イメージ通りに、丁寧に仕上げてくれました~船橋市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, ウッドフェンス, 一戸建て庭ウッドデッキ, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2022年1月18日

タグ: , , , , , , ,

船橋市へお住いのお客様から庭のウッドデッキについてお電話をいただいた後に、
電話にて相談したウッドデッキの設置
別途、メールで写真を送ります。」

image1

数年前にホームセンターから購入された組み立て式のウッドデッキでしたが、ご満足いかずご希望の大きさ・形の新たなウッドデッキ施工のご依頼でした。

image0

お客様から送付いただいたご希望のウッドデッキの仕上がりデッサン。・・・非常に判りやすかったです。
窓前のへこみ部分とは、

IMG_0182

以前このブログで紹介した上の写真を見つけられ、窓前をこのように1段下がったウッドデッキをご希望でした。
この下がり段が2ヵ所ある上に、元の庭の起伏段差の関係からもう1段上がった部分も造るというけっこう難題なウッドデッキでした。

数か所の外構工事会社へ見積もり依頼したところ、断られたそうです。
外構工事会社は最近は人工木での施工しか行っていないところが多く、この造りは人工木では難しいですね。

CIMG6346

CIMG6347

調査へお伺いしたときの写真。上のパネル部分はすでに外されていました。

CIMG6349

窓前は幅十数センチが空いていて、この空間もなんとかウッドデッキにしたいというのがお客様のご希望でした。

IMG_1385

現地調査後、お客様から既存のウッドデッキをご自身で取り外し、写真を送付いただきました。

このようにウッドデッキを設置する場所は家側にある溝、コンクリート土間、天然石の土留め、砂利敷き、U字溝、コンクリート製の土留めと何段階にもなっている立地条件。
この上のU字溝が隠れるところまでの出幅をご希望でした。出幅そのものは1.1mくらいですが、この上になんと4段に分かれたウッドデッキ。
大きいとそうでもないのですが、小さいウッドデッキで段を4つとなると下の構造をどう造るかが大変で久びさに悩みながら設計を。

では設計に悩んで施工完了したウッドデッキを。

image1

この写真は、施工翌日にお客様から送付いただいた写真です。
表面では判りませんが下地の段差とウッドデッキの段差の為、かなり下の構造は複雑に組まれています。

 「ウッドデッキの完成写真を送ります。
イメージ通りに、丁寧に仕上げてくれました。ありがとうございます。明日、塗装するのが楽しみです。
というメールと一緒に。

image0

正面はウッドデッキ床から1.9m高さの目隠しフェンス。・・・この高さもお客様は事前に測り決められていました。

塗装2

塗装3

「早速、塗装しました。(2回)
塗装すると更に素晴らしいですね。写真を送ります。」

翌日メールと共に、上の2枚の写真を送付いただきました。

——–調査時に塗装する気でいたお客様にイペに合う塗料と塗装方法を聞かれ、お教えしていました——–

その後送付いただいたアンケートで、
「今まで知らなかったイペ材に魅了されました。
塗装後はもっとすばららしい!」

今回はほとんどお客様から送付いただいだ写真での庭ウッドデッキの紹介となりました。次回はマンションベランダウッドデッキを。

 

現状のハイデッキが腐りかけており~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事, 駐車場上ウッドデッキ | 投稿日:2022年1月6日

タグ: , , , , , ,

松戸市の戸建て住宅へお住いのお客様から資料請求と見積もりご依頼いただきました。

「ホームページを拝見し非常に興味がありご連絡させて頂きました。現状のハイデッキが腐りかけており交換予定をしております。
(3.700W×6.400L×3.500H位の寸法です。)一度見積りも欲しいですが何かご提案等を頂きたくご連絡致しました。」

ご連絡いただいたサイズで概算見積書を作成し、資料・写真集・サンプルと共に送付させていただきました。

「先日、資料サンプルを依頼させて頂きました松戸市の○○と申します。
無事にサンプル等が届きました。ありがとうございます。

また、概算の見積りも頂きありがとうございました。
そこで、見積り範囲外の相談等も色々とご相談したい点があるので一度現調依頼をお願い致します。」

と、メールをいただきお伺い。

CIMG6295

建物敷地が駐車場より高台になっていて駐車場上に造られたタイプのハイデッキでした。
お話しを伺うと、この駐車場上ウッドデッキ付きで分譲されていたそうで、家の購入にあたりこれも決めての一つだったそうですが・・・・

CIMG6287

CIMG6284

床やフェンスは毎年塗装されていたそうですが、それでも腐り床板の交換も何度も・・・・・

CIMG6296

ハイデッキで構造上、重要な根太も腐ってきて部分補修と補強をされてきましたが、ついに限界となり全面交換を決意されたそうです。

家を購入された時に初めから付いていたハイデッキでしたので、その使われている木材に関して調べることもなかったそうですが、今回はこの経験をもとにしっかりと木材の選定・施工方法にも関心を持たれイペ材で当社へご依頼いただきました。
—–一度ウッドデッキが腐った経験があると、多くのお客様は耐腐朽性が一番高いイペをお選びになられます——-

