大規模修繕保管時の再塗装~横浜市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, マンション大規模修繕時サービス, 最近の施工事例 | 投稿日:2022年1月11日

タグ: , , , , , , ,

14年前に横浜市のマンションでウッドデッキを施工させていただきましたお客様から、大規模修繕時の保管サービスのご注文をいただきました。

日にちを決めまして取り外しにお伺い。

IMG_0868

取り外し前のウッドデッキ。ベランダは台形です。
また新設時は塗装タイプで施工しましたが、さすがに14年も経つと塗料自体がだいぶ取れていますね。

IMG_0869

こちらは、室外機カバーというよりは室外機置場のカバーという感じで製作してました。
上の蓋部分を簡単に外せて両サイドの空間に物を入れれるようにした完全なオーダーメード品です。

 

CIMG0590

—上の写真は14年前に新設時の写真です–

 

IMG_0870

このカバーとウッドデッキを全て取り外した状態。避難ハッチの上には蓋加工もしていました。

約4か月後に大規模修繕も終了し再設置へ。

IMG_0960

 

IMG_0961

工場保管中に再塗装しました室外機カバー?
お客様から保管中の高圧洗浄と塗装をオプションでご注文いただいていました。

IMG_0962

同じ再塗装されたウッドデッキ。・・・・新品塗装よりは若干濃いめの色となります。

 

IMG_0963

避難ハッチの蓋も元の位置に納まって再設置工事は終了。

今までは新設時は無塗装だったウッドデッキに対し塗装した紹介はありましたが、今回は塗装タイプに対しての”再塗装”の紹介でした。

次回は庭ウッドデッキの紹介です。

 

 

一度現物も見ながらお話しさせていただけないでしょうか~葛飾区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年11月30日

タグ: , , , , ,

先月このブログで紹介しました葛飾区の同じマンションを購入されたお客様から春に資料請求いただいていました。

前回のお客様は1年前に資料請求をいただき、春にあった内覧会時に採寸させていただいたのですが、内覧会は終了していましたので引き渡し後の採寸。

「あれから御社のブログの施工例など見まして、可能なら御社のショールームで一度現物も見ながらお話しさせていただけないでしょうか。
網戸下の場合、網戸上にくる場合、御社の専門家としてのご意見を参考にしたいと思っています。」
とメールをいただき、ご家族でご来社いただきました。

マンション販売会社のインテリアオプション販売会でイペのウッドデッキが販売されているとの事でパンフレットを持参されました。
そのウッドデッキは”すき間がある施工”との事で、当社で「すき間無し」と「すき間あり」のサンプルの両方をご覧になってその差を確認したかったそうです。

一目見て「こんなに違うんですか!」と得心されたお客様は、その場ですき間無し施工タイプに決められました。

それでは引き渡し日の採寸調査を。

CIMG6234

前回採寸したお客様とほぼ同じの横幅と奥行きのベランダです。

CIMG6241

上からの排水パイプの位置こそ違え、こちらも同様にパイプがありました。

CIMG6243

本当は室内高さにウッドデッキを造りたかったお客様ですが、管理規約により建築基準法によるフェンス高さを確保するため、ウッドデッキ高さが決められていましたのでその高さのBタイプ(ベランダの勾配なり仕上がり)で施工することになりました。

CIMG6236

ベランダの勾配は隔板下のすき隠し板で判ります。
調査・採寸も終了し引っ越し前に施工へ。

IMG_0422

IMG_0424

すき間無しイペのウッドデッキが出来上がりました。

IMG_0425

室内から見たウッドデッキ。こちらから見た方が、すき間無しが実感できるかも。IMG_0423

管理規約基準に合わせ高さも低いので網戸下へ納まったBタイプのウッドデッキです。
少々の勾配を気にしないのであれば、金額も安くなってお得感がありいいかもしれないですね。

お客様からアンケートで、
「子供達も、大変気に入りピョンピョン飛び回って遊んでいます。
この度はありがとうございました。」

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。

 

 

避難ハッチの蓋は付けずに~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年11月20日

タグ: , , , , ,

松戸市の中古マンションを購入されたお客様から資料請求と見積もりご依頼いただきました。

お部屋の引き渡し前でしたが、売主様の了承を得たとの事でお部屋の方へ現地調査へ。

CIMG6110

避難はしごのハッチがあります。この上へ蓋加工して隠したいというのがお客様のご希望でしたが・・・・・

CIMG6112

窓の水切り高さまでは5cm弱しかなく避難ハッチに蓋加工しますとウッドデッキは最低でも10cmくらいの高さになります。
そうしますと網戸の下端より高くなり、網戸が簡単には外せなくなることを説明しますと悩んだ結果、網戸の外しを優先して避難ハッチ蓋を断念することに。

CIMG6111

こちらの室外機は現在お住いのお客様の持ち物。
室外機をウッドデッキ上へ載せるようにしたいお客様は、引き渡し⇒ウッドデッキ施工⇒室外機設置⇒引っ越しと短期間で行うスケジュールを考えられていた為の、引き渡し前の現地調査依頼でした。

それでは引き渡し翌日に施工しましたウッドデッキを。

IMG_1117

IMG_1121

ちょうど避難梯子ハッチと同じくらいの高さのウッドデッキになりました。
今回のように窓前に避難はしごがなく、室内と同じ高さにウッドデッキをつくるこだわりが無ければこの当社でいうBタイプも一考です。
金額もAタイプからしますと当然安くなりますし。

IMG_1119

Bタイプでも窓の水切りからは数ミリ高くなったウッドデッキ。Bタイプでも最低の高さにはなってしまいます。

IMG_1120

掃き出し窓ではなく、またぎ窓でしたのでまたぎ框よりは低くなっています。

引っ越しも終わり落ち着かれたお客様からアンケートで、

「大変丈夫で見た目にも素敵なバルコニーになりました。
大切に活用して楽しみたいと思います。ありがとうございました。」

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキの交換工事を。