植栽スペースのあるテラスへウッドデッキ~品川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:バルコニー ウッドデッキ, マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年4月10日

タグ: , , , , , , , ,

昨年施工させていただきましたコーポラティブハウスのルーフバルコニーウッドデッキをご覧になったお客様から見積もりご依頼いただきました。

「テラスへのウッドデッキ設置を検討しております。
同じマンション内でテクノグリーンさんにお願いしている住人がおり、ご紹介をいただきご連絡させていただきました。

取り急ぎ添付資料の内容にて、お見積りをお願いしたくご連絡を差し上げた次第です。

<留意点>

・テラスの形が不整形です。
・テラスと室内で約140mmのレベル差があります。
レベル的には室内とフラットになるようなイメージですが、雨水勾配の不陸にどこまで対応できますでしょうか?
・赤丸の雨水枡があり、テラス内には雨水勾配があります。

→デッキの隙間がないとのことですが、隙間から浸透して排水ができると理解して大丈夫でしょうか?また、雨水桝上部はメンテナンス用にオープンにできるような仕様を希望いたします。

・室外機カバーのオプションは花台付をご想定願います。
・シンボルツリーがあり、円形にくりぬく形状を希望します。」
添付いただいたテラス部分の図面と現況写真とご連絡いただいたご要望を元に見積もり後、ご注文いただきお伺いさせていただきました。

CIMG5423

CIMG5424

分譲マンションと違い、コーポラティブハウスは各戸すべて間取りも違い、今回のお客様のテラスは三角形に近い不整四角形です。
今までウッドパネルの上に人工芝を敷かれてテラスを使っていましたが、室内との段差と傾斜を解消できずにいたところ、当社のイペ製ウッドデッキをご覧になって交換することを決められたそうです。

CIMG5427

こちらが植栽スペースで樹木が植えられています。
打ち合わせ時に円形くり抜きではなく角にくり抜きの上、幕板を張ることに変更となりました。

 

IMG_0307

完成後の植栽スペース。

IMG_0305

写真ではよく判らないどですが、2個所に排水点検口用の蓋を付けています。

 

IMG_0306

室内と同じ高さと水平に仕上げて段差と傾斜は解消されました。

IMG_0309

正面に見える花台兼用の室外機カバーを設置して施工は全て完了。

これでコーポラティブハウスのバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建て庭ウッドデッキを。

 

5年前に施工したお客様から~港区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年3月20日

タグ: , , , , ,

5年前に港区のマンションベランダウッドデッキを施工させていただきましたお客様からお電話をいただきました。
イペのウッドデッキを気に入って使っているので、今度は仕事部屋として使っている同じ港区にあるマンションにもウッドデッキを施工したいということで採寸へお伺い。

CIMG5249

前回と同じくらいの大きさで、室外機カバーも前回と同様にご注文いただきました。

CIMG5255

ウッドデッキが施工されたら、この鉢にも植物が植えられるようですでに用意されていました。

CIMG5254

サッシの網戸高さが10cmくらいですので、網戸下高さのウッドデッキとします。

IMG_0291

完成しましたウッドデッキと室外機カバー。
室外機のホースは真横から出ていましたので、ルーバーがあると納まらないので壁側はルーバー無しの特注品です。
マンションベランダに設置されている室外機は、大きさの違いもさることながら、置かれてる位置やホースの接続方向、廻りの障害物?との取り合い等、千差万別でほとんどが逸品のオーダー製作となります。

 

 

IMG_0292

網戸下へ納まりましたウッドデッキ。

IMG_0294

室内から見たウッドデッキ。網戸下までの高さなので室内フローリングよりは3~4センチ下がっています。

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。

今回は、お友達の相談を受けて~国立市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年2月15日

タグ: , , , , , ,

昨年、リフォーム会社から紹介を受けて目黒区でマンションベランダウッドデッキを施工させていただきました。
出来上がったウッドデッキにお客様が感動されていたとの事で、今回は国立市へお住いのお友達からやはりベランダの段差解消と避難ハッチを隠したいと相談を受け当社を紹介していただきました。

寸法が入った手書きの図面を送付いただき、概算見積もり後に調査へお伺い。

CIMG5096

 

この避難ハッチを隠せるウッドデッキを探されていたようです。

 

CIMG5099

CIMG5100

十数センチある室内との段差を、せめて水切りの高さまでのウッドデッキを作り解消したい!
この二つのご希望を叶えるウッドデッキの施工へ。

IMG_0950

ハイ、まずは蓋加工して避難ハッチは見えなくなりました。

IMG_0949

サッシ水切り高さまに仕上がったウッドデッキ。水平のウッドデッキでベランダの傾斜も解消。

IMG_0952

室内から見たベランダウッドデッキ。段差が解消。

これでベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建ての庭ウッドデッキを。