駐車場上にウッドバルコニーでベランダ増設~大田区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:最近の施工事例, 駐車場上ウッドデッキ, 2階建てバルコニーデッキ | 投稿日:2020年8月17日

タグ: , , , , , ,

東京都大田区の新築されたばかりの戸建て住宅へお住いのお客様から、2階のベランダ増設についての相談の電話をいただきました。

既設のベランダが狭くベランダ増設をウッドバルコニーで考えているそうですが、下が駐車場なので柱の位置が心配とのことでした。
電話の後に、ご希望の増設ウッドバルコニーの大きさを家と敷地図面に書き加えてメールで送付いただきました。

このようなケースのベランダ増設のお問合せが最近多いのですが、下が駐車場の場合は駐車スペースもさることながら出し入れする為に柱位置の問題がり、それによる全体の構造上の強度計算を行い可否を判断します。・・・・構造計算によってはオール木製では無理で、構造部分を鉄骨製にする場合もあります。
今回は、構造計算の結果オールイペ製で可能でしたので、図面からの寸法から概算見積もり後現地調査へ。

IMG_0822

この2階ベランダ部分に増設するのですが、前面のカットとその後の処理については、家を建てられた工務店にお願いするのがベストと事前にお客様にアドバイスしていましたが、お伺いするまでに工務店さんから快諾を得ていました。・・・良かったですね。
当社でも施工できますが、ベランダの構造も使用している材料も一番よく知っているところが施工するのが最適解ですので、お勧めしています。

IMG_0839

2階ベランダの内部。内側の奥行きは70cmほどしかなく物干しにも使えないとか。同じような奥行きで数年前に埼玉県で施工したのを思いだしました。

IMG_0842

2階のベランダから駐車している状況をチェック。

IMG_0827

同じく下での駐車状況をチェック。

IMG_0834

駐車場の土間コン下には上下水道管、ガス管とこの写真のように雨水管が埋設されていますので、その位置を測り柱位置が重ならないように設計します。

IMG_0830

実際に柱金物を置いてみて、さきほどの駐車場に埋設されている管等に干渉しない位置決めをしていきます。
この柱金物は何度か改良を重ねた型で、当社のハイデッキ用の特注の専用柱金物です。
普通に使われている柱留のLアングルと比べるとコストは高くなりますが、構造部分でも最重要な柱と梁は安全・安心が第一と考えています。
・・・・柱の固定方法を心配されていたお客様は、金額よりも安全重視でこの金物の実物をご覧になり「これなら!」とご注文いただきました。

IMG_0881

工務店さんが、カットされた後にカット面高さ調査にお伺い。・・・・このカット高さによりウッドバルコニーの高さが決まってきます。

IMG_0187

IMG_0188

今回はお客様のご希望で、外観は増設というより全く新しいウッドバルコニーに見えるような作りとなっています。
また当社の施工例写真集から、横板デザインとタープ用の柱&フレームを追加ご注文いただきました。

IMG_0181

内部を見ますとこのように既設ベランダの一部が残っています。

IMG_0182

全体のウッドバルコニー高さはカット面の高さの関係上高くなるので、掃き出し窓前のみ下げて2段に施工。

IMG_0184

 

施工が完了後にまた雨が・・・・・今回の施工は雨に悩まされました。
奥行き2.4mのウッドバルコニーとなり、これで2階ベランダは”使える空間”へと広がりました。

これで駐車場上ウッドデッキというかベランダの増設工事の紹介は終了。次回は戸建てベランダへのウッドデッキを。

家族や友達からも好評なので増設~大田区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンション専用庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年7月25日

タグ: , , , ,

1年前にマンション1階専用庭にウッドデッキを施工させていただきましたお客様からお電話をいただきました。

「昨年はウッドデッキの施工ありがとうございました。そのウッドデッキが家族や友達からも好評なので未施工部分もウッドデッキにしたいと考えています。」

ということで、未施工分の庭の採寸へ。

CIMG3553

昨年はこちらの土の部分を残したいとの事で、採寸していませんでした。

CIMG3554

1年間ウッドデッキを使ってみたところ、全部ウッドデッキにした方が広く使えて使い勝手も良さそうと感じ増設を決められたそうです。

CIMG3557

こちらの専用庭はここの扉から外部へも繋がっています。今回施工しますと扉向こうから全てがウッドデッキとなります。

IMG_1189

 

増設工事が完了。

 

IMG_1191

手前が昨年施工したウッドデッキ。1年での色の変化がよくわかります。
・・・・これ以上はそう色の変化はありませんので、1年後には境は判らなくなるかも。

施工後お客様からアンケートで、

「いつもありがとうございます。素敵な空間が広がり大満足です。
施工スタッフの皆さま、ありがとうございました。」

これでマンション1階専用庭ウッドデッキの増設工事の紹介は終了。次回は戸建の庭ウッドデッキを。

 

ベランダウッドデッキとオーダーサイズの室外機カバー~大田区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年10月22日

タグ: , , , , , ,

大田区のマンションへお住まいのお客様から資料請求いただきました。

資料と写真集を送付後、ご覧になったお客様から間取り図面と現況の写真を添付しましたメールをいただきました。
「写真に写っている室外機のカバー2台も一緒に見積もり願います」と。

図面からの見積もり後、日程調整しお伺い。

CIMG2663

多摩川に面したマンションベランダ。
大田区のこの多摩川に面した地域にはマンションが多く今までに新築時を併せると10ヵ所くらい施工しています。

 

CIMG2670

お客様の仕上がり高さはサッシ網戸下までで約4cmほどしかありません。この高さですと水平の仕上がりにはできませんので了解をいただきます。

 

CIMG2668

 

CIMG2672

この2台の室外機のカバーをご所望ですが、「カバーが窓に掛からない壁サイズで出来ますか?」・・・・・・・室外機サイズと壁サイズをミリ単位で測り、要検討。(マンションではこのご要望が多いのですが、出来ない場合も多々あります。カバー自体の厚みが結構ありますので。)

 

IMG_0862

 

IMG_0861

 

ぎりぎり、なんとか壁のサイズに納まった2台の室外機カバー、良かったです。

 

IMG_0867

室内から見たウッドデッキ。サッシ下の仕上がりですので、室内からは少々下がっています。

 

IMG_0865

水平仕上がりではないですが、元々勾配が小さかったのでそんなには気にならないですね。

水平仕上がりではなくても、イペの”すき間無し施工”をご希望されたお客様はアンケートで、

「ベランダが素敵になりました。
ありがとうございました。」

デッキ材と同材の室外機カバーを置くと一体感があって綺麗ですよね。

これでベランダウッドデッキ&オーダー室外機カバーの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキの交換工事を。