大規模修繕保管時の再塗装~横浜市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, マンション大規模修繕時サービス, 最近の施工事例 | 投稿日:2022年1月11日

タグ: , , , , , , ,

14年前に横浜市のマンションでウッドデッキを施工させていただきましたお客様から、大規模修繕時の保管サービスのご注文をいただきました。

日にちを決めまして取り外しにお伺い。

IMG_0868

取り外し前のウッドデッキ。ベランダは台形です。
また新設時は塗装タイプで施工しましたが、さすがに14年も経つと塗料自体がだいぶ取れていますね。

IMG_0869

こちらは、室外機カバーというよりは室外機置場のカバーという感じで製作してました。
上の蓋部分を簡単に外せて両サイドの空間に物を入れれるようにした完全なオーダーメード品です。

 

CIMG0590

—上の写真は14年前に新設時の写真です–

 

IMG_0870

このカバーとウッドデッキを全て取り外した状態。避難ハッチの上には蓋加工もしていました。

約4か月後に大規模修繕も終了し再設置へ。

IMG_0960

 

IMG_0961

工場保管中に再塗装しました室外機カバー?
お客様から保管中の高圧洗浄と塗装をオプションでご注文いただいていました。

IMG_0962

同じ再塗装されたウッドデッキ。・・・・新品塗装よりは若干濃いめの色となります。

 

IMG_0963

避難ハッチの蓋も元の位置に納まって再設置工事は終了。

今までは新設時は無塗装だったウッドデッキに対し塗装した紹介はありましたが、今回は塗装タイプに対しての”再塗装”の紹介でした。

次回は庭ウッドデッキの紹介です。

 

 

おかげさまで方向性が決まりました~江東区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年12月15日

タグ: , , , ,

「マンションバルコニー(約15平米、8.5m×1.5)へのウッドデッキ施工を検討中です。
可能であれば、施工事例と費用の目安などわかる情報をご提供いただけると幸いです。」

と、江東区のタワーマンションへお住いのお客様から資料請求と見積もりご依頼いただきました。

ご連絡いただいた寸法から概算見積書を一緒に送付。
それから2週間後に「これからお伺いしてよろしいでしょうか?」と電話いただき、家族でご来社いただきました。

今度は間取り図面をお持ちになり、もっと正確な見積もりと資料にあった”すき間無しのウッドデッキ”の実物を確認されるのが目的でした。
当社打ち合わせルームには”すき間無し”と”すき間有(5mm)”の実物サンプルを置いてあり、その場で両者を見比べられます。

すき間からウッドデッキ下へゴミが落ちるのを一番気にされていた奥様が一目みるなり「すき間無しでお願いします。」と決定され、その場で現地調査の日時も打ち合わせをさせていただきました。

CIMG6144

出幅は2mほどあり広いベランダです。

CIMG6148

サッシの網戸下は低い位置なのですが、お客様はこれより高くなっても室内と同じ高さのウッドデッキをご要望で室内高さを測ります。

CIMG6151

柱の向こう側は斜めになっているので、普段からあまり使われていないスペースとの事で、全面施工と部分施工2パターンの見積もりを。

CIMG6149

下がエコキュートのヒートポンプ?、上がエアコン室外機の2段積みです。
最近のマンションでは、この2段積みが置かれてているのが見うけられます。
お客様はこの下にもウッドデッキを敷きこみたいとのお希望でしたが、一度外した状態にしないと2段積みの場合は施工できません。
調査・採寸後に見積書を送付しましたところ、

「先日は突然の訪問にも関わらずご対応ありがとうございました。おかげさまで方向性が決まりました。
お見積もりの件、ありがとうございます。
本来であれば全面施工が見栄え的にも良いと思っておりましたが、予算の関係もあり部分施工でお願いさせていただきたいと思います。

室外機部分くり抜き施工でお見積もりいただいておりますが、くり抜かない場合についても金額変更なしでよろしいでしょうか?
こちら、くり抜かない方向でも検討しておりまして、エアコン、エコキュート室外機の一時的な取り外しが可能な業者さんとやりとりをしているところです。
予算次第ではありますが、可能であればくり抜かない方向で実施できたらと思っております。

 その場合、業者さんの取り外し・取り付け作業とデッキ施工の時間との調整が必要になると思われますが、例えばデッキ施工中の1、2時間の範囲を指定いただき、その時間で業者さんに作業いただくような形はできますでしょうか。

 長文となり恐縮ですが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。」

その後メールで

エアコンとエコキュート室外機を同時に施工してもらえる業者さんがなかなか見つからないので上乗せを諦め切り抜き施工でお願いします。」

と、いただき2段積みラック部分は当初予定通りくり抜き施工となりました。

IMG_0412

こちらがくり抜き施工。

IMG_0413

IMG_0415

室内高さに施工したベランダウッドデッキ。サッシ枠や網戸より上になっています。

IMG_0416

サッシのレール部分が少し下がり溝状になっていますが、室内フローリングとウッドッデキは同じ高さです。

IMG_0411

柱端部の仕舞部分、部分施工といいましてもベランダ全体の9割以上を施工しています。

お客様から翌日メールをいただきました。
「昨日は施工ありがとうございました。
サイズもぴったりで、イペの風合いも良く施工してよかったと満足しています。」

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。
次回は既設ウッドデッキへのウッドフェンス取り付けを紹介します。

 

一度現物も見ながらお話しさせていただけないでしょうか~葛飾区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年11月30日

タグ: , , , , ,

先月このブログで紹介しました葛飾区の同じマンションを購入されたお客様から春に資料請求いただいていました。

前回のお客様は1年前に資料請求をいただき、春にあった内覧会時に採寸させていただいたのですが、内覧会は終了していましたので引き渡し後の採寸。

「あれから御社のブログの施工例など見まして、可能なら御社のショールームで一度現物も見ながらお話しさせていただけないでしょうか。
網戸下の場合、網戸上にくる場合、御社の専門家としてのご意見を参考にしたいと思っています。」
とメールをいただき、ご家族でご来社いただきました。

マンション販売会社のインテリアオプション販売会でイペのウッドデッキが販売されているとの事でパンフレットを持参されました。
そのウッドデッキは”すき間がある施工”との事で、当社で「すき間無し」と「すき間あり」のサンプルの両方をご覧になってその差を確認したかったそうです。

一目見て「こんなに違うんですか!」と得心されたお客様は、その場ですき間無し施工タイプに決められました。

それでは引き渡し日の採寸調査を。

CIMG6234

前回採寸したお客様とほぼ同じの横幅と奥行きのベランダです。

CIMG6241

上からの排水パイプの位置こそ違え、こちらも同様にパイプがありました。

CIMG6243

本当は室内高さにウッドデッキを造りたかったお客様ですが、管理規約により建築基準法によるフェンス高さを確保するため、ウッドデッキ高さが決められていましたのでその高さのBタイプ(ベランダの勾配なり仕上がり)で施工することになりました。

CIMG6236

ベランダの勾配は隔板下のすき隠し板で判ります。
調査・採寸も終了し引っ越し前に施工へ。

IMG_0422

IMG_0424

すき間無しイペのウッドデッキが出来上がりました。

IMG_0425

室内から見たウッドデッキ。こちらから見た方が、すき間無しが実感できるかも。IMG_0423

管理規約基準に合わせ高さも低いので網戸下へ納まったBタイプのウッドデッキです。
少々の勾配を気にしないのであれば、金額も安くなってお得感がありいいかもしれないですね。

お客様からアンケートで、
「子供達も、大変気に入りピョンピョン飛び回って遊んでいます。
この度はありがとうございました。」

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。