ウッドデッキ床下に収納加工を~葛飾区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドフェンス, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年1月30日

タグ: , , , , ,

資料・写真集を送付していました葛飾区のお客様からメールで見積もりご依頼をいただきました。

加工要望
1.ウッドデッキに目隠しフェンス(サイドも目隠しフェンス、片側扉付き)私道より170から180センチ、

2.ウッドデッキ床板に収納用加工

ご連絡いただきましたウッドデッキ寸法と、ご要望を入れた見積書の送付後に現地調査依頼を受けてお伺い。

CIMG5062

私道に面した部分にはコンクリートが打設されている上、十分なウッドデッキ高さも確保できる位置の窓となっています。
——-床下収納には、もってこいの条件です。—–

メールでの要望に加え追加のオプションをお聞きして施工へ。

 

S__5373962

S__5373964

こちらは元々ご要望の扉。

 

S__5373966

こちらは追加しました階段。

S__5373963

床下収納用の蓋加工と追加の床埋め込みライト。(客様のお好みのライトを支給いただきました)

 

S__5373967

門灯代わりにウッドフェンスに取り付けられたマリンライト。これもお客様の支給品です。
当社ではライトはいろいろなデザイン・仕様がありますので、できるだけお客様にネットでお好みの物を探されて支給いただく方法を採っています。

ただし、今回のライトはどちらも12VのLEDライトでしたので、事前に明暗センサー&タイマー付きの変圧器もご用意するようアドバイスさせていただきました。

S__5373965

フェンス横板は内張り?写真を見てて気づかれたと思いますが・・・・

S__5373968

外から見ても表張り。そう、裏表の2重張りがお客様のご要望でした。

横板の張り方には、表張り、裏張り、支柱の中央に張る中張りとありますが、このような2重張りという方法もあります。
・・・・金額はそれなりに高くなりますが。

これで追加オプションを沢山付けられたウッドデッキの紹介は終了。
次回はマンションウッドデッキを。・・・・こちらもウッドデッキ以外のオプションがたくさん有りです。

 

 

今回は庭テラスへウッドデッキを~横浜市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年12月14日

タグ: , , , ,

18年前に横浜市の新築マンションでベランダウッドデッキをご注文いただきましたお客様から、
今回、戸建て住宅を購入しその庭テラスへウッドデッキを検討していますと、図面の送付と見積もりご依頼をいただきました。

18年間イペのベランダウッドデッキをご愛用いただき、イペ材の素晴らしさを体感しているので今回も材質はイペ指定での見積もり依頼でした。

図面からの概算見積もり後、現地調査へ。

IMG_0782

購入された住宅は、リフォーム中。
この庭テラスへウッドデッキを作る予定です。

IMG_0775

半分は装飾壁で囲まれています。こちらの装飾壁が無いところの前は1段下がった駐車場となっていますのでフェンスを付けて。

IMG_0774

下地はコンクリート土間あり石張りありの上、一部は土という状況でしたので束位置を設計するにあたり、それぞれ区分けの採寸を。

IMG_0770

装飾壁が無い所から庭へ繋がっている形状ですので、ここに庭へ降りる1段ステップを設けます。
これらの図面だけでは不明な点と取り付けるアイテムの打ち合わせをして現地調査を終了。

その後、リフォーム完了の連絡を受けまして施工へ。

 

IMG_0909

IMG_0911

完成しましたテラスウッドデッキ。

IMG_0914

元からあった立水栓部は欠きこんでの施工。

IMG_0910

装飾壁の開口部を全面使った1段ステップ。これで庭へ出るのが楽になります。

IMG_0915

駐車場後ろの開口部へは、ウッドフェンスを取り付けて施工は終了。

これで庭テラスウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

リビング側のルーフバルコニーは西日が強いのでタープを~稲城市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキとテーブル&ベンチ, ウッドフェンス, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年12月5日

タグ: , , , , , , , , ,

東京都稲城市のマンションへお住い予定のお客様から資料請求時に写真と図面を添付して見積もりご依頼いただきました。

「ルーフバルコニーについてはフェンスの端がかなり隙間があり、子供がまだ1歳で隙間を通過できてしまうのでウッドフェンスのようなもので隙間をなくしたいと思っています。」

フェンス下端のすき間はウッドデッキは高さがあるので不要では?とコメントを付けまして、図面からウッドフェンスを含めた見積書を資料と一緒に送付させていただきました。

「昨日、見本&資料届きました。
また、暫定見積もありがとうございました。
イペ材のよさは充分に理解しているつもりですし、貴社のHPはかなり前から拝見しておりましたので前向きに検討させて頂きたいと存じます。

 ご指摘通り、御社のウッドデッキ施工はある程度の高さを確保するのでフェンス下の隙間はなくなりますのでウッドフェンスは不要だと思います。
施工事例を拝見し、様々なオプションがあるのがわかったので以下まとめてみました。

1.リビング側のルーフバルコニーは西日が強いのでタープやすだれをかけられるタープ用の柱とフレームをつけたいと思います。

2.ルーフバルコニーの一部に上階バルコニーからの雨水排水管が下りてきているので、ウッドデッキの施工範囲をこのあたりで見切るようにしようと思います。

3.ウッドデッキの見切り側の一部に腰高のウッドフェンスを施工したいと思います。

4.見切り側妻の一部は施工事例で拝見した一段低いウッドデッキ施工を検討します。

5.固定式ローテーブルを設置したいと思います。

以上の要望を反映しました施工案を作成しましたのでおおよその再見積をお願いできますでしょうか?」

と、ご連絡いただいた仕様と図面で見積もり後に現地調査へ。

CIMG4941

室内はまだリフォーム中です。
このコーナーを中心にL字型のウッドデッキとなります。

CIMG4942L字の一辺は奥まで。

CIMG4937

こちらの広い辺は2/3にあたる上から降りてきているパイプあたりまでの施工となります。

調査・打ち合わせも終了。室内リフォーム工事の終了後にウッドデッキの施工。

IMG_0233

腰高のウッドフェンスと1段ステップ。

IMG_0237

IMG_0235

2辺の壁側に取り付けましたタープ用の柱とフレーム。

IMG_0238

こちらはご希望のサイズでオーダー製作したローテーブル。木材はウッドデッキと同じイペ。非常に重いの台風時でも飛んでいくことはありません。

IMG_0239開き戸部分の室内から。
ウッドデッキの高さは30cmほどになりましたので、当初お客様が心配されていたフェンス下端のすき間はなくなりました。

施工完了後アンケートで、
「この度はありがとうございました。
イペの品質と大規模修繕時の一時預かり、タープ用柱・ローテーブルなどのオーダーに応えていただいたことで注文させていただきました。
次回、中庭(パティオ)のウッドデッキもお願いすると思います。」

これでルーフバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回はアンケートにもありました大規模修繕時サービスを。