2階フェンスほぞ穴に固定しますか?~葛飾区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事, 2階建てバルコニーデッキ | 投稿日:2019年10月31日

タグ: , , , ,

東京都葛飾区の戸建住宅にお住まいのお客様から、「戸建て2階部分にある木製ベランダの腐りが出ているため、建て直しを予定しております。」
と、コメントと共に「2階建てウッドバルコニー」の資料請求いただきました。

資料到着後に、
「2階南部分の木製ベランダ(図面では 南テラス )の腐りがあり、作り直しを予定しております。
今回、建築時の図面をお送りいたしますので、概算見積もり作成お願いできますでしょうか。」

図面は平面図、各立面図と揃っていましたのでその図面サイズで見積書を作成し送付。

「お忙しい中、お見積り誠にありがとうございます。

前向きに考えておりますが、いくつか確認・質問させていただきたいと思いメールさせていただきました。
今回のお見積り作成上、想定されている内容について、わかる範囲で結構ですのでご回答いただければ幸いです。
・柱の太さは、100角でしょうか。床板のサイズ(厚み、幅)と、床板の隙間 あり なし 、フェンス板のサイズ(厚み、幅、)について教えていただけますか。

・二階 目隠しフェンス を固定する柱の設置方法を教えていただけますか。
  梁等にビスで固定、ほぞ穴に固定、金物でデッキ床面に固定など。
・現在、躯体側には柱を設置しておりませんが、柱は躯体側にも取り付ける計画でしょうか。

・今回のお見積りでは、柱の基礎金物をあらたに設置する費用が含まれているのでしょうか。
 既存デッキの柱は、コンクリ基礎に埋め込まれた100角(外寸で100mm)のステンレス製金物を土台としております。
・二階から一階にかけての側面フェンスと床板をイペからイタウバに変更して減額することはできますか。デッキ土台部分とフェンスを固定する柱については、イペを使用することを希望いたします。
今回、デッキ作り直しになったのは、目隠しフェンスの柱の固定部分で腐りが進行(土台にほぞ穴で固定)したことがおおきな要因となっております。

そのため、土台部分は少なくともイペで作りたいのですが、もう少し今回の見積金額より減額できればと考えております。また、フェンス固定の取り付け方法もうかがっておきたいのはこのためです。」

今回造り替えにあたり、ウッドデッキに使用される木材を耐久性の観点から相当調べられてイペが最高の耐久性を有している事が判ったそうです。
また木組みもほぞ加工は屋外使用されるウッドデッキでは悪手の工法と理解されて、上記のご質問をいただきました。
——–なお当社では創業以来、この仕口(ほぞ加工)をウッドデッキでは採用していません。——-

「お忙しい中、質問事項のご回答、再見積もりありがとうございました。
大変遅くなってしまったのですが、テクノグリーン様にデッキ改修工事をお願いしたいと考えております。」日程を打ち合わせしましてお伺い。
IMG_0146
先ずは1階のバルコニーの下部分の調査。横板と明かり採りの為にポリカの波板が張られています。木材はウエスタンレッドシダー。
柱の上方には一部腐朽が。これらの部分は工法を変えて同じ形状に造り替えます。
IMG_0150
IMG_0154
下から上を見上げてみると梁と根太、2階バルコニーの下にあるガルバ鋼板の屋根というか天井があり雨水から守られているので腐朽はほぼ見うけられませんでした。
1階部分の調査と採寸を終えて2階へ上がると、
IMG_0164
無い!床板が1枚も残っていません。床板をガルバ鋼板の屋根に直接張っていたようです。築7年だそうですが、1年前に全て腐ってお客様が外したそうです。
・・・・・・これって木材の腐朽促進試験をやっていたの同じだと思いました。それにしても”すごい”工法です。
IMG_0171
IMG_0170
こちらはフェンス支柱を立てていた土台のほぞ穴。床板より早く腐り、危ないのでこちらは数年前に撤去されたそうです。
2階建てウッドバルコニーや駐車場上のウッドデッキの造り替え工事で、何度もこれと同じ腐朽を見てきています。
ウッドデッキの耐久性は使用する木材の耐久性が5割、施工方法が3割、設計が2割の比率で決まってきますが、今回は施工方法に難ありの典型例でした。
調査・採寸を終了し、ほぞ穴加工しない施工図面を作成。仕上がりの大きさは同じでも使用する木材強度や断面が違いますので一から構造計算をし直しての設計となります。
それでh、お客様ご希望のイペ材を使って完成しました2階建てウッドバルコニーを。

IMG_0611

 

床板の張方向は前とは違い横張となりました。

 

IMG_0609

1階部分に付けられていた竿掛け金物は2階フェンス支柱に付け替え。

IMG_0610

フェンス支柱は、もちろんほぞ穴へ差し込む取り付け方法ではありません。

IMG_0608

2面あるフェンスは、以前と同じ通りに高さを変えて施工。

 

IMG_0623

 

IMG_0621

取り替え工事完了後の外観。(調査時は上の部分が無くなっていましたので外観写真を撮っていませんでした)

これで2階建てウッドバルコニーの造り替え工事の紹介は終了。次回はマンションルーフバルコニーウッドデッキを。

 

大規模修繕時の再設置時は塗装して~世田谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ベランダウッドデッキと木製フェンス, マンション大規模修繕時サービス, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年8月4日

