ルーフバルコニーウッドデッキ、収納ボックスも~中野区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキとテーブル&ベンチ, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年11月4日

タグ: , , , ,

中野区の新築マンションに入居されたお客様からルーフバルコニーウッドデッキの資料請求をいただきました。

資料到着後に、
「サンプル及び施工実績資料ありがとうございました。
早速ですが、当方自宅のバルコニー及びルーフバルコニーのお見積を頂戴したく。
宜しくお願い致します。」

と、間取り図面を添付しましたメールをいただき見積書を送付。

その後、現地調査のご依頼をいただきお伺い。

CIMG3877

ルーフバルコニーは横幅10m以上、面積は25㎡の広さです。

CIMG3883

出幅はこのフェンスぎりぎりまでご希望。

CIMG3880

仕上がり高さはコンクリート梁の下までと打ち合わせし計測を。

 

CIMG3886

梁下まででも約20cmの高さになります。

ベランダウッドデッキも採寸予定でしたが、今回はベランダは取りやめて代わりに収納ボックスの見積もり依頼を。
キャンプ用具を収納される予定との事で、収納物が塗れない防水タイプでボックスの内寸の打ち合わせして現地調査は完了。

調査後の正式見積りで収納ボックスも含めご注文いただき施工へ。

IMG_1317

施工班を2班投入して1日で施工は完了。

IMG_1321

横幅が10m以上ありますと広さが感じられます。

IMG_1318

20cm嵩上げとなったウッドデッキでルーフバルコニーへ出やすくなりました。

 

IMG_1319

こちらがフルオーダーサイズの収納ボックス。内部で防水加工しています。
部材は全てウッドデッキと同じイペで製作していますので重いです。これで約100Kg近くありますので、工場で仮製作し現地で組み立てています。
そのおかげで台風がきても飛んでいく心配はありません。

注文時に施工日数を気にされていたお客様から1日での施工完了を確認されて、
「お世話になります。今回は大変お世話になりました。
職人さん、お疲れ様でした。」

と、メールをいただきました。
マンションの場合、在宅時に施工するケースが多いので日数が掛かると日程調整が大変です。
当社では工場での製作に加え、職人の人数調整で現場での施工日短縮を図っています。(当社はただの施工会社ではなく、製作・施工会社会社を名乗る所以です)

これでルーフバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

大規模修繕があり、全てを撤去したところ~墨田区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンション大規模修繕時サービス, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年9月27日

タグ: , , , , , , , , ,

墨田区のルーフバルコニーがあるマンションへお住まいのお客様からお問い合わせをいただきました。

「はじめてご連絡させていただきます。
現在、マンションのルーフバルコニーのデッキを検討しております。
広めのバルコニー(15畳程度?)なのですが、今までは30×30サイズのウッドパネルとバーセアを全面に敷き詰めておりましたが、大規模修繕があり、全てを撤去したところ、約2/3数のパネルが劣化しており廃棄しました。また、撤去の手間もなかなかの重労働だったため、今後は御社のような大規模修繕に対応されている会社に依頼して施工していただきたいと考えております。
お忙しいところ恐れ入りますが、パンフレットと木材サンプルのようなものがあれば、送付していただけないでしょうか?」

・・・・・・10年くらい前までは、このウッドパネルがバルコニーへ敷くのが流行っていましたが腐ったり、バラバラになってしまうのでさすがに最近は使われなくなってきたようですが。
下の写真は、昨年ルーフバルコニーのウッドデッキ調査時に写したウッドパネルです。こんな状態だったんでしょうか?

