室内フロリーングとも同じ高さのウッドデッキに仕上がりました。

完成しましたウッドデッキをご覧になりました身内の方から、
「来年秋に都内へ購入予定のマンションにも設置をお願いしたいと思っています。」

と、ご連絡いただきました。

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。