ご親戚の紹介で~船橋市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年1月5日

タグ: , , , , , , , ,

15年前と5年前に2階建てウッドバルコニーとウッドデッキをご注文いただいた千葉県松戸市のお客様からお電話をいただきました。

お電話の内容は、親戚の方が船橋市で家を建て替え中なのでウッドデッキの相談にのってほしいという事でした。
新しい家の竣工が近づいた頃に現地調査へ。

CIMG4985

紹介いただきましたご親戚の方も一緒に打ち合わせ。
今回のお客様は紹介いただいたご親戚の家のウッドデッキを何度も見ていましたので、使う木材は同じイペでとご指名いただきました。
・・・・15年前に施工させていただいた2階建てウッドバルコニーは今も全く腐朽は見られず使われています。

P4100012※こちらが15年前に施工しました松戸市の2階建てウッドバルコニー。

 

CIMG4986

さて今回のお家へ戻りまして、こちらの家は高基礎の建物ですのでウッドデッキを掃き出し窓にあわせて造りますとおよそ80cmのハイデッキとなります。

IMG_0267

80cmのハイデッキが完成しました。

IMG_0269

ウッドデッキの左側には木製立水栓と水受けを設置しました。
これは打ち合わせ時に当社の施工写真集をご覧になり、「これが良い!」とご注文いただきました。
—–丁度ウッドデッキ横に地下水のくみ上げポンプがありましたので、そこから配管しています——

IMG_0268

元からある大きな日本庭園を部屋から眺められるように、低めで細い2枚の横板デザインでフェンスを仕上げました。

お客様のご都合で二度施工延期になりましたが施工後のアンケートで、
「いろいろとお手数をお掛けしましたが、ありがとうございました。
品格のあるウッドデッキに大変満足しております。」

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

サンルームから屋根付きウッドデッキへ~葛飾区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ワンコ・ニャンコとウッドデッキ, 一戸建て庭ウッドデッキ, 屋根付きウッドデッキ(サンテラスデッキ), 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2020年10月10日

タグ: , , , , , , ,

葛飾区のお客様から資料請求をいただきました。

「約20年以上前に施工したパーゴラ付きのウッドデッキの腐食が激しく、修復をお願いできる施工業者様を探しております。
もし同様の事例などございましたら、ご教示いただけますと幸いです。」

そこで、パーゴラ付きのウッドデッキ写真集を送付させていただいたのですが・・・

「先日はお送りいただきまして、誠にありがとうございました。表題の件、概算見積もりをお願いしたく、
以下既存ウッドデッキの参考図面および参考写真をお送りいたします。
(写真内で一部ウッドデッキ部分が欠損している部分は、過去にシロアリの被害にあい、当方にて取り除いた箇所となっております。)

希望としましては、すべて既存ウッドデッキを撤去の上、パーゴラ(サンルーム)部分の大きさはなるべく残す、
もしくは少し縮小し、庭へのアクセスが可能な、シンプルな階段が設けられればと思っております。

なお、一点ご相談なのですが、パーゴラに屋根(雨除けとなるもの)を施工することは可能でしょうか。」

と、ご自分で既存のウッドデッキのサイズを測られて簡単な図面を送付いただきました。
少々構造的には違いますけど、概ねパーゴラに屋根材を取り付けたのが屋根付きウッドデッキにはなります。

いただいたサイズから屋根付きウッドデッキの概算見積もり後、ご予算内との事でお伺い。

CIMG4846

既存サンルームの内部。雨にはあたらない部分ですが下からの湿気で腐り始めていました。

CIMG4851

 

CIMG4855

サンルームの外側は雨が当たり方ぢですので、床板も崩落直前。

三品

CIMG4854

束や根太は既に腐り、抜けてしまっていますので、上のサンルームも傾いていました。

お客様と新たに作る屋根付きウッドデッキの大きさやフェンス形状等を打ち合わせしまして、現地調査は終了。

IMG_0866

解体から始まりました工事も、最後に屋根を取り付けて終了。

IMG_0864

屋根材は、スモークブラウンのポリカ波板。いつものように樋も付けて屋根が完成。

IMG_0865

ワンコを飼われているので、少々高めの横板ウッドフェンスと扉。そして高さ90cmのハイデッキでしたので3段の側桁階段を取り付けました。
ワンコはここから庭へ出て散歩へ出かけるのかな?

