戸建ベランダのタイルをウッドデッキへ~渋谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年3月4日

タグ: , , , , , , , , ,

渋谷区のコーポラティブハウスへお住まいのお客様から、マンションベランダ用ウッドデッキの資料請求をいただき送付していました。

その後、お客様から
「以前、資料を請求し、資料と見本をお送りいただきましたが、図面の送付が未だとなっておりました。
添付にて3Fのベランダの図面お送りいたしますので見積もりをお願いします。」

と図面を送付いただき拝見させていただくと戸建のベランダ。
確かにコーポラティブハウスは共同住宅なので、戸建ではなくマンションの方が正確かもしれませんが、当社ではベランダの作りの関係から戸建の方に分類し写真集も戸建ベランダの方で括っています。
・・・・・・・ただ構造、施工法はどちらも基本的には一緒ですので説明資料・標準断面図は同じものになっています。ベランダ・バルコニー用として。

いただきました図面から作成した見積書を送付後、お客様からご予算内とのことで現地調査へ。

CIMG1982

CIMG1980

タイルが敷かれています。初めから家を建てた大手のハウスメーカーが施工されていたようです。
戸建のベランダ・バルコニーへハウスメーカーや工務店は、このタイルを標準で敷かれているか勧めるようですが・・・・・・

CIMG1983

 

タイルでは高さの嵩上げができませんので、このように大きな段差ができるで洗濯干しで毎日出るにはけっこうな負担に。
またタイル間の目地に落ちるゴミ掃除も大変になってきます。(タイル下の樹脂が凹凸状になっているので髪の毛や繊維がからまるので)
ところが、これは実際に住み始めて気が付かれるようで・・・・・・

 

CIMG1986

タイルの厚みもあんまりありませんので、こちらではタイルを敷いてもまだ17cmほどの段差があります。

この段差を解消し下へゴミが落ちにくいデッキを探され、当社のすき間無しウッドデッキへたどり着いたようです。
したがってイペ製のすき間無し施工でご注文をいただき施工へ。

 

IMG_0578

ウッドデッキはサッシの天端高さに仕上がっています。

 

IMG_0580

 

IMG_0582

すき間無しに出来上がり。

 

IMG_0583

 

室内から見たウッドデッキ。
こちらは開き戸でしたので框の高さと同じ高さになっています。これでベランダへ出るのが楽々と。
框を乗り越えて17cmも下へ降りるのって結構しんどいもんですよ。

施工後お客様からアンケートで

「PCの冷たい感じの家に温かみが出ました。
家族に好評です。ありがとうございました。」

PC造りのコーポラティブハウスでしたから、天然木のウッドデッキにより温かみが感じられる場所になりました。

次回は、マンションのルーフバルコニーウッドデッキを紹介。

 

既存ベランダのウッドデッキがボロボロに~豊島区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2017年11月21日

タグ: , , , , , , ,

豊島区のお客様から資料請求いただきました。

「ベランダのウッドデッキの木が腐ってきてしまっているので、きれいにしたいと考えています。
ネットで御社のことを知り、まずは資料を請求させていただきます。」

戸建ベランダウッドデッキの写真集・資料とサンプル送付後しばらくして、

「以前資料請求させていただきました。
既存ベランダのウッドデッキがボロボロになってきたので、貼り替えを検討しております。
概算のお見積りをお願いします。
また、部屋とベランダとの高低差が40cmほどあるので、足台(踏み台)もお願いしたいと思っています。」

と、現況写真とご自分で採寸された簡単な図面をメールでいただき見積もり後、採寸調査へ。

お伺いしてみたら戸建というか、3軒でのコーポラティブハウスの3階がお客様のお住まいでした。

 

CIMG1653

表面見た感じではそう腐っていないようですが、

CIMG1650

 

あらら、やっぱり根太や大引きは腐っています。

CIMG1659

今回取り替えにあたり、お客様はこのパラペット上もデッキにしたいご希望でしたので、こちらも計測。約17cmほど出幅が広くなります。

それでは、既存ウッドデッキの解体の写真から。

 

IMG_0456

黒ずんでいる部分はビスが打ち込まれ腐っています。根太腐りの典型的な例ですね。

IMG_0459

もっと腐れが激しいのは根太の下の大引き。塗装していてもこの工法じゃ腐るのは当たり前。こちらは家を建てた工務店が大工さんに作らせたようです。
ウッドデッキの耐久性は材料だけではなく、この施工方法によっても、ずいぶんと違ってくるのですが・・・・・・・

既存ウッドデッキ解体・撤去後直ぐに新しいウッドデッキを施工。
新しいウッドデッキはイペ材で、すき間無し施工です。もちろん10年保証付きで。・・・・・・一度ウッドデッキが腐った経験があると材料選びは慎重になりますね。

 

IMG_0463

 

IMG_0464

パラペットも隠してウッドデッキは広くなりました。

 

IMG_0461

こちらは1段の箱ステップ。これで段差をが半分になりましたので出入りも楽ちん。

IMG_0465

 

IMG_0466

室内からの写真を2枚を最後に、今回のコーポラティブハウスベランダウッドデッキ取り替え工事の紹介は終了。次回は駐車場上のウッドデッキ。

 

 

 

コーポラティブハウスのバルコニーデッキ~品川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:バルコニー ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年2月1日

タグ: , , ,

今回の紹介はコーポラティブハウスのバルコニーデッキ。

コーポラティブハウスって?あまり聞きなれない言葉ですが、「コーポラティブハウス」自体が和製英語みたいですが、簡単な日本語にすると”組合方式による注文集合住宅”みたいな?

テクノグリーンでは10年ほど前に1ヵ所施工させていただいて以来、今回で2ケ所目。というくらい分譲マンションからみますと、まだ日本では少ないのかもしれません。もしくはただ単純に当社が注文を受けていないだけかもしれませんが。

バルコニーのウッドデッキとしましては、基本的にはマンションと構造は同じです。
コーポラティブハウスは、低層が多くエレベーターが付いていないケースが多いです。
今回のお客様の部屋も3階建ての2階にあり、材料搬入は外階段で。

では現調時の写真から。

DSCF7806

DSCF7802

以前施工したところもそうでしたが、コーポラティブハウスの外壁はコンクリートの打ちっぱなしが多いようです。

DSCF7804

このサッシの水切りは隠して室内と同じ高さのウッドデッキに。

DSCF7808

 

こちらはバルコニーについてる物置。この扉が開く高さに調整が必要。

それでは、施工完成後の写真を。

 

IMG_2109

 

 

IMG_2114

 

物置の扉が開く高さでなおかつ水切りも隠れています。

 

IMG_2116

 

室内と同じ高さに仕上がりました。
さっそく元からある植木鉢を置いてみましたが、やっぱり緑はコンクリートの上に置くよりは天然の木の上の方が映えますね。

これでコーポラティブハウスのバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回は屋上ウッドデッキです。