新たに扉を付けて2階ウッドバルコニー~野田市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキとテーブル&ベンチ, ウッドデッキ用木材について, 最近の施工事例, 2階建てバルコニーデッキ | 投稿日:2017年8月16日

タグ: , , , , , , , , ,

千葉県野田市にお住まいのお客様から「2階へウッドバルコニーを計画しているのですが・・・・」と、お電話いただきました。

お話を伺いますと、2階部分へ横幅7mの奥行き2.4mの2階建てウッドバルコニーを作りたいが、築9年の家でその場所にはバルコニーへ出入りするとが無いとの事。
当社でも壁を開口して新たに扉・戸を作ることは出来ますが、「まだ10年保証も残っていますし諸々を考えると建てたハウスメーカーに相談されてから如何ですか?」とアドバイス。

それから1ヶ月ほどしましてハウスメーカーと打ち合わせが終わりましたとご連絡をいただき、調査・採寸にお伺い。

P6230072

こちらの面の2階にウッドバルコニーを作る予定ですが、ご覧のように小窓、腰窓しかありません。この小窓部分を開き戸にします。
施工順としては先にウッドバルコニー施工し、それを足場として壁の開口・扉を取り付けるとの事。
ハウスメーカーから事前に、サイディングのカット部分が提示されていましたので、それに合わせて現調と打ち合わせ。

 

P6230073

その前に柱が建たないように1階部分の窓と勝手口の扉の位置を測ります。

P6230069

柱1本は元々あった庭のウッドデッキを避ける訳にはいきません。
やっかいな事に人工木なのでその場所の床板1枚だけとはいかず、端から全部外しての柱基礎と柱建て工事なります。
ちなみに、この庭デッキで人工木は経験しているので、今回のウッドバルコニーは、なんとしても”天然木”でというご希望で耐久性一番のイペを選択されました。

採寸後に、フェンスのデザイン等と基礎工事日、その後の本体工事スケジュールを打ち合わせ。

では、施工完了後の写真を。

 

IMG_0362

完成後の全体写真。

 

IMG_0360

奥側と全面一部のフェンスは高さ1.8mにして目隠しに。

 

IMG_0361

オプション付けられたのは、タープ用の柱と4面に回したフレーム。それと竿掛け金物とハンモック用の吊環。

 

IMG_0363

IMG_0364

 

こちらサイドのフェン高さは1.2m。板間すき間は10mmです。

 

IMG_0359

テーブル&ベンチセット。こちらは施工に入る直前に、在庫があればという条件で追加ご注文いただきました。

IMG_1050

直ぐに工場で写真を撮り、お客様へメール送付しましてご確認いただきました。
ちょうどご希望のサイズの在庫があって良かったです。なんせ非常に重たいので、施工中の仮設足場があるうちにデッキ上に運ばないと・・・・・・

 

これで2階建てウッドバルコニーの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキです。

 

 

 

 

 

盛りだくさんのウッドデッキ~藤沢市~施工完了編~

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキとテーブル&ベンチ, 一戸建て庭ウッドデッキ | 投稿日:2013年5月16日

タグ: , , , , , ,

さて前回の続きで神奈川県藤沢市の”盛りだくさんウッドデッキ”が完成しました。

何が盛りだくさんかって?お客様は当社へ資料請求してから1年、写真集に載っているオプションのほとんど全てを一緒に施工する計画を立てていました。

最初にウッドデッキと一体化した目隠しフェンス、それに続く独立フェンス、階段、庭の入口にはシェードを取り付けるアーチ。ウッドデッキの上にはテーブルとベンチ、そして立水栓、ウッドフェンスには物干し竿掛け金物、最後にハンモック用のフックも取り付け。そうそうウッドデッキの下には猫侵入防止用の柵も取り付け、オプションが盛りだくさんとなりました。

なんか取り付けを忘れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤでしましたが、無事完了。

それでは完成写真から。

ウッドデッキと目隠しフェンス

ウッドデッキと目隠しフェンス

ウッドデッキ自体が約30㎡近くあり広々としています。ワンコの遊びスペースになります。

ウッドデッキから続く独立フェンス画像

ウッドデッキから続く独立フェンス

隣家側のウッドデッキと繋がった独立フェンス。最近テクノグリーンが施工する庭ウッドデッキのフェンスデザインではこのタイプが一番多く採用されています。それなりに目隠し効果があり、圧迫感はそれほどでも。という感じが、人気の秘密です。独立フェンスの部分は下まで貼ってブロック塀を隠しています。

ウッドデッキ正面から

入り口側には階段。奥側の隣家側にもフェンス。これでプライベート空間の出来上がり。ちなみにウッドフェンス高さは1.5mです。

庭入り口のアーチ画像

庭入り口のアーチ

アーチの上部にはシェード(カーテン)を掛けるフックを取り付け。ウッドデッキでバーベキューや食事をする時は、ちょっと引っ掛けるだけで外界からは全く見えない空間に早変わりします。

ベンチ&テーブルセット

もちろん全てイペで製作しています。通常のサイズよりテーブルは大きめに作り、ベンチも4脚。これで四方から囲めて使えますので、大人数の食事でもO・K。ウドオデッキが大きいので、5点セットを置いても余裕のスペースです。

ステンレスと陶器の立水栓画像

ステンレスと陶器の立水栓

今回は食事の時の手洗いが主な使用目的と言う事で、床上に水受けを置くタイプではなく、このように立って使えます。これが本当の”立水栓”かな?・・・・・バカいってんじゃないよ!

