2ケ所の戸建ベランダデッキ~千葉市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2016年3月30日

タグ: , , , , , , , ,

昨年の秋に千葉市で注文住宅を着工されたお客様から、確認申請の図面を送付とともに見積もりご依頼いただきました。

今年になり、まだ竣工していないがベランダ2ケ所は出来上がりましたと、ご連絡いただき採寸へ。

 

IMG_1609

こちらが大きいベランダ?バルコニー?

 

IMG_1607

 

一部分には屋根がありません。どちらかというとインナーバルコニーのような造りとなっています。
天井にはダウンライトが取り付けられるようです。

 

IMG_1612

 

そしてこちらが、小さいもう一つのベランダ。
この2ケ所ともへウッドデッキをご希望。

木造の戸建ベランダの場合、防水の関係からから窓枠よりどうしても12cm以上下がった構造となりますので、出入りには結構シンドイ思いをします。

それで段差解消も含め、活用できるベランダへと”ウッドデッキ化”されるお客様が増えています。

 

IMG_1626

マンションバルコニーウッドデッキと同様にすき間無し施工となっていますので、まるでフローリング感覚!!
これも湿潤時の膨張が小さいイペだからこそ。——–他の天然木や人工木材ではできません。

IMG_1627

 

約6畳の広さのベランダです。アウトドアリビングとして、いろいろと活用出来そうですね~。

 

IMG_1628

左の壁に付いているのはトランス。100ボルトから12ボルトへ変圧して3個の床埋め込みライトへ。ウッドデッキ下へ配線し、床へライト穴を開けてますので後はお客様が購入されたらいとを差し込むだけで完了となります。

 

IMG_1621

こちらは1畳半くらいの小さなベランダ。
使用頻度は少ないかもしれませんが、部屋から見えるベランダ床が丸見えです。それが防水層剥き出しだと・・・・・・殺風景ですもんね。

2階リビングが流行している昨今、リビングに面したベランダも大きく作って、そこへウッドデッキを!・・・・・

同じく戸建ベランダウッドデッキを近々施工しますでので、完了しましたらまたこのブログで。

戸建のルーフバルコニーデッキ~千葉市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2015年9月1日

タグ: , , , , ,

今年の初めに、千葉市のお客様から戸建ベランダへウッドデッキの資料請求をいただきました。

その後、家の図面を送付していただき、概算見積もりご、現場調査へ。

 

002

 

003

 

 

出幅が3mと2.1mの出幅違いのベランダ、というより戸建のルーフバルコニー。
広さもたっぷりあります。

 

004

出幅が3mの方の掃出し窓サッシとベランダの段差は120mm。出入りするにはけっこうきつい段差です。

側面のフンンス壁をご覧いただければ、お判りの通り、しっかりと勾配が付いたバルコニーです。
バルコニーの防水を考えたら、勾配がきつい方が良いのですが、使うには・・・・・

 

IMG_1344

3m出幅の部分も今回は1枚板のユニットにて製作・施工。
使用木材はイペですので、マンションのバルコニーデッキと同様すき間なし施工です。

当然この長さだと、室内を通すことはできません。
そこで今回は、調査時にお客様と打ち合わせ行い、屋外からの搬入。

この方法は常に出来るわけではなく、条件次第となりますが、3mの一枚板施工はやっぱり良いですね!

 

 

IMG_1343

 

サッシ枠下ピッタリの高さに施工しましたので、これで出入りが楽チンに!

室外機のホースを外してO・Kとの事でしたので、今回は室外機部分はくり抜かずウッドデッキの上へ。

 

IMG_1346

排水溝部分は、ある程度の排水性と溝部分の掃除を考慮しまして7cmほどオープンにして施工。

 

面積は約16㎡くらい。工場でバルコニーに合わせて製作してますので、現場の施工は半日で完了。
現場での施工時間を短縮し、お客様の拘束時間・負担を減らすのがテクノグリーンのオリジナル工法です。

無味乾燥の防水層の剥き出し、段差が10cm以上もあると、せっかくのベランダ・バルコニーも洗濯物干場だけで終わってしまいます。

詳しくは専用の「戸建ベランダのウッドデッキ」をお問い合わせフォームからお選びの上、お問い合わせください。

 

※申し訳ありませんが、無料の資料・サンプル・写真集は関東地区のサービス地域へお住まいの方のみとなっています。

 

