現状のハイデッキが腐りかけており~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事, 駐車場上ウッドデッキ | 投稿日:2022年1月6日

タグ: , , , , , ,

松戸市の戸建て住宅へお住いのお客様から資料請求と見積もりご依頼いただきました。

「ホームページを拝見し非常に興味がありご連絡させて頂きました。現状のハイデッキが腐りかけており交換予定をしております。
(3.700W×6.400L×3.500H位の寸法です。)一度見積りも欲しいですが何かご提案等を頂きたくご連絡致しました。」

ご連絡いただいたサイズで概算見積書を作成し、資料・写真集・サンプルと共に送付させていただきました。

「先日、資料サンプルを依頼させて頂きました松戸市の○○と申します。
無事にサンプル等が届きました。ありがとうございます。

また、概算の見積りも頂きありがとうございました。
そこで、見積り範囲外の相談等も色々とご相談したい点があるので一度現調依頼をお願い致します。」

と、メールをいただきお伺い。

CIMG6295

建物敷地が駐車場より高台になっていて駐車場上に造られたタイプのハイデッキでした。
お話しを伺うと、この駐車場上ウッドデッキ付きで分譲されていたそうで、家の購入にあたりこれも決めての一つだったそうですが・・・・

CIMG6287

CIMG6284

床やフェンスは毎年塗装されていたそうですが、それでも腐り床板の交換も何度も・・・・・

CIMG6296

ハイデッキで構造上、重要な根太も腐ってきて部分補修と補強をされてきましたが、ついに限界となり全面交換を決意されたそうです。

家を購入された時に初めから付いていたハイデッキでしたので、その使われている木材に関して調べることもなかったそうですが、今回はこの経験をもとにしっかりと木材の選定・施工方法にも関心を持たれイペ材で当社へご依頼いただきました。
—–一度ウッドデッキが腐った経験があると、多くのお客様は耐腐朽性が一番高いイペをお選びになられます——-

それでは、以前のハイデッキを取り壊し撤去後、新しく造り変えた駐車場上のハイデッキを。

IMG_0451

フェンスデザインはラチスから横板フェンスへ変更。

CIMG6291

前のデッキは閉じられていて、掃き出し窓からしか出入りが出来ず使いにくかったとのことで、

IMG_0449

外からも出入りできるように玄関側に扉と階段を増設しました。

IMG_0446

 

扉を閉じた状態。

IMG_0448

 

IMG_0450

出幅方向へ張られた床板は継ぎ目無しの1枚板で張っています。

施工後アンケートで、

「この度は、とっても素敵なウッドデッキを施工していただきありがとうございました。
最終打つ合わせと若干の違いがあった所、臨機応変に対応いただきありがとうございました。」

これで駐車場上ハイデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダ大規模修繕サービスを。

駐車場上のウッドデッキ、柱の建て方大事です~船橋市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事, 駐車場上ウッドデッキ | 投稿日:2020年9月30日

タグ: , , , , ,

昨年、船橋市のお客様から駐車場上ウッドデッキの資料請求をいただいていました。

「2007年に建てた木製バルコニーですが、傷みが激しく作り替えを検討しておりますので概算見積もり等頂けたらと思います。
材質は骨組みヒノキで、床材他はタモ?で作って貰ったように記憶しており、タモの部分がボロボロの状態です。
作り替え時により丈夫な材質を用い長持ちするようにしたいと思います。」

IMG_0404

送付いただきました既存のウッドバルコニー写真。

IMG_0399

木材の耐久性の低さもありますが、元々の構造設計にも問題があり強度不足から腐朽が促進されています。・・・よくあるパターンです。

IMG_0414

床板の腐朽は木材そのもの耐久性の低さに由来していました。一部床板はご自分で交換されていたようですが。。。

 

資料送付後に現在のウッドバルコニーの図面と、写真を送付いただき見積もりをさせていただいていたのですが・・・・・

今年になりましてから、

「昨年、お世話になりました。
その節はウッドデッキ新設のご提案に対応頂きまして誠にありがとうございました。
唐突ではありますが、再度、デッキ製作のご相談に乗って頂けたらと考えご連絡を差し上げております。

私共の不勉強もあり、他の会社と具体的に進めておりましたが、
基礎施工がかなり杜撰で、構造計算が未であることも判明したため、着工後に契約を解消し、現在、旧デッキの撤去のみ完了した状態です。

折り返しお返事頂けますと幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。」

・・・・今までのウッドバルコニーの材料が悪かったので、木材にばかり気を使って施工会社を選定されたようでした。
庭のウッドデッキもさることながら、2階建てウッドバルコニーや駐車場上のウッドッキは特に柱を含めた構造部の計算と施工法が重要となります。
この部分をしっかり造ると当然金額は高くなってしまいますが・・・・・柱の建て方は強度上も耐久性でも最も大事なところです。

