庭がないので駐車場の上へウッドデッキ~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:最近の施工事例, 駐車場上ウッドデッキ | 投稿日:2015年6月19日

タグ: , , , , , , ,

今回の紹介のウッドデッキは駐車場上のウッドデッキ。

昨年の夏に、ご夫婦でこれから千葉県松戸市に建てられる予定の敷地・建築計画図面を、お持ちになってご来社いただきました。

工務店と建築契約が終わったばかりというその図面。
道路から1段上がった敷地に家が建つ予定ですが、道路に面した駐車場は2台分となっていますので、庭がほとんどない計画となっていました。

アウトドアスペースが欲しいお客様は、家を建てる予定の工務店やホームセンターへも相談したらしいですが、提案されたのは人工木のウッドデッキばかり、ついでに10年保証もない。

どうしても天然木で10年保証付きの駐車場上ウッドデッキをご希望のお客様はネットで当社へたどり着いたそうです。(このブログかも?)
当社から送付させていただいたイペ材を手にとり「これだ!」と、ご来社いただきました。

打ち合わせスペースには、現在施工取り扱いしている他のハードウッド(マサランドゥーバ、イタウバ、ウリン、クマル、セランガンバツ)や人工木材も置いてありますので、ご来社いただければ実際手に取り比較検討して頂けます。
ただ、手に取って比較されると、お客様は、たいていイペを選択されます。今回のお客様もご多分にもれず・・・・少々高くなりますが、同じハードウッドといっても見た目も質感も全然違いますからネ。ついでに耐久性も。

ご予算内で出来る大きさと、フェンスデザインを打ち合わせさせていただき、ご契約。

まだまだ着工は先だという事でしたが、時間がある時に敷地だけチェック。

P9170068

敷地の土留め擁壁は出来上がっていましたので、駐車場のサイズと高さ関係の確認。図面通りです。

 

P4210003

そして半年後、「竣工しました」と、ご連絡をいただき、現調・採寸へ。
こうしてみると、窓から駐車場まで、本当に距離が無い事が判ります。
掃出し窓高さへウッドデッキを仕上げますので、駐車場からの高さは約2.4m。
2階から出入りするウッドバルコニーからすると高さは低いのですが、テクノグリーンでは2m以上の高さがある場合、昨今の地震の多さも考慮して、100角の柱と専用の柱金物を使用する事が標準仕様。

今回のお客様もいろいろ調べて、この安全性を重視している当社に決められた一因のようで、「柱金物を使用してください!」

P6140021

 

はい。これが間違いなく使用しました柱金物と100角のイペです。
柱金物はコンクリート土間を斫った上に下を掘り込んで基礎を新たに打設して埋め込み取り付けています。

簡単に既設の土間コンに柱を建てたり、90角の柱を使う方法もありますが、一番重要な柱部分でコストダウンしてもしょうがありませんから。

 

P6140022

完成しました。
お客様の御希望でありました縦格子フェンス。これはご来社のおりに、100ケ所以上載せてある写真集をご覧になり決められました。

当社でも駐車場上ウッドデッキでは久しぶりの縦格子フェンスでした。
このフェンスも工場で製作してきているので、施工日数は1日半。2日めの午前中に完了引き渡し。

P6140014

 

P6140011

 

IMG_1251

庭に出ると足1歩で駐車場へストンという状況が、こんなにスペースを確保できました。
物干しはもちろん、鉢植えを置いたり、お茶するスペースとしても充分な面積です。

最後に前面からの全体写真を紹介しまして終了。

 

P6140018

 

 

 

 

 

 

ログハウスのウッドデッキが腐ってきて~小美玉市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 戸建てベランダウッドデッキ, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2014年6月3日

タグ: , , , , , ,

今回の紹介は茨城県小美玉市のお客様。ログハウスを建てられた時に一緒に作ってもらったウッドデッキの取り替え工事です。

築10年ちょっととか。木材は防腐注入された材料を使用していて、家と同様に手入れをしていたようですが、数年前から床板が抜け落ち交換もしていましたが、フェンス部分も腐り始めて・・・・。
そこで今回は使用する木材を充分に検討して、耐久性に優れたイペ材で。

そういえば、この頃お客様から「ハードウッドは全部同じように耐久性が高いんでしょ?」と聞かれますが、答えは「ノー!」です。
正解は「ハードウッドの中には非常に耐腐朽性が高い樹種がある」です。

特に「海外で何十年も腐らず使用されているから大丈夫」な~んて情報で、耐久性があると思っていると大間違い。海外では50年腐らないはずの木で作った木橋が10年もしないで落橋した例もありますし・・・・。
気候風土が違う日本では、日本のJIS試験方法に則った試験と10年以上の実証結果で判断するのがベストと思いますが・・・・・・。

テクノグリーンでも、数種のハードウッドでデッキを施工していますが、上の2つをクリアしたイペ製のウッドデッキのみ、10年保証しています。
実際にJISの腐朽試験を行ったそのデータと、創業から18年間、施工してきた経験を基にした10年保証です。

 

話がそれましたので、戻しまして現地調査・打ち合わせ時の写真から。

 

 

広い庭のウッドデッキ

広い庭のウッドデッキ

 

先々月このブログで紹介しました同じ茨城県笠間市のお客様と同様に広~い庭にデッキがあります。

006

 

一見すると、まだまだ大丈夫?

