現場に合わせてきれいに作って~練馬区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年7月19日

タグ: , , , , , ,

昨年末に中古マンションを購入され、今年の初めに引き渡しを受けたお客様の現地調査へ。

CIMG4331

ルーフバルコニーが2ヵ所に分かれ、そのうちの1ヵ所のこちらは窓前に段差を無くすステップをご希望。

CIMG4339

こちらがもう1ヵ所のメインとなるルーフバルコニーなので全面にウッドデッキをせこうします。

CIMG4340

向こう側にあるベランダとの仕切りのコンクリート梁部分もカバーして隠します。
珍しくルーフバルコニーへ避難はしごもありますが、こちらは蓋加工へ。

CIMG4348

ベランダ側からみるとこの梁は高さがありますので、こちら側には1段のステップを。

CIMG4346

最後はリビング前のベランダにもウッドデッキをということで、それぞれの採寸を。

採寸後の見積もりで全てご注文いただき、室内の4か月のリフォーム完了を待ちましてウッドデッキの施工へ。

IMG_0167

前のお住いで使用していたウッドデッキがすでに置かれていました。これににつなげ段差解消用に新たに施工しましたステップ。

IMG_0169

メインのルーフバルコニーウッドデッキ。

IMG_0171

同じイペ材で施工しました梁部分へのカバー。梁をこうして隠しますと雰囲気が、がらっと変わります。

IMG_0170

梁カバーとベランダ側に設置したステップ。

IMG_0172

ベランダ側から見た梁カバー。こうしてみるとベランダとルーフバルコニーが一体化した感じになります。

IMG_0173

最後にベランダのウッドデッキを施工して完了。

マンション購入時点で資料請求と間取り図面を送付いただいて、何度かメールで打ち合わせをし半年以上を掛けて無事にお望みの形のウッドデッキを手に入れられたお客様からアンケートで、
「現場に合わせてきれいに作っていただけました。
マンションですがメンテナンス・預かりのサービスがあるとのことで、
安心して広めに施工をすることができました。
時期が来たらお願いします。」

と、いただいたところで次回はマンション大規模修繕時サービスの紹介を。

 

ルーフバルコニーの花壇~練馬区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年10月4日

タグ: , , , , ,

昨年、練馬区のマンションへお住まいのお客様から、ご自分でルーフバルコニーの大きさを測りそれを図面にして資料請求時に送付いただきました。

!cid_161f996400522a6e72c1

図面と一緒に送付いただいた現況のルーフバルコニー写真。

 

!cid_161f996a7d7e2ae0fcc2

こちらがお客様が描かれた図面。

最近、このように寸法を入れた手描きの図面を写メで送付いただく方が増えてきました。
採寸された数字さえあれば線が曲がっていようがズレていようが、見積もりするにあたっては何の問題もありません。(当社の担当者が採寸した時の原図も、こんなもんです)

この図面からの見積書と一緒に資料とルーフバルコニーの写真集とイペのサンプルを送付させていただくと、イペの風合いと耐久性を気に入ったお客様から現地調査のお申込みをいただきました。

CIMG3204

お客様の御希望のウッドデッキ高さは、窓下のコンクリート梁の上まで。

CIMG3210

CIMG3211

一部壊れてしまっていますが、コンクリートブロック製の花壇があります。この部分を欠き込んでウッドデッキにします。

CIMG3212

採寸後、お客様のお話をお伺いすると新築分譲時にこの花壇だけではなくウッドデッキもこちらに敷設されていたそうです。
それが数年前から腐ってきていたので、少し前の大規模修繕工事に合わせ撤去されたままとなっていました。

新築時に設置されていたという事でウッドデッキも管理組合の所有となりますので、発注は管理組合となります。
管理組合発注の場合は、理事会と組合総会の協議と決定が必要となり、施工はその結果が出てからという事で約半年後の工事となりました。

———-またその間に理事会と管理会社からの要望で、理事会で材料と施工についての説明をさせていただきました。(これは組合員の積み立て費から支出する以上、必要な事となります。)
耐久性が高く、実績も豊富にある事、次回の大規模修繕時の保管等々とご納得いただきました。10年保証書は管理組宛てに提出する事で理事会のご了承をいただき施工へ。

IMG_1291

花壇部くり抜いてのウッドデッキが出来上がりました。

IMG_1289

こちらのルーフバルコニーは奥行きが5m近くもあります。

 

IMG_1290

IMG_1288

前のウッドデッキは高さが花壇のブロックより低かったそうですが、今回はそれより高くしてブロックを隠しました。コンクリートブロックの花壇なんて無粋ですもんね。

 

IMG_1292

上の階の通路から撮った写真。青いウレタン防水層の1枚目の写真と見比べてみると・・・・・・・・・

これでルーフバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

ウッドタイルをウッドデッキに~練馬区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年7月5日

タグ: , , , ,

2年ほど前に戸建ベランダへのウッドデッキ資料と概算見積もりを送付していました客様から、

「以前、見積りを依頼しました○○と申します。
家族会議の末、概ね予算が叶いましたので、
現調、採寸をお願いしたいと思っております。」

調査日を打ち合わせしてお伺い。
CIMG3739
ベランダへはウッドタイルが敷かれていました。
CIMG3735
DIYでウッドタイルを敷いてみたものの・・・・・・・というお客様は、戸建のベランダでは過去にも何人かいらっしゃいました。
CIMG3737
市販のウッドデタイルだとこういうパイプ廻りとかの役物部分は、なかなか綺麗に仕上げるのは大変です。
CIMG3738
何よりもウッドタイルでは高さの嵩上げが出来ないので段差の解消にはなりません。
それでウッドタイルから”本格ウッドデッキ”へ,といことで当社へご注文いただきました。
IMG_1228
室内から見たベランダウッドッデッキ。
IMG_1232
IMG_1231
1枚長尺物で施工したかったんですが、外からの搬入も出来ない立地条件の上、室内搬入では階段部分で長物はやっぱり入らず、やむなく半分の長さにカットしての製作施工となりました。
ただ同じ板が並ぶように製作しています。継ぎ目があっても木目は合っていますのでなんとか1枚板のように見える?
IMG_1233
高さは140mm嵩上げし窓枠したの高さに。
パイプ廻りは丸くカットして終了。
施工後お客様アンケートで、
「短期納期、短時間施工で、精度も完璧な仕上がりでした。
家族も大満足です。」
これで戸建ベランダへのウッドデッキの紹介は終了。次回はルーフバルコニーウッドデッキを。