それでは、以前のハイデッキを取り壊し撤去後、新しく造り変えた駐車場上のハイデッキを。

IMG_0451

フェンスデザインはラチスから横板フェンスへ変更。

CIMG6291

前のデッキは閉じられていて、掃き出し窓からしか出入りが出来ず使いにくかったとのことで、

IMG_0449

外からも出入りできるように玄関側に扉と階段を増設しました。

IMG_0446

 

扉を閉じた状態。

IMG_0448

 

IMG_0450

出幅方向へ張られた床板は継ぎ目無しの1枚板で張っています。

施工後アンケートで、

「この度は、とっても素敵なウッドデッキを施工していただきありがとうございました。
最終打つ合わせと若干の違いがあった所、臨機応変に対応いただきありがとうございました。」

これで駐車場上ハイデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダ大規模修繕サービスを。

隙間なしタイプの場合、雨水は下に流れますか?~練馬区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, ウッドフェンス, 屋上ウッドデッキ, 戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年12月10日

タグ: , , , , , , , ,

練馬区の戸建て住宅へお住いのお客様から「既存ベランダ用ウッドデッキ」の資料請求をいただきました。

「三階ルーフバルコニー、二階ベランダバルコニーのウッドデッキを検討しています。」

三階にルーフバルコニがあるとの事で、戸建て住宅の屋上ウッドデッキの写真集と戸建てベランダウッドデッキの写真集の両方を送付させていただきました。

「家の図面と写真を送らせて頂きます。
今もウッドデッキを敷いてますので、施工会社でこれを外して防水シートをやり直してからの設置を考えています。
場所は屋上ルーフバルコニー、二階リビングのバルコニー(付箋箇所)の2箇所を考えています。
屋上ルーフバルコニーについては、外側に面している手すり?2箇所に同じ木でフェンスを設置した場合の見積も頂けますでしょうか?

施工会社にリクシルのウッドデッキをどうするかの返信をしなければならず、なるべく早めに見積りを頂けると幸いです。お忙しい中申し訳ありません。」

と、下の写真を添付したメールをいただきました。

IMG_9844

IMG_9845こちらは屋上。

IMG_9848

こちらが2階ベランダ。
どちらも天然木のウッドデッキが敷かれていますが、腐ってきているのと板間すき間からゴミが落ちて困っていたようです。
今回、屋上と2階ベランダの防水リフォームにあたり、これを撤去し新たにウッドデッキを敷く計画でした。
リフォーム工事店から提案されたのは人工木でしたが、これも板間すき間が大きく、下へのゴミ落ちが解決されないので当社への見積もりご依頼となったようです。

「隙間なしタイプの場合、雨水は下に流れますか?
また、ルーフバルコニーの方なのですが、排水溝?のところに落ち葉などが詰まってないかなど、点検できるように作ることはできますでしょうか?」

よくいただくご質問ですが、排水溝上や両端部は水が流れる上、掃除がしやすい幅を空けて施工しますので、排水の心配はないことをご連絡して見積もりさせていただきました。

ご納得いただきましたお客様から、屋上のフェンスも含めてご注文いただき、防水リフォーム工事の完了の連絡をいただき調査・採寸へ。

CIMG6252

3階の屋上(ルーフバルコニー)。寸法は図面どおりですが、図面では判らない下地の勾配とフェンスの高さを測ります。

CIMG6260

2階のベランダ。こちらも同様に勾配をメインに測らさせていただきました。

IMG_1141

IMG_1143

2階のベランダウッドデッキ。お客様ご希望のすき間無し施工です。従前の写真と見比べてみてください。

IMG_1144室内から見たベランダウッドデッキ。

IMG_1146

IMG_1149

3階の屋上ウッドデッキ。こちらもすき間無し施工。これで悩みの種だったすき間から下へゴミが落ちるのも解消されました。

IMG_1147

同じ木材のイペでウッドフェンスを施工。こちらはすき間5mmにて施工しています。
床板のすき間と、フェンス横板すき間の5mmですき間具合の比較をしてみてください。
写真では少々判りにくいかもしれませんが、フェンス右下の欠けた部分がへ懸念されていた排水口の点検口となっています。

当社が送付しましたサンプルを手に取るまでイペ材をご存じなかったお客様は、サンプルと資料をご覧になってイペのすき間無し施工ウッドデッキをご注文いただきました。
そのお客様からアンケートで、
「とても綺麗になり、満足しています。
一点、木の色が綺麗なだけに釘の色が目立つのが残念でした」

・・・・天然木でもビスが表面に現れないノンビス工法もできるのですが、その代わりすき間がある工法になってしまいます。
それでも当社のベランダウッドデッキ工法のビス本数は従来の1/8の数量で、今のところこれが施工上、限界ですなんです・・・・

これで戸建て屋上&ベランダウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。