御社をご紹介いただきました~世田谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年7月29日

タグ: , , , ,

世田谷区のお客様からメールをいただきました。

「世田谷区○○のSさんから御社をご紹介頂きました。
目隠しフェンス、ウッドデッキ、縁側の設置希望です。
平面図等のファイルをメールします。
お見積をお願い致します。」

S様とはご近所のお友達で、この ブログでも紹介しましたように1か月前にウッドデッキを施工させていただきました。
現地調査時にお伺いしたときにお聞きした話では、人工木で検討していたのがS様のイペウッドデッキをご覧になり、すぐに当社への見積もり依頼を決められたそうです。

いただきました図面からの概算見積もり後、調査へお伺いした写真から。

CIMG4618

人工芝が敷かれていますが、この上にウッドデッキを施工します。

CIMG4611

ウッドデッキの形はこの庭木があるところは、この手前までの鍵型がご希望。つまり出幅が短い縁側風の作りとなります。

CIMG4616

 

横の隣地は1段高くなっていますので、こちらの通路側と共に背の高い目隠しフェンスをご希望。

IMG_0795

高さ1.8mのフェンスですので施工には梯子を使っています。

IMG_0797

正面は空き地で目隠し不要ですので高さを変えて1m。通路部のフェンスは室外機も一緒にフェンスの向こう側になるように隠して施工。

IMG_0796

庭木の前は縁側風に仕上げて施工完了。

施工完了しました夕方にメールをいただきました。
「本日は素敵なウッドデッキを施工頂き、ありがとうございました!とても満足しております。

教えて頂きたいのですが、ウッドデッキの設置場所や環境によって様々だと思いますが、どのくらいの期間を経るとイペは退色していくのでしょうか。
また、退色を抑えられるようなメンテナンス方法はあるのでしょうか。
イペの色はとても味があって気に入っていますので、出来ることがあれば対処していきたいです。」

と、いただきましたので塗装以外の方法もあるので、メールでその方法を返信させていただきました。

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

ブロック塀を隠したい~和光市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年7月5日

タグ: , , , , , , ,

埼玉県和光市の戸建て住宅へお住いのお客様からお電話をいただきました。
「6m×5mの庭をウッドデッキにしたいのですが、どのくらいの金額になりますでしょうか?」

庭のウッドデッキも横幅と奥行きが判れば、おおよその概算見積もりが可能ですので、少々お時間をいただいて電話で見積金額をお伝えし金額はご予算内との事で、お伺いする事に。

IMG_0792

CIMG4566

 

庭の広さを気に入って中古の戸建て住宅を購入されてそうですが、庭は一部の花壇以外はこのようにインターロッキング敷となっています。
このインターロッキングが不等沈下を起こしていて、模様とも相まってうねりでめまいがする感じでした。

これを解消し庭を有効活用するために全面ウッドデッキを思い立ったとのことでした。

CIMG4565

 

それと前面にある裏家の背の高いブロック塀。
1.8m以上の高さもあるのに加え黒ずんできているので、庭の雰囲気を壊しているのでこれをウッドデッキと同じ素材の木で隠したい!

CIMG4570

こちらの古い立水栓も新しく木製立水栓に替えてウッドデッキ上に置きたいとのご要望をお聞きして現地調査を終了。

 

IMG_0782

ウッドデッキが完成。

IMG_0780

IMG_0781

ブロック塀が全く見えなくなる高さのウッドフェンスが完成。
このフェンスの上には、タープ用の金物を取り付けています。2階のベランダからこのフェンスへ向かってタープを張ります。

IMG_0783

こちらが新しく造りました木製立水栓と水受け。
今回も新しい蛇口は、水受けへ落ちるのと散水用ホースを繋げる口が別になっているツインタイプを取り付けています。
これからの季節には、お子様用のプールも置いて大活躍しそうですね。

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

直観通り、とても素敵なウッドデッキに~世田谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年6月20日

タグ: , , , ,

世田谷区の戸建て住宅にお住いのお客様から見積もりご依頼いただきました。

ホームページの問い合わせページから、資料請求とともにご自分で作られた簡単な図と施工予定場所の写真を添付され見積もり依頼が。

知り合いからは、”天然木は腐るから人工木のほうが良いよ”と、アドバイスをもらっていたそうですが、どうしても人工木の風合いは好きになれないお客様はネットでいろいろと調べられ、当社のイペウッドデッキにいきあたったそうです。

IMG_5507

こちらが送付いただいた写真。図面だけでなく写真もありますと、イメージしやすく見積もりも正確さが増します。
その、図面からの概算見積書を送付後に、現地調査依頼をいただきお伺い。

IMG_0742

施工予定場所は土間コンクリートが打たれていましたが、結構うねりも。

IMG_0728

窓から下まで約70cmほどあります。

IMG_0740

また道路へ向かって大きな勾配も。これらの高さ関係も測りフェンスデザイン・仕様を打ち合わせ現地調査は終了。
この仕様デザインから正式見積もり後、即日ご注文をいただいて施工へ。

IMG_0137

何にも使われていなかったスペースにウッドデッキが完成。

IMG_0139

庭へ通じる側はオープンに。奥様のご要望で短い折り返しのフェンスを付けると、・・・なかなか良い感じに仕上がりました。

IMG_0140

奥側からウッドデッキ入り口を。

IMG_0138

3段の側桁階段。ハイデッキとまでは言いませんが、結構な高さになりました。

施工後のアンケートで、
「HPを見て、この会社にお願いしたい!と思いお願いしましたが、
直観通り、とても素敵なウッドデッキになり大変満足しています。
近所の方も「いいですね」「ステキですね」と声をかけてくれます。
見た目も肌触りも良く、何度も見返してしまいます。ありがとうございました。」

——-昔ウッドデッキに使われたいた防腐木材やレッドシダーのウッドデッキが腐っているのをあちこちで見られ、”天然木材のウッドッキは腐る”と、いうことで人工木デッキにした方が多いようですが、
イペのように10年保証できる(実際当社で施工した24年前のイペのウッドデッキは腐っていません)ハードウッドもあることを知っていただきたいと思っています。——

これで戸建て庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンション1階テラスのウッドデッキとウッドフェンスを。