既存が人工木であり~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年10月5日

タグ: , , , , , , , ,

松戸市の戸建て住宅へおすまいのお客様から資料請求と見積もりご依頼いただきました。

現況の写真と、ウッドデッキを中心とした庭のリフォーム構想をサイズを入れた図面ファイルを作られ送付いただきました。
「既存が人工木であり、その上でテクノグリーン様として
どのように出来るかお伺い出来ればと考えております。

HPに同様の素材を使用して、室外機カバーを作られた事例があったため、
御社のハードウッドで出来ることもお伺い出来ればと思ってます。」

IMG-0037

送付いただきました既存の室外機カバー。
腐ってきている上、大風の時は飛ばされるので上に鉢を置いて重しにしているそうです。
ホームセンターやネットで売られている軽い素材の室外機カバーは、昨今の異常な大風が吹いた時、飛ばされちゃうんですね!

そこで重いイペ製の室外機カバーも含めたウッドデッキ&フェンスの見積書を作成しましてメールで送付。

「御見積りありがとうございます。金額感は掴めました。

また、事例や資料を頂き素材の感覚もかなり明確にすることができました。当初懐疑的であった妻も、事例で少し納得感が出ているようです。
フェンスの横板についても、面が広いのでベタっとする感覚を持っていましたがこちらも事例で様々なパターンで出来ることが分かり、検討できると思っています。

あとは細かい加工が必要な点や、既存を残す事についてなど御打合せさせて頂きたく思っております。」

と、メールをいただきお伺いすることに。

CIMG6048

奥行きのあるかなり広い前庭です。この庭を有効利用するための庭リフォームを考えていたそうです。

CIMG6056

CIMG6050

当初この人工木デッキを残して増設も考えていたお客様は、肌感覚が合わず今まで使用していなかったので思い切って撤去し全てイペで新設することに決めていました。
メールで何度か打ち合わせをしていましたので、最終の寸法確認とフェンスデザインを決めて調査・打ち合わせは終了。

お客様側の準備が終わって施工へ。

S__6651929

最初の写真は例のイペ製室外機カバー、2台並列の室外機カバーで製作しました。これなら台風でも飛んでくことはありません。

 

S__6651931

ウッドデッキは奥行き1.8mの部分と、

S__6651933

奥行き4.5mのL型ウッドデッキです。
奥行きは4.5mは一枚板で施工しています。

人工木ではこんな長い板はありませんので、これもお客様には気に入っていただきました。
・・・・人工木は熱膨張するので、この長さだと3分割し板と板の継ぎ目に5mm~10mmのすき間目地が必要となります。

S__6651934

ウッドフェンスは高さ約1.5m。広幅と狭幅2枚を組み合わせたデザインで、当社の施工例写真集からお選びいただきました。

 

S__6651932

道路と隣家側へ目隠しフェンスを付けらたこのスペースで、天気の良い日はテレワークをされる予定とか・・・・

施工完了後、1週間ほどしてメールをいただきました。

「お世話になりました。完成の御礼が遅くなりまして、申し訳ございません。

 この度は素晴らしいウッドデッキを作っていただき、ありがとうございました。
早速子供達や妻が友達を招いて、ウッドデッキで大変賑やかな日々を過ごしております。

私も日が暮れるとウッドデッキで過ごしており、今まで使われていなかった土地スペースを大変有効に活用できています。」

庭のリフォームが成功して良かったですね!

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンション大規模修繕時サービスを。

 

マンションベランダ手摺の嵩上げ~八潮市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ベランダウッドデッキと木製フェンス, マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年7月20日

タグ: , , , , , , ,

埼玉県八潮市のマンションへお住いのお客様から間取り図面を送付の上、見積もりご依頼いただきました。

その図面からの見積もりが、ご予算内との事で現地調査へ。

CIMG5663

ベランダをよく使われているようで、テーブルやいす等も置かれていましたが、やはり下がコンクリートに塩ビシートが張られただけでは殺風景なので天然木のウッドデッキにしたい!との事でした。

CIMG5659

避難ハッチがあり、これも隠した蓋加工をご希望でしたが、

CIMG5664

あいにくとサッシの高さがベランダから5cmほどしかなく、蓋加工できるウッドデッキの高さにすると室内より高いウッドデッキになってしまいます。
お客様は避難ハッチの位置が出入りする窓前ではないので、蓋加工をあきらめサッシ水切り高さのウッドデッキをお選びになりました。

IMG_1043

施工完了後の室内から見ましたウッドデッキ。

IMG_1040

避難ハッチの部分はくり抜いて施工。
サッシ水切りと避難ハッチの高さともほぼ同じ高さになったウッドデッキ。

IMG_1041

元の手摺高さが建築基準ぎりぎりの高さ110cmしかなく、高さを上げたかったお客様から相談を受け同じイペ材で手摺を20cmほど嵩上げしました。

IMG_1042

木製手摺の取り付けは嵩上げの他、無機質なアルミフェンスを隠し雰囲気を柔らかく変える効果もでました。

これでマンションベランダウッドデッキと手摺嵩上げ工事の紹介を終了。次回は2階建てウッドバルコニーの取り換え工事を。

 

ルーフバルコニーも一緒に~品川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年7月10日

タグ: , , , , , , ,

品川区のマンションへお住いのお客様から、ベランダのサイズを連絡いただいて概算見積もりをしていました。

その見積もりで注文しますとの事で、現地調査・打ち合わせへ。

CIMG5530

ベランダのサイズも連絡いただいた通り。また避難ハッチもお聞きしていた通りにありました。

CIMG5536

こちらの室外機はう動かすことが出来ないのでこの部分は通常はくり抜きになりますが、お客様はウッドデッキ施工に合わせ移動してウッドデッキ上へ載せれるようにエアコン屋へ依頼するとの事でした。

こちらのベランダの採寸と打ち合わせが終了したところで、案内されたところがルーフバルコニー。

CIMG5538

 

人工芝が敷かれたルーフバルコニーの半分にあたる窓前部分もウッドデッキにしたい御意向でした。

CIMG5539

人工芝までは段差もありますので、出やすいようにウッドデッキで嵩上げしたいとのこと。
この人工芝はルーフバルコニーでも飛ばないように業者により完全接着していますので、ウッドデッキ下になる部分だけやはり専門の業者により剥がしてもらう段取りもされていました。・・・・全面接着の人工芝撤去は、専門業者でなければ難しいです。

CIMG5541

ウッドデッキに付け加えて横にあるビルからの目隠しとしてウッドフェンスの取り付けもご注文いただきました。

IMG_0325

先ずは施工完了後ベランダウッドデッキ。
お客様が購入されていたガーデンシンク台をウッドデッキへ据え付け。排水パイプはデッキ下へ接続しています。

IMG_0324

 

この位置へ室外機は移動済みでした。
また室外機からの強い送風が気になるとの事で、室外機カバーではなく送風除けの衝立も追加でご注文いただいていましたので、それを設置してベランダ側の施工は終了。

IMG_0330

ルーフバルコニーのウッドデッキとウッドフェンス。
施工日までにデッキ施工予定範囲の人工芝は、きれいに撤去されていました。

IMG_0329

IMG_0333

室内とほぼ同じ高さまで嵩上げされたウッドデッキ。

IMG_0331

目隠し効果が期待されるウッドフェンスも取り付けてルーフバルコニー側の施工も終了。

施工完了時に立ち会いいただけなかったお客様から翌日メールで

「素晴らしいウッドデッキありがとうございました。」
といただきました。

これでマンションベランダウッドデッキ&ルーフバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。