鉄骨バルコニーと比較検討しています~小平市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 最近の施工事例, 2階建てバルコニーデッキ | 投稿日:2019年3月16日

タグ: , , , , , ,

東京都小平市のお客様からお問い合わせをいただきました。

「現在、鉄骨バルコニーと比較検討しています。
鉄骨バルコニー用の設計図面ならあるのですが、それで見積もってもらえますでしょうか。」

図面は床板と手摺フェンスが木製で、他の構造部分は鉄骨製でした。
当社でも縦列駐車場上のウッドデッキのように、柱間隔が大きい場合は構造部分のみ鉄骨製で施工しますが、そうでない場合はオール木製で作ります。

今回は柱間隔も小さかったので、柱、梁等の部材も全てイペで見積もりさせていただきました。

その見積もりが、ご予算の範囲という事で現地調査へ、

 

CIMG3411

この2階窓前へウッドバルコニーを。

 

CIMG3405

元々この部分にはウッドバルコニーがあったそうですが、昨年の台風で壊れてしまい建て替える事になり工務店から出てきた案が鉄骨製。

それでお客様は構造部分を含めイペで施工実績が豊富な会社を探され当社へ。
「何故イペで?」という質問へ、お客様は裏庭へ案無してくれました。

CIMG3417

 

10年ほど前に家を建てられた時に作られたウッドデッキ。表面のイペの床板は全く腐っていません。
が、大引・根太の構造部分はセランガンバツで造られている為、腐っていて乗るとフカフカしています。

この経験から同じハードウッドでも耐久性が全然違う事が判っていたので、今回は全てイペ材で施工する会社を探されたとの事でした。

 

IMG_1109

2階建てウッドバルコニーの完成。
元の鉄骨製の予算から余った金額でタープ用の柱&フレームを付けれました。

 

IMG_1108

 

IMG_1112同じく物干し金物も。

 

IMG_1111

100角の柱を受ける柱受け金物。
これは当社オリジナルの製品で溶融亜鉛メッキ製。これでガッチリと基礎に固定します。

90角の柱でも上からの荷重には問題ありませんが、断面積が20%も大きく断然揺れには強いので当社では100角を使用しています。

2階建てウッドバルコニーや駐車場上のウッドデッキは、この柱固定・柱・梁等でどんな部材を使うかが重要なポイントとなります。

——-その分、価格はアップしてしまいますが安心第一をモットーにしていますので——-

これで2階建てウッドバルコニーの紹介は終了。次回はルーフバルコニーウッドデッキを。

 

お気に入りの縦格子フェンスで~小平市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2018年11月24日

タグ: , , , , , ,

東京都小平市の戸建住宅へお住まいのお客様から、「他の施工メーカーと比較検討したい」資料請求いただきました。

資料・写真集・サンプルを送付させていただいて間もなく、現況の庭の写真と敷地図面にご希望の大きさを書き加えた図面をメールで。

3baf389e424ee62d160fa5d6459ee085

 

a849dd11b0ae58768e96eb1407efbbe9

2階から写した庭の平面写真です。

 

298f8e12f7d4038bf480fcfaa8a81bae

と、この図面とご希望の縦格子フェンスの参考写真をメールで送付いただきました。
これだけ送付いただければ、ばっちりと見積もりができます。

この図面からの見積もり後、「予算内」と連絡を受け現地調査へ。

 

CIMG3031

お客様のお話では、何社かのカタログも入手したり、地元の外構工事屋さんからも同じ図面から提案を受けたり、見積もりももらっていたそうですが・・・・・・
提案されたのは人工木のウッドデッキ、ウッドフェンスで、趣が無くお客様の感性に合わず当社の送付しましたイペサンプルを手に取り即決されたそうです。

 

CIMG3033

送付いただいた図面と寸法は変わりなく、施工上に関わる細部のチエックのみ。
後はご希望の縦格子フェンス仕様の詳細打ち合わせ。

施工の前にウッドデッキを作る場所にある木の伐採と、防草シート&砂利敷設は地元の造園工事屋さんに依頼してあるので、その工事終了を待ってウッドデッキの施工へ。

 

IMG_1025

施工完了後のウッドフェンス。

IMG_1028

ウッドデッキに掛かる部分のウッドフェンス。目隠し目的ではないのですき間は格子幅と同じにしています。

 

IMG_1031

左側のウッドデッキから跳ねだした部分のウッドフェンス。

 

IMG_1027

 

右側の跳ね出しフェンス。

 

IMG_1026

と、最後にウッドデッキ全体の写真。

 

お客様からアンケートで、

「先日は素敵なウッドデッキを作って頂きありがとうございました。現地見積もりから、職人さんの施工までとても親切親身に接して頂きまして大変気持ちの良いものでした。
職人さんからご案内いただきました塗料にて2回目の塗装が終わりました。1回目より2回目の方が色艶がでておりとても満足しています。
また毎日の水拭きも欠かしておりません。サンプルで見せていただいた物に近づけるように頑張ります。

『せっかく作ったウッドデッキなんですから、愛情込めて育てください。』この言葉がとても温かく、意識の高さがうかがえました。
貴社にお願いして本当に良かったです。また機会がありましたら是非宜しくお願いします。」

当社では、塗装をチャレンジされたいお客様には、手振り身振り付きで職人が教示します。施工完了後に職人へお尋ねください。

これで縦格子フェンスと庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はルーフバルコニーウッドデッキを。

 

引越し前の新築マンションで~小平市~施工編

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ | 投稿日:2012年12月6日

タグ: , , , , ,

昨日の続きで、東京都小平市の新築マンションベランダデッキ施工編です。

昨日も書きましたが、ベランダの施工精度が高く工場で製作した寸法でピッタリと納まりましたので、午前中で施工は完了。

さっそく施工後の写真から。

施工完了後のベランダデッキ

施工完了後のベランダデッキ

逆サイドから見たベランダデッキ

逆サイドから見たベランダデッキ

壁とのすき間も無く施工。元々の排水溝幅は120mmありますが、掃除をしやすいように50mm開けて施工しています。

ウッドデッキとサッシ部の納まり

サッシ部の納まり

ウッドデッキの高さは室内のフローリングと同じ高さのバリアフリー、かつ水平に仕上げています。

またご覧のように板同士のすき間はほとんどありません。これなら下へゴミが落ちる心配はありません。これは実物を見ていただければ、一目瞭然なのですが。

今週の日曜日、当社へご来社いただきました来春新築マンションへご入居予定のT様ご夫妻も、すき間ありタイプ無しタイプの実物サンプルを見比べていただき、仮ご注文いただきました。・・・・・ありがとうございました。ご来社され「実物サンプル」をご覧希望の方は、メールかお電話でご予約ください。土・日・祭日もO・Kです。

どうしてイペ材でしか、すき間なし施工ができないのか?等のバルコニーデッキ資料・写真集・イペ材サンプルをご希望の方は、こちらからお申込みください。

パイプ廻りの仕上げ

パイプ廻りの仕上げ

最後に室内から見たウッドデッキ。

室内から見たウッドデッキ

室内から見たウッドデッキ

室内と一体となり広く感じます。このフローリングの色といい、やっぱり例のモデルルームと同じマンションかな?

もう今年も残すところ1ヶ月を切リましたが、マンションのベランダデッキは、あと1ヶ所を紹介させていただく予定?です。

次回は柏市での戸建庭の目隠しフェンスとウッドデッキを紹介させていただきます。