お客様から施工完了後、

「子どもたちと乾拭きで磨き、裸足で寝ころびながら遊んでおります。
陽射しが強い場所なので(屋根もなく雨ざらしでもあります)
何か保護材のようなものあればと考えております。
おすすめのものがございましたら、教えていただけますとご幸甚です。」

 

といただきましたので、前回のブログでも書きましたようにイペには防腐塗料は必要が無いというか無意味なので、木材保護塗料のシッケンズを紹介。
イペ材のメンテナンスとしては、保護塗料+乾拭きが最強かも。

実際数年前に、乾拭きだけでもの凄い”艶”を出しているお客様のイペのバルコニーデッキを拝見させていただきました事があります。

 

P2130013

 

施工後3年経ちましたマンションのバルコニーウッドデッキ。ウッドフェンスと室外機カバーを追加ご注文いただいた時に拝見させていただきました。

週に1~2度、乾拭きをされてるそうです。塗装していなくてもこれだけ色艶があり、表面の毛羽立もなくツルツルでした。

乾拭きだけで屋外で使用していても、新品時以上になるイペ。さすがですネ!

 

これで今回の戸建ルーフバルコニーデッキの紹介は終了しまして、次回はマンションのバルコニーデッキを。

 

 

 

迷わずイペでウッドデッキ~千葉市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ | 投稿日:2013年10月16日

タグ: , , , , ,

今年の初めに、「これから新築するのですが見積もりを」と図面を送付いただきました。
夏の終わりに、「家が完成しました。一度現地へ・・・・・。」と千葉市まで。

今回のお客様は建築設計士という事で、木材にも詳しく初めからイペでのウッドデッキを考えていたようです。テクノグリーンへウッドデッキを注文される方の中には、木材の選定から相談される方もたくさんいらっしゃいますが、建築関係の方の多くは、初めからイペを指定されてきます。やっぱり素人の方ではなかなか知りえない多くの情報を持っていたり、多くの実例を見てきているんでしょうね。

それでは早速、採寸時の写真から。

アプローチと庭画像

アプローチと庭

 

 

外構工事の大半が終わっています。

 

ウッドデッキ予定場所

ウッドデッキ予定場所

こちらがウッドデッキの設置場所。あたりまえですが、いただいた図面と寸部たがわず、採寸は直ぐ終了。こういうのは楽でいいですね。

初めは縦格子フェンスをご希望でしたが、当社で送付しました「庭ウッドデッキ実例写真集」の中から、幅狭ボーダーフェンスを気に入っていただき、変更。
図面では描いていなかったウッドデッキへの昇降は?。家全体のデザインと玄関アプローチのタイルステップへ合わせて階段ではなく2段のステップへ決定。

 

ウッドデッキの2段ステップ画像

ウッドデッキの2段ステップ

 

これが、完成した2段ステップの写真。ステップの幕板もウッドデッキ本体に合わせて150mm幅!これが床板と同じ幅だと貧相なんだよね。ここはテクノグリーンのこ・だ・わ・り

幅狭ボーダーフェンス画像

幅狭ボーダーフェンス

 

道路に面してますが、ウッドデッキのフェンスは目隠しとしての必要性はあまり無いという事で、このボーダーフェンス。
曲げ強度が通常の針葉樹の3倍あるイペは1本のボーダーにフラワーバスケットを2~3個ぶら下げも大丈夫。いっぱいハンギングされる方は事前にご相談を。・・・・・強度計算して支柱間隔を狭くします。

内側から見たフェンス画像

内側から見たフェンス

 

ご覧のように、目隠し機能はほぼありませんが、閉塞感もナシ。

IMG_0464

左正面からの写したウッドデッキですが、下は予め土間コンが打たれていました。

この新設土間コンの上にウリンやメルバウでウッドデッキを施工する気にはなれません。・・・・特にメルバウでは10年以上も前にヒドイ目に会い・・・・・ア~思い出したくない!
雨が降るたびに樹液で真っ赤になり、お客様から毎回呼び出しが掛かりそうですもんね。今回のお客様は、その辺のところも良くご存じだったので、イペにしたのかも?

というところで、今回の紹介は終了。

今回は土間コンが下地でしたが、今日も電話をいただきました「ウッドデッキの下をどう処理するのが一番?」につきましては、機会をみて改めてこのブログで。