タグ: , , , , , , ,

今回の大規模修繕時サービス(ウッドデッキ取り外し・保管・再設置)の紹介は、13年前施工で取り外しの半年以上も前からご連絡いただいていました。

半年、早いところでは1年くらい前に管理組合から大規模修繕工事予定の連絡が入るようです。
それでは、取り外しと再設置の写真を。

 

IMG_0923

室外機の下にあるのは避難ハッチ蓋の裏側。日に当っていないので元の色が殆ど残っていますね。
中央に見えるのファイルは新設時の図面です。当社で施工したウッドデッキは図面を残しているのでこれを元に見積もりも取り外しも簡単に行えます。

IMG_0922

こちらのマンションは大規模マンションで、今回のお客様と棟が違いますので時期は少々ずれましたが、当社が施工させていただきましたお客様からも同サービスのご注文をいただきました。

・・・・・・・同じマンションの当社施工ではないウッドデッキのお客様からもお問い合わせをいただきました。
ただ、このブログでも何度か書かいていますが、イペ以外は下の根太や床板裏側が腐っている可能性が高く、使用木材も不明、施工方法も不明な為、丁重にお断りさせていただきました。
以前に他社施工のウッドデッキを請け負って取り外し当日に外してみると再設置できる状態でないことが、何度かありましてそれからは。。。。。。。

 

IMG_1200

4ヶ月後に大規模修繕緒終了の連絡を受けまして再設置へ。

IMG_1203

こちらのベランダの奥行きはたっぷり3mあります。こちらのマンションは部屋ごとにベランダの大きさや形状が違います。今回のお客様のベランダは奥行きが大きいほうでした。

IMG_1205

お客様のご希望で、この避難ハッチ蓋以外にも2ヵ所点検口を設ける改造を保管中にさせていただきました。(取り外し時に職人へ伝えていただけますと保管中に工場で行えます)

IMG_1204

室内から見た塗装されたベランダウッドデッキ。・・・・・・・塗装する場合は事前に高圧洗浄とサンダー掛けが必要となります。
工場へ持ち帰り次第高圧洗浄をして保管。そして再設置日の連絡を受けてサンダー掛け・塗装の流れとなります。

これで大規模修繕時サービスの紹介は終了。本当は同じ時期に取り外し・再設置されたお客様のウッドデッキも紹介しようとしたのですが時間も無くなりましたので近いうちに。

次回は戸建ベランダのウッドデキを。

ウッドデッキのリフォームを考えています~三郷市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2019年5月31日

タグ: , , , , , ,

埼玉県三郷市で美容室を経営されているお客様から資料請求いただきました。

「既存のウッドデッキが10年になりかなり腐食がある状態なので、
ウッドデッキのリフォームを考えています。資料の送付をよろしくお願いいたします。」

資料が届いて直ぐにお電話をいただきました。

「イペのサンプルを見てびっくりです。写真とサイズをメールで送りますので見積もりをお願いします。」・・・・・・初めてイペを手にしたお客様は皆、その質感にびっくりされます。

いただきました寸法から概算見積もりをお伝えした後、ご予算内との事でお伺い。

P1010001

10年前にホームセンターからきっとタイプのウッドデッキを購入されDIY。こうして表面だけみるとまだまだ大丈夫そうですが。。。。。。。。

 

 

P1010002

キットを組み合わせるタイプで一昔前にはホームセンターで売っていましたね。えっ、今でも売っている?

P1010003

基礎もしっかり作られていますし、このタイプはレベルを出すのが難しいのですが、それもうまく作られていました。
なおかつ毎年2回の塗装も欠かさずしてきたそうですが・・・・・・・・・数年前から木材の内部から腐りが始まったきたようです。いわゆる”内部腐れ”ってやつですね。
※塗装では内部の腐朽は防げません。屋外で使用されるウッドデッキは、材自体が耐久性が高くないとダメなんですね。
こちらのウッドデッキはお客様のお店の入口として使われているそうです。
こんな状況なので、できるだけ早く新しいウッドデッキにしたいとのご要望でスケジュール調整と写真集からお選びになったフェンスデザインの打ち合わせしまして現地調査を終了。

IMG_0431

 

ウッドデッキが完成。お店の営業にも影響ありますので、もちろん1日で施工完了しています。

 

IMG_0427

「このウッドデッキはお店(美容室)の入り口として使っており高齢の方の場合、手をとってデッキにあがるのでと、階段幅を広くしてください。」と、ご要望いただきいつもより広めの階段に。

IMG_0430

階段正面の入口です。

さて上の3枚の写真は、施工に入った職人が撮ったもので、私の手元に来る前にお客様から先に、「今施工は終わりましたが想像以上のウッドデッキです!写真を送ります。」と、お電話をいただき、

!cid_16a77481aba1b66b266

「先ほどは電話で失礼しました。お店の中から見た写真を送らせて頂きます。綺麗でとても広く感じます!」

 

!cid_16a7745d40b299859251

一緒にワンちゃんの写真も。気に入ってもらえるかな?

!cid_16a774c03aa8dde6d262

「フェンス越しから見た感じも横板の幅が馴染んでいてとても気に入りました!」

と、3枚の写真とコメントを”ヘア&リラクゼーションサロン ティアレ”様からいただきました。

明るく気遣いのある経営者さんです。お近くで美容室やヘアマッサージをお探しの方は一度ご連絡してみては?

これで戸建庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションウッドデッキを。