やっぱり天然木でウッドデッキを~印西市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年5月2日

タグ: , , , , , , ,

千葉県印西市の戸建て住宅へお住いのお客様から資料請求と見積もりのご依頼をいただきました。

いただきました家の図面に書かれたウッドデッキのサイズと仕様から見積を。
十分ご予算内との事で、調査へお伺いしたのですが・・・・・採寸時の施工前写真を撮り忘れましたのでいきなり施工後の完成写真を。

IMG_0065

施工前の採寸は、図面に寸法も書かれていましたのでその確認とタープ高さを決めるにあたり窓シャッターボックスの高さを測ることだけでした。
あとは、フェンスのデザインを写真からお選びいただいて・・・・・と、打ち合わせしている間に写真の撮り忘れ。

IMG_0068

昨年、新築のこの家へ引っ越しされてから家を建てたハウスメーカーや地元のホームセンターからも同じデザインで見積もりを取られたそうですが、どちらの見積もりも人工木のデッキ。
おまけに、このタープ用の柱はなんとアルミ製とのことでお断りされたそうです。

小さなお子様がいらっしゃるので、やっぱり天然木で作ってあげたいと思われ人工木以上の耐久性(10年保証付き)があるイペへたどり着いたそうです。
昨日打ち合わせしましたお客様も、お子様の情操教育も考えると「やっぱり天然木のウッドデッキですよね。人工木を見て育ちこれが本物の木だと勘違いして大人になると・・・」と話されてました。

IMG_0072

IMG_0067

オープン部分は斜めカットして箱型のステップを置いて。これもお客様のデザインです。

IMG_0070

 

正面からのウドフェンスとタープ柱&フレーム。これにオーダーで注文されるタープが掛けられます。

IMG_0069

こちらは右側サイドから。施工前写真がなかった分、施工後写真たっぷりで。

お客様からアンケートで
「想像していたよりも良い出来で大変満足しています。
価格についてもホームセンター等の見積もり(人工木)より安かったです。」

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建てベランダへのウッドデッキを。

マンション1Fテラスウッドデッキの大規模修繕時サービス~世田谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, マンション大規模修繕時サービス, マンション専用庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年4月11日

タグ: , , , , , , , , ,

8年前に世田谷区のマンション1Fテラスに施工させていただきましたウッドデッキのお客様から、
大規模修繕時の取り外し・保管・再設置のご注文をいただきました。

IMG_0326

大きなタイルテラスへ部分施工していたウッドデッキ。マリンライト2個も取り付けていましたので、これも取り外し保管させていただきます。

IMG_0327

室外機横の壁側に立っているのは、ライトのスイッチを取り付けた同素材のイペで作った柱です。

IMG_0328

ウッドデッキの取り外し完了。
取り外したウッドデッキはトラックへ積み込み工場へ持ち帰ようとしていたところ、同じマンションへお住いの方から声が・・・・・
他社で施工した人工木デッキだが、取り外し保管してもらえないだろうか?との事で、お話を聞いたところ施工した会社は、保管・再設置のサービスはしていないとの事でした。

人工木は根太から外してしまうと、夏場は暑さにより保管中に下の写真のように曲がってしまい再設置ができなくなる旨を伝えてお断りさせていただきました。

 

IMG_0862

 

IMG_0860

取り外して1時間でこれだけ反ってしまい、もう元には戻りませんので再設置はできません。
これが当社で人工木デッキの施工をしない理由のひとつです。・・・・まだまだ他にも理由はありますが。

IMG_1346

5か月後に大規模修繕工事終了のご連絡をいただきまして再設置完了したウッドデッキ。マリンライトも元通りに取り付けて。

IMG_1347

お客様から保管中に行うオプションの高圧洗浄、サンダー掛け、塗装をご注文いただいていましたのでこのように変身したウッドデッキに。

IMG_1349

室内から見た再設置後のウッドデッキ。上の写真の人工木と反りの違いを見比べてみてください。

これで大規模修繕時サービスの紹介は終了。次回は庭のウッドデッキを。

イペはかなり高級感がありますね。~世田谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年3月21日

タグ: , , , , , ,

昨年、東京世田谷区にある中古マンションを購入されたお客様から資料請求いただきました。

資料到着後お客様からメールで、
「資料届きました。イペはかなり高級感がありますね。

早速ですが、今週末にでも採寸等をお願いしたいのですが、ご都合如何でしょうか?
先日ざっくりした寸法はお伝えしていますが、実際は両端に出っ張りなどもあったりするので、金額的には上がると想定しております。

このマンションが建ったときの資料が出て来ましたので、添付させて頂きます。
古いマンションになるので、できることできないこともあるかと思いますので、現場での確認お願い致します。」

イペはウッドデッキ材の王様と称されるように、見た目・手触り感は同じハードウッドと比較しても断然違う高級感があります。・・・価格も王様ですが。

CIMG3747

室内からベランダを1枚。まだ引っ越しはされていません。

 

CIMG3754

窓土台のコンクリート。古いマンションですのでこの高さは20cmくらいありますが、この高さにウッドデッキを仕上げます。

CIMG3748

こんな感じに斜めの柱があったり、

CIMG3753

両端部には曲線の出っ張りが付いていたりと複雑な形状のベランダでした。

現地調査後、一時施工を保留にされていたのですが半年後に、

「昨年ウッドデッキの作成を一度依頼させて頂いた、世田谷区の○○と申します。
その際はウッドデッキ作成を断念してしまったのですが、やはりバルコニーに設置したく、再度ご連絡させて頂きました。
前回依頼させて頂いたときはバルコニー全面をお願いしていたのですが、今回は少しサイズを小さくしたいと思っております。」

前回の調査寸法から、あまり使用しないベランダ部分は施工しない部分施工の寸法で再見積もりでご予算内に納まり施工へ。

S__4030467

完成したウッドデッキを室内から。

S__4030469

S__4030470

両端部の複雑形状の出っ張り部分を施工しないことで、ずいぶんと価格も下がりました。

S__4030472

ベランダウッドデッキの全景。

施工完了後すぐにお客様からメールが、

「今施工が終わって職人さん達が帰られました。
出来上がったウッドデッキに感激しています。これならもっと早くに施工してもらえれば良かったとつくづく思っています。ありがとうございました。」

・・・職人からの施工完了報告の電話より早くにいただきました。

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建てバルコニーのウッドデッキを。