 

CIMG1431

ご連絡いただきました面積からの概算見積書と資料・写真集・サンプルを送付させていただいた数日後に、

「先日は、資料とサンプル木材の送付をありがとうございました。
現在、大規模修繕工事中を行っており、もしよろしければ、ルーフバルコニーの計測および見積もりをお願いできないでしょうか?」

日程を調整し、現地調査へお伺い。

CIMG2468

CIMG2483

まだ大規模修繕工事の足場がありますが採寸を。

 

CIMG2466
今までルーフバルコニーを有効に使われていたようです。
そこで今回はタイルを敷いていた部分も全部ウッドデッキ化に。またサイドの片側には目隠しウッドフェンスとタープ用の柱も。

 

大規模修繕工事が終了を待ってウッドデッキの施工へ。

IMG_0013

施工完了しましたウッドデッキとウッドフェンス。

IMG_0012

凹凸が多かった出入り口部分も綺麗に納まりました。

IMG_0015

元々あった植栽やガーデンファニチャーを戻して、これで明日からでもベランダガーデニングを再開出来ます。

IMG_0016

こちらは追加でご注文いただきました同じイペで製作しましたガーデニンググッズをいれる収納ボックス兼用ベンチ。・・・・・・・ルーフバルコニーウッドデッキのお客様からは特にご希望が多いアイテムのひとつです。

施工完了後のアンケートで、

「この度は猛暑の最中、ウッドデッキの施工をありがとうございました。
おかげさまでバルコニーライフが復活。花火大会の観賞やリラックスタイムを満喫しています。」

また、この後にメールでタープ柱や収納ボックスも大規模修繕時の預かりや再設置の対象になっていますか?とご質問いただきました。
———ご安心ください。イペ製のタープ柱やファニチャー類も一緒に預かっています。——

それではこれでルーフバルコニーウッドデッキとウッドフェンスの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキ取り替え工事を。

マンションベランダのガーデンファニチャー~渋谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキとテーブル&ベンチ, マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年7月15日

タグ: , , , , , , , ,

渋谷区のマンションへお住まいのお客様からメールをいただきました。

「間取り、写真を添付します。
概算見積もりをお願いします。
購入後9年が経過しています。大規模修繕が3年後(築12年で工事予定)となっていますので、大規模修繕時の撤去&再組み立ての概算もわかれば教えてください。

ベランダには、
エコキュートとエアコンの室外機があります。
避難ハッチはありません。
トイプードルが遊べる空間にしたいです。」
資料・写真集・サンプルと一緒に概算見積書が届いた日に、写真集に載っています室外機カバーをご覧になり、
!cid_D757890D-8D1C-41A3-ADD9-8BB9CA9C5F5F
この図面を送付いただき、室外機カバー2台分とベンチ、収納ボックスも追加見積もり依頼をいただきました。
追加見積もり後に採寸へ。
CIMG1182
CIMG1183
ウッドデッキの採寸はいつもの通り終了して、
CIMG1177
CIMG1197
室外機カバーの為の採寸はmm単位で行います。特にこの窓の網戸に掛からない高さに製作するので慎重に。
IMG_0390
観音開き戸タイプの収納ボックス。内部には棚が付いています。イペでこのサイズに作ると重量は相当重くなります。工場で製作しても重くて運べませんので分解して納入し、組立ては現地で。
IMG_0391
こちらは背なしのベンチ。室外機と室外機の間を埋めるように置いています。こちらもしっかり間を測ってオーダーサイズで製作。
IMG_0389
IMG_0385
エアコンとエコキュートの室外機カバー。ホース取り出し口を覆う高さに作ると窓の網戸にかかるので、この部分はくり抜いて製作しています。
このようにマンションでのガーデンファニチャー製作では、通常考慮しなくてもいい要素がいっぱいあり大変なんです。これを怠ると作り直し!・・・・・・何度失敗したことか。
ただウッドデッキと同じイペで作られたファニチャーは格別です。イペ製ですとウッドデッキと同様に10年保証もできますし、なによりお客様からいただく笑顔が。。。。。
IMG_0394
今回はこの子(トイプーちゃん)の遊べる空間として施工したんですが、気に入ってくれたかな?・・・・・それにしてもカメラ目線で、じっと見つめていますが、撮影してる職人がよほど怪しく見えるのかな?——-確かに”顔”は怪しい奴だけど—–
で、”怪しい職人の顔”の紹介は・・・・・残念ながら無しで今回は終了。次回は庭のウッドデッキです。