IMG_0867

外側へ2個所、ウッドデッキ内部へ2個所へお客様支給のマリンライトも取り付けて全て完了引き渡しとなりました。

完了時に立ち会えなかったお客様から、ご帰宅後メールをいただきました。

「お世話になっております。
この度は、酷暑の中ご対応いただきまして、誠にありがとうございました。
素晴らしいデッキを作ってくださり、家族共々大変嬉しく思っております。本当にありがとうございました。」

その後アンケートでも
「暑い中の作業で大変だったと思います。ありがとうございました。
壁のはがれた所、どうしようかと話し合っていましたが、先に塗っていただいて助かりました。
大切に使い続けていきたいです。

イペについて知識がありませんでした。良さはこれからわかっていくと思いますが、
甘い香りを感じています。今は満足しています。」

これで屋根付きウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

 

いろいろと希望があるのですが出来ますか?~吉川市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 屋根付きウッドデッキ(サンテラスデッキ), 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2017年1月10日

タグ: , , , , , , , , , , ,

お客様から、お電話をいただきました。

「テクノグリーンさんはウッドデッキの専門会社ですか?いろいろと希望があるのですが一度来てもらえますか?」

ご住所を聞きますと、埼玉県吉川市で当社の三郷工場から車で10分くらいです。工場打ち合わせ時の帰りにお伺いさせていただきました。

 

DSCF7599

この高さ1m以上あるハイデッキは、10年ほど前に知り合いの大工さんに作ってもらったそうです。フェンスではなくて、サイデイング材を使用した壁タイプです。なかなか面白い造りですね。

DSCF7590

内側の壁部分は木材です。この壁の内部の柱と床板が腐ってきていました。大工さん製作なので床板や構造部もやっぱり防腐注入材が使用されていました。
今まで何度か床板は交換してきたそうですが構造部分も腐ってきた為、今回は全部解体して新しく作り直しを計画。

DSCF7595

お客様のご希望のひとつは、このパーゴラを屋根に変更し、柱へハンモックを吊るせるかなものを付けて欲しい!

DSCF7588

二つ目は、使いにくい階段をもっと登りやすくするのと、扉を大きくしたい。
三つ目は、今までと同じように床下へ物を収納したいので同じく扉をというご希望でした。

当社へ連絡いただく前に、外構工事屋さんに同じ希望を伝えて見積もり依頼をしていたそうですが、使用する材料は人工木材かしかなく最終的には希望するデッキの施工は出来ないとの事で、見積もりを出してもらえなかったそうです。

人工木は床板以外の材料バリエーションが少なく、規格外のサイズ・デザインとなると施工は非常に難しくなる傾向にあります。
といって、板材だけ人工木を使って残りは天然木材を使用するのも見た目はへんてこりんですしね。特に経年変化した時の違和感は・・・・・・・

それでは、お客様のご希望を全て取り入れた”屋根付きハイデッキ”の完成写真を。

IMG_2134

 

ウッドデッキの高さが1m以上ありますので、下には猫侵入防止柵。

 

PA220025

 

変形の敷地と飛び出した家基礎があった為、この階段の設計が一番苦労しました。階段の横が床下収納の扉。

 

PA220023

 

 

玄関の扉が狭いので、これからはこちらから大型家具を搬入できるように幅90cmの扉に。

 

PA220011

 

中央部の柱に付いているリングがハンモック用の吊り輪。

 

PA220009

 

隣家側のフェンスは目隠しなるように道路側より30cmほど高くしています。

 

IMG_2136

道路に面しているウッドデッキなので、雨水が道路に飛びださないように屋根には樋を取り付け。

PA220006

それでは最後に道路正面からの写真で、屋根付きハイデッキの紹介は終了。

それにしても、最近本当に防腐注入木材ウッドデッキが腐っての取り替え工事が多いです。
そしてそんなお客様は皆さま、10年保証付きのイペ製ウッドデッキを選択されます。今回のお客様もイペ材ご指定でした。

近いうちに、同じく防腐注入木材の駐車場上ウッドデッキ取り替え工事を紹介させていただきます。