それでも今回は着工後すぐに気づかれて良かったです。
当社が実際施工しました千葉県内の”専用の柱金物”を使用した柱建て施工をご覧になりたいとのご要望で、10年以上前に施工しました数か所を教えさせていただきました。

数日後に「確認しました。あの工法なら安心ですので是非施工お願いします。」と、ご注文いただきました。

IMG_0860

現地調査時の写真。ウッドバルコニーは、すっかり取り壊されていましたが家から飛び出している梁の一部はそのまま残っています。
家を建てる時に一緒に造られたウッドバルコニーのようですが、改めて作り直すときには一番厄介なタイプです。
この梁は耐久性が担保されていませんので、再利用できずこれを避けて柱位置と梁位置を設計するため、サイズと位置を正確に測り現地調査は終了。

IMG_0825

イペ製の駐車場上ウッドデッキの完成。

IMG_0820

道路側のフェンスは高くして目隠しに。

IMG_0828

他の2面は低いフェンスですが、タープ用の柱を取り付け。・・・・当社の他の施工例をご覧になり要望されました。

IMG_0822

フェンスデザインも写真集からご選択いただきました。

施工完了後お客様からメールで、
「非常に良いものを作って頂き家族ともども大変喜んでおります。
またご縁がありましたらその節はどうぞよろしくお願い申し上げます。」

これで駐車場上ウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建てベランダウッドデッキを。

 

駐車場上にウッドバルコニーでベランダ増設~大田区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:最近の施工事例, 駐車場上ウッドデッキ, 2階建てバルコニーデッキ | 投稿日:2020年8月17日

タグ: , , , , , ,

東京都大田区の新築されたばかりの戸建て住宅へお住いのお客様から、2階のベランダ増設についての相談の電話をいただきました。

既設のベランダが狭くベランダ増設をウッドバルコニーで考えているそうですが、下が駐車場なので柱の位置が心配とのことでした。
電話の後に、ご希望の増設ウッドバルコニーの大きさを家と敷地図面に書き加えてメールで送付いただきました。

このようなケースのベランダ増設のお問合せが最近多いのですが、下が駐車場の場合は駐車スペースもさることながら出し入れする為に柱位置の問題がり、それによる全体の構造上の強度計算を行い可否を判断します。・・・・構造計算によってはオール木製では無理で、構造部分を鉄骨製にする場合もあります。
今回は、構造計算の結果オールイペ製で可能でしたので、図面からの寸法から概算見積もり後現地調査へ。

IMG_0822

この2階ベランダ部分に増設するのですが、前面のカットとその後の処理については、家を建てられた工務店にお願いするのがベストと事前にお客様にアドバイスしていましたが、お伺いするまでに工務店さんから快諾を得ていました。・・・良かったですね。
当社でも施工できますが、ベランダの構造も使用している材料も一番よく知っているところが施工するのが最適解ですので、お勧めしています。

IMG_0839

2階ベランダの内部。内側の奥行きは70cmほどしかなく物干しにも使えないとか。同じような奥行きで数年前に埼玉県で施工したのを思いだしました。

IMG_0842

2階のベランダから駐車している状況をチェック。

IMG_0827

同じく下での駐車状況をチェック。

IMG_0834

駐車場の土間コン下には上下水道管、ガス管とこの写真のように雨水管が埋設されていますので、その位置を測り柱位置が重ならないように設計します。

IMG_0830

実際に柱金物を置いてみて、さきほどの駐車場に埋設されている管等に干渉しない位置決めをしていきます。
この柱金物は何度か改良を重ねた型で、当社のハイデッキ用の特注の専用柱金物です。
普通に使われている柱留のLアングルと比べるとコストは高くなりますが、構造部分でも最重要な柱と梁は安全・安心が第一と考えています。
・・・・柱の固定方法を心配されていたお客様は、金額よりも安全重視でこの金物の実物をご覧になり「これなら!」とご注文いただきました。

IMG_0881

工務店さんが、カットされた後にカット面高さ調査にお伺い。・・・・このカット高さによりウッドバルコニーの高さが決まってきます。

IMG_0187

IMG_0188

今回はお客様のご希望で、外観は増設というより全く新しいウッドバルコニーに見えるような作りとなっています。
また当社の施工例写真集から、横板デザインとタープ用の柱&フレームを追加ご注文いただきました。

IMG_0181

内部を見ますとこのように既設ベランダの一部が残っています。

IMG_0182

全体のウッドバルコニー高さはカット面の高さの関係上高くなるので、掃き出し窓前のみ下げて2段に施工。

IMG_0184

 

施工が完了後にまた雨が・・・・・今回の施工は雨に悩まされました。
奥行き2.4mのウッドバルコニーとなり、これで2階ベランダは”使える空間”へと広がりました。

これで駐車場上ウッドデッキというかベランダの増設工事の紹介は終了。次回は戸建てベランダへのウッドデッキを。