ブロック塀を隠したい~和光市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年7月5日

タグ: , , , , , , ,

埼玉県和光市の戸建て住宅へお住いのお客様からお電話をいただきました。
「6m×5mの庭をウッドデッキにしたいのですが、どのくらいの金額になりますでしょうか?」

庭のウッドデッキも横幅と奥行きが判れば、おおよその概算見積もりが可能ですので、少々お時間をいただいて電話で見積金額をお伝えし金額はご予算内との事で、お伺いする事に。

IMG_0792

CIMG4566

 

庭の広さを気に入って中古の戸建て住宅を購入されてそうですが、庭は一部の花壇以外はこのようにインターロッキング敷となっています。
このインターロッキングが不等沈下を起こしていて、模様とも相まってうねりでめまいがする感じでした。

これを解消し庭を有効活用するために全面ウッドデッキを思い立ったとのことでした。

CIMG4565

 

それと前面にある裏家の背の高いブロック塀。
1.8m以上の高さもあるのに加え黒ずんできているので、庭の雰囲気を壊しているのでこれをウッドデッキと同じ素材の木で隠したい!

CIMG4570

こちらの古い立水栓も新しく木製立水栓に替えてウッドデッキ上に置きたいとのご要望をお聞きして現地調査を終了。

 

IMG_0782

ウッドデッキが完成。

IMG_0780

IMG_0781

ブロック塀が全く見えなくなる高さのウッドフェンスが完成。
このフェンスの上には、タープ用の金物を取り付けています。2階のベランダからこのフェンスへ向かってタープを張ります。

IMG_0783

こちらが新しく造りました木製立水栓と水受け。
今回も新しい蛇口は、水受けへ落ちるのと散水用ホースを繋げる口が別になっているツインタイプを取り付けています。
これからの季節には、お子様用のプールも置いて大活躍しそうですね。

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

ハンモックブランコをウッドデッキに~柏市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年6月6日

タグ: , , , , , , , ,

柏市の戸建て住宅へお住いのお客様が庭ウッドデッキのご相談で来社されました。

これままでエクステリ工事会社とウッドデッキの打ち合わせをしていたそうですが、構造計算しないで施工していることが判り当社へ連絡してきたとの事でした。
お客様は大手建設会社の技術系の社員だそうで、「デザインばかりの提案で構造計算をしていない会社は信用できない!」

当社では全て一件ごとに構造計算し設計施工しています。お客様から最終の形・仕様が決まったら見せてほしいという要望を承諾し、現地調査へ。

CIMG4450

リビング前にウッドデッキを。

IMG_0698

こちらの植栽は全て抜いて、できるだけ広いウッドデッキに。

IMG_0762

お客様のご希望その1のタープフレーム。タープは梁を利用して初めの部分は水平に前側は斜めに張っています。

IMG_0754

その2、木製立水栓と陶器製の水受け。

IMG_0746

その3、ハンモックブランコ用の梁を取り付け。タープやハンモックはお客様がご用意。

IMG_0756

ウッドデッキは鍵の字型。2面に1段ステップを付けてどこからでも庭へ降りられるように。

IMG_0757

隣家側の横板フェンス。すき間を大きく取り、お隣様とは隔て感を極力無くしています。

IMG_0766

道路側から正面を。こちらのフェンスデザインは、目隠しもそれなりにということですき間は15mmで。

IMG_0767

近くで見れば、こんな感じです。

デザイン重視というよりは、機能重視の使えるウッドデッキが完成しました。

お客様からアンケートで、
「テーブル等も発注したいと思います。
近所の方にもテクノグリーンでのウッドデッキをアピールしたいと思います。
”グッドデッキ”ありがとうございました。」

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建てベランダウッドデッキを。

 

やっぱり天然木でウッドデッキを~印西市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年5月2日

タグ: , , , , , , ,

千葉県印西市の戸建て住宅へお住いのお客様から資料請求と見積もりのご依頼をいただきました。

いただきました家の図面に書かれたウッドデッキのサイズと仕様から見積を。
十分ご予算内との事で、調査へお伺いしたのですが・・・・・採寸時の施工前写真を撮り忘れましたのでいきなり施工後の完成写真を。

IMG_0065

施工前の採寸は、図面に寸法も書かれていましたのでその確認とタープ高さを決めるにあたり窓シャッターボックスの高さを測ることだけでした。
あとは、フェンスのデザインを写真からお選びいただいて・・・・・と、打ち合わせしている間に写真の撮り忘れ。

IMG_0068

昨年、新築のこの家へ引っ越しされてから家を建てたハウスメーカーや地元のホームセンターからも同じデザインで見積もりを取られたそうですが、どちらの見積もりも人工木のデッキ。
おまけに、このタープ用の柱はなんとアルミ製とのことでお断りされたそうです。

小さなお子様がいらっしゃるので、やっぱり天然木で作ってあげたいと思われ人工木以上の耐久性(10年保証付き)があるイペへたどり着いたそうです。
昨日打ち合わせしましたお客様も、お子様の情操教育も考えると「やっぱり天然木のウッドデッキですよね。人工木を見て育ちこれが本物の木だと勘違いして大人になると・・・」と話されてました。

IMG_0072

IMG_0067

オープン部分は斜めカットして箱型のステップを置いて。これもお客様のデザインです。

IMG_0070

 

正面からのウドフェンスとタープ柱&フレーム。これにオーダーで注文されるタープが掛けられます。

IMG_0069

こちらは右側サイドから。施工前写真がなかった分、施工後写真たっぷりで。

お客様からアンケートで
「想像していたよりも良い出来で大変満足しています。
価格についてもホームセンター等の見積もり(人工木)より安かったです。」

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建てベランダへのウッドデッキを。