 

床板の腐れ画像

床板の腐れ

 

防腐注入材でもこのように腐っています。やっぱり木口が弱いですね~。

 

フェンスの腐り

フェンスの腐り

実はこの縦格子フェンス、横桟と格子材はテクノグリーンで行う留め方と全く同じ方法で雨水を抜けやすく製作してあったので、この部分は腐っていませんでした。
・・・・・・・ただ残念ながらフェンス笠木は面で雨を受ける関係から水が溜りやすく・・・・・・防腐注入木材の限界か?

お客様との打ち合わせで、ウッドデッキ、フェンスデザインは今までと一緒。一部フェンスの取り付け位置と、階段をステップへ変更。
ログハウスに住まわれているくらいですから日曜大工、DIYはおてのもの。
道具もお持ちのようで解体撤去は、お客様が担当。施工に入る前週の休日に「完了」しました!」と、写真添付のメールでご連絡いただきました。

 

いただいた写真が下2枚。

ウッドデッキ撤去後の全体

ウッドデッキ撤去後の全体

 

残った束石

残った束石

 

隅の束石だけは、家基礎と一体化していて撤去できなかったそうです。・・・・こうして事前に連絡いただきましたので、対処が楽になりました。

 

いざ、こちらの施工の出番です!

 

施工途中?ハシゴ?

施工途中?ハシゴ?

 

なんで庭デッキなのにハシゴが要るんだ?

 

2階ベランダ

2階ベランダ

 

実は、2階ベランダの床材も同じ防腐注入木材を使用していた為、イペ材での交換を追加ご注文いただいてました。

縦格子フェンス付デッキ画像

以前と同じ縦格子のフェンスデザインです。高さは1m。これも全く一緒。

1段ステップ

1段ステップ

ささら階段をステップへ変更。
階段も作り方を間違えると腐りやすい部分のひとつです。

 

縦張の床板

縦張の床板

 

板張り方向は横張りだったのを縦張へ変更。出幅が3.3mでしたので長尺の1枚板で。

 

という事で、今回は縦格子フェンス付ウッドデッキの紹介でした。

次回は目隠しウッドフェンスをメインとした工事の紹介です。もちろんウッドデッキもあります。お楽しみに。

 

 

動物愛護団体のワンコウッドデッキ~葛飾区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:その他, ワンコ・ニャンコとウッドデッキ | 投稿日:2013年9月5日

タグ: , , , , , ,

今回の紹介は個人邸の庭ウッドデッキではなく、非営利の動物愛護団体「一般社団法人アルマ」様が運営する東京都葛飾区にあります「アルマ東京ティアハイム」という動物シェルターでのウッドデッキです。

実はこのブログで以前紹介しました、習志野市の駐車場上ウッドデッキのお客様が、こちらでワンコの里親になりました縁が始まりです。
同団体の代表がこちらの「里親」様へお伺いした時、このウッドデッキを見て気に入り、お電話をいただきました。「すぐにでも見積もりにきてくださ~い」・・・・代表は決断も行動も早いようです。

他のお客様との打ち合わせ後、直行で行ってみますと、

広い庭

ひろ~い庭です。奥の方は横にも十分な広さ。

掃出し窓前

このように掃出し窓前は、コンクリートテラスと沓石が置かれている状態ですので、部屋から出入りさせるには何匹もの大型犬や小型犬といろいろいますので大変なようです、とういうより出来ないでいるようです。・・・・・ハイ、当社にもヤンチャなワンコ社員が二匹いますが、二匹でも手に余ってるので・・・・・・こちらの団体の皆様の活動は本当に大変です。(是非、こちららもご覧になりご協力を)

奥川から見た庭

この広い庭をワンコの為に有効利用したい!一部ドッグランを考えた芝生にし、残りをウッドデッキにしてワンコの遊び場兼、里親希望の方とここで触れ合える場所にしたい!というご希望を叶えるべく大きさや設置位置、フェンス高さ・デザインを打ち合わせの後、何度かの電話・FAXでの打ち合わせ後にいよいよ施工。

ワンコ用ウッドデッキ画像

完成したワンコ用ウッドデッキ

この広さは42㎡となります。横幅10m強、奥行きは4.2m。
4.2mの長尺板を床板に使っていますので継ぎ目無し。ワンコの爪が引っかからない為の配慮から、板と板とのすき間も開けずに施工しています。これは水に浸けた時の膨張試験から、導き出されたイペ材だけが可能な施工方法です。これはワンコ用ウッドデッキには必須の工法と考えています。

ウッドデッキと縦格子フェンスの画像

ウッドデッキと縦格子フェンス

扉付ウッドデッキ画像

扉付です

上の写真は扉が閉まっている写真。下が扉が開いている写真となります。室内からは玄関を通らずウッドデッキから散歩にも出られるようにしています。

奥側のフェンスと扉

奥の方はウッドデッキにせず、これから芝生なんかにして、ドッグランも楽しめるのかな?

今回は小型犬の逃走防止も考え、縦格子フェンスのすき間は通常より狭くしています。

と、ウッドデッキは完了したのですが、代表から「ウッドデッキと反対側の通路にも逃走防止用の扉が必要」

通路の扉画像

通路の扉

はい、こちらは当社からの寄付という事で無償で施工。

ウッドデッキが出来上がってからの利用状況はアルマ様のブログで! ワンコ達の嬉しそうな写真がたくさん見れますよ!