植栽スペースのあるテラスへウッドデッキ~品川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:バルコニー ウッドデッキ, マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年4月10日

タグ: , , , , , , , ,

昨年施工させていただきましたコーポラティブハウスのルーフバルコニーウッドデッキをご覧になったお客様から見積もりご依頼いただきました。

「テラスへのウッドデッキ設置を検討しております。
同じマンション内でテクノグリーンさんにお願いしている住人がおり、ご紹介をいただきご連絡させていただきました。

取り急ぎ添付資料の内容にて、お見積りをお願いしたくご連絡を差し上げた次第です。

<留意点>

・テラスの形が不整形です。
・テラスと室内で約140mmのレベル差があります。
レベル的には室内とフラットになるようなイメージですが、雨水勾配の不陸にどこまで対応できますでしょうか?
・赤丸の雨水枡があり、テラス内には雨水勾配があります。

→デッキの隙間がないとのことですが、隙間から浸透して排水ができると理解して大丈夫でしょうか?また、雨水桝上部はメンテナンス用にオープンにできるような仕様を希望いたします。

・室外機カバーのオプションは花台付をご想定願います。
・シンボルツリーがあり、円形にくりぬく形状を希望します。」
添付いただいたテラス部分の図面と現況写真とご連絡いただいたご要望を元に見積もり後、ご注文いただきお伺いさせていただきました。

CIMG5423

CIMG5424

分譲マンションと違い、コーポラティブハウスは各戸すべて間取りも違い、今回のお客様のテラスは三角形に近い不整四角形です。
今までウッドパネルの上に人工芝を敷かれてテラスを使っていましたが、室内との段差と傾斜を解消できずにいたところ、当社のイペ製ウッドデッキをご覧になって交換することを決められたそうです。

CIMG5427

こちらが植栽スペースで樹木が植えられています。
打ち合わせ時に円形くり抜きではなく角にくり抜きの上、幕板を張ることに変更となりました。

 

IMG_0307

完成後の植栽スペース。

IMG_0305

写真ではよく判らないどですが、2個所に排水点検口用の蓋を付けています。

 

IMG_0306

室内と同じ高さと水平に仕上げて段差と傾斜は解消されました。

IMG_0309

正面に見える花台兼用の室外機カバーを設置して施工は全て完了。

これでコーポラティブハウスのバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建て庭ウッドデッキを。

 

1階タイルテラスと2階バルコニーへ~世田谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:バルコニー ウッドデッキ, 一戸建て庭ウッドデッキ, 戸建てベランダウッドデッキ | 投稿日:2020年9月11日

タグ: , , , ,

3年ほど前に屋上ウッドデッキを施工されたお客様から、ご親族の戸建て1階テラスへのウッドデッキ見積依頼をいただました。
ご親族の方が、世田谷区の戸建てへ引っ越しされるので当社のウッドデッキを紹介いただいた次第です。

まだ引っ越し前でしたが引き渡しを受けていましたので、その親戚のお客様と立ち合い調査へ。

CIMG4729

CIMG4737

奥行き1.8m、横幅11mの広いタイルテラスの上をウッドデッキに。

CIMG4734

室内からタイルテラスまでの段差を解消したいのと、暖かみのある素材のテラスを作りたいとのご希望です。
こちらの採寸を終えると案内されたのがこちら。

CIMG4723

 

CIMG4728

2階のバルコニーですが防水がむき出しのままですので、こちらもウッドデッキにして活用したい!・・・さっそく採寸を。

両方ともご注文いただき施工へ。

IMG_0212

家の端から端までの広いウッドデッキが完成。

IMG_0206

屋根の柱と竪樋部分はくり抜いて施工。

IMG_0211

さっそくオシャレなテーブルと椅子を置いて・・・・様になっていますね。

IMG_0195

 

IMG_0200

2階のバルコニーもこの通り。元のバルコニーと全く違った”別物”となりました。

お客様から、
「見違えるようにキレイになりました!」

とアンケートで一言。

これで戸建てタイルテラスと2階バルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションルーフバルコニーウッドデッキを。

家の価値が数倍にも上がった気分です~中野区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:バルコニー ウッドデッキ, 屋上ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年1月5日

タグ: , , , , , , ,

東京都中野区にある鉄筋コンクリート3階建の中古住宅を購入され、リノベーション後にお住まい予定のお客様から屋上ウッドデッキの資料請求と見積もりご依頼をいただきました。

図面は2階、3階のバルコニーと屋上へのウッドデッキが予定されており、数回の図面での施工範囲を打ち合わせと見積もりのやりとり。
その後、リノベーション工事の打ち合わせ時に一緒にウッドデッキの現調打ち合わせを。

 

CIMG1320

こちらは2階のバルコニー。パラペット高さまでウッドデッキを嵩上げ施工します。

CIMG1328

こちらは3階のバルコニー。1ヵ所は収納庫を置くスペース、1ヵ所は植栽スペースとなる部分になるので、その2ヵ所はくり抜き施工となります。

 

CIMG1325

 

CIMG1326

屋上に上がる階段はこの3階バルコニーにあります。

CIMG1330

こちらのウッドデッキはサッシ高さまで。

 

P6170012

 

屋上から見た3階バルコニーです。

 

P6170001

階段を登り切ったところから見た屋上。

 

P6170007

こんな感じで屋上と階段は繋がっています。

 

P6170006

 

屋上のこの部分をウッドデッッキにします。こちらも仕上がりの高さをお客様と打ち合わせして現地調査は終了。

この後リノベーション工事に着手して3か月後に外壁と屋上の防水工事完了の連絡を受けて、いよいよ当社のウッドデッキ工事へ。

 

IMG_0493

2階バルコニーのウッドデッキが完了。パラペット高さに仕上がっています。

 

IMG_0512

3階バルコニーから見た2階バルコニーウッドデッキ。

 

IMG_0508

 

IMG_0507

3階バルコニーのウッドデッキ、お客様と打ち合わせしました場所、サイズにくり抜き施工しています。

 

IMG_0504

室内から見た3階バルコニーウッドデッキ。良い感じですね。

 

IMG_0501

屋上から見た3階のウッドデッキ。

 

IMG_0496

最後は屋上のウッドデッキ。

 

IMG_0500

こちらに飛び出している金属の棒は、現調時になかった防水の脱気筒。防水工事完了後に連絡を受けて若干設計を見直して製作しています。

 

IMG_0499

屋上全部ではなく、使用する部分のみを正四角形にウッドデッキをつくりました。
凹凸があったり、正四角形でないと材料ロスが多く出ます。お客様と打ち合わせの上、できるだけロスが少なく㎡単価が安くなるよう提案させていただきました。

 

初めはイペ材をご存じなかったお客様は、屋上ウッドデッキの写真集とイペ材のサンプルをご覧になり、すっかり気に入っていただきご注文いただきました。

施工完了後にメールで

「この度は施工完了ありがとうございました。
まだ、内装工事自体が完成していないので、
ウッドデッキを存分に楽しめていないのですが、
それでも、このウッドデッキができたことにより、
家の価値が数倍にも上がった気分です。

最初に施工されたものを見たときの興奮が今でも冷めずにおります。
本当にありがとうございました。
早く屋上で一杯飲みたい気分です。」

この気分、よく判ります。ウッドデッキで一杯・・・・・・・

次回はマンションバルコニーウッドデッキの紹介です。