ウッドデッキにつけた物干し金物画像

物干し金物

物干し金物を取り付けた支柱は少し高くしてあります。フェンス上部に見えますのがハンモック用金物。

アプローチデッキ

アプローチデッキ

階段前には既設の外水栓があり、この蛇口も二股に交換させていただきました。また、ここがワンコの足洗い場にもなりますので、アプローチデッキはスノコ状に作ってあります。

施工に入るまでに、メールと電話でのやりとりでオプションの追加やら、付ける位置を何度か変更になりましたが、取り付け忘れもなく無事に完了。

テクノグリーンの資料と写真集を元に、1年間ご計画されただけに満足いくウッドデッキを手に入れられたようです。

完了後さっそく、お友達や親戚の方をお招きになって食事をウッドデッキ上でされたようですが、皆様から「イペ材もさることながら、細かいところまで行き届いた作りですね」と評価も高く、ご自慢のウッドデッキになったようです。

ということで藤沢市の庭ウッドデッキは終了。検討するための写真集・資料のお問い合せはこちらから。

次回はマンションのウッドデッキです。

隣家との目隠しウッドフェンス~松戸市~前編

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ | 投稿日:2012年10月28日

タグ: , , ,

隣家との目隠しフェンス。当社へお問い合わせいただく中でも、この目隠しフェンスに関する事がけっこう多いですので紹介させていただきます。

今回のお客様もリビングが、庭と境界ブロックを挟んで隣家の勝手口、お風呂窓、台所窓等が、ずら~っと並ぶ配置となっている面に接している状況でした。

この庭にただウッドデッキを作っても、何か落ち着かない!目隠しをしたい・・・・・他のお客様もだいたい同じパーターンのご相談です。

それでは、打ち合わせ・調査時の写真から。

車の後方が庭です

車の後方が庭です

車の後ろ側が庭となっています。向かって左がお客様の家、右側が庭に接している隣家となります。

入り口側から見た庭

入り口側から見た庭

ウッドデッキの出幅は境界ブロックまで、横幅は設置してある物置までがご希望です。そしてウッドデッキの高さは「室内との段差ができるだけ小さくしたい!」とのことで、窓枠下端の仕上げとします。

奥側から見た庭と駐車場

奥側から見た庭と駐車場

入り口の方は家の端部までウッドデッキとし、ウッドフェンスは実際リビングに立っていただき隣家の窓からの視線が気にならなくなる範囲までを目処として長さを決定。

採寸も仕上がり形状・デザインの打ち合わせも終了して、お客様からは使用する木材はハードウッドのイペにて見積りをご要望。

以前にオーストリア・サイプレスにて見積りしていただいてたそうですが、2つサンプルを見比べてイペ材に決定されたようです。価格は若干、高くなってしまいますが・・・・・。

当社でもサイプレスで施工しますとイペより10%以上安くできますが、10年保証はできません。あらかじめ「10年保証無し」を説明させていただき、ご了承いただいた場合にのみサイプレスでの施工をさせていただいています。

それにしても、まだオーストラリア・サイプレスを「ハードウッド」と称して販売している会社があるんですね。その情報を信じていた方が、ホントの事を知るとビックリし、またその会社に対し不信感を抱くようです。・・・・・ウッドデッキ業界?全体の信用を落としそうで、それが怖いです・・・・・

木材の分類呼称ではハードウッド=広葉樹です。サイプレス(ヒノキ)はジャパニーズ・サイプレス(とは一般的には言いませんが、国産ヒノキです)もオーストラリア・サイプレス(豪州ヒノキ)も同じヒノキ科でソフトウッド=針葉樹です。

よくサイプレスを「ハードウッドの中では硬くないほうで加工し易い」という表現が使われていますが、「ソフトウッドの中では硬いほうの木」と言うのが正しいんじゃないかと思ったりもします。

ちなみにハードウッド(広葉樹)=硬木というわけでもありませんので、なおさら話が難しくなっって迷っちゃう訳ですよね。特に私のように横文字が苦手という人には。

今回も横道ヘそれた上、迷い道までいってしまいました。・・・・行数も時間もなくなりましたので、本題の続きは次回で。