生まれ変わったベランダを楽しんでます~文京区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ベランダウッドデッキと木製フェンス, マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年7月8日

タグ: , , , , , , ,

資料請求いただいていた文京区のマンションにお住いのお客様から、ご自分で測りましたサイズから電話で見積もりを依頼されました。
いただきましたサイズから概算見積もり後、仮ご注文をいただき調査採寸へお伺い。

CIMG4526

 

出幅もそう広くない上に、窓前に避難はしごがあるのでほとんどベランダを使うことがなかったそうですが、使えるベランダ改装を思い立ったそうです。

CIMG4528

こちらの避難はしごのハッチが窓に近い!いつもの造り方だと蓋が開かなくなるので今回は板方向は横張にすることに。
幸い室内のフローリングも横張で、お客様も横張希望でした。・・・・基本、縦張りのほうが継手がなく綺麗に仕上がるのですが。

CIMG4529

このコンクリートの壁はウッドフェンスで隠します。こちらも事前に概算見積もりしていました。追加で室外機へはカバーも。
採寸後語の見積もりも概算見積もりとそう変わらずで、正式ご注文いただいて施工へ。

IMG_0778

施工完了後のウッドデッキとウッドフェンス。避難はしごハッチを隠すだけで俄然広く見えます。

IMG_0774

上から見るとこんな感じ。

 

IMG_0777

今回の施工は室内から見える範囲の室外機までで、狭くなるベランダは施工していません。

IMG_0775
室外カバーの前面はルーバーは無しの特殊タイプで製作。・・・・・ルーバーの厚みで狭くなり通れなくなるので、これでぎりぎり通れるとの事でした。

 

IMG_0779

室内から。
避難はしごも、コンクリ-ト壁も、室外機もみんな無機質なものがこうして天然の木材で隠されると別空間に生まれ変わります。

施工後、お客様からメールをいただきました。
「お世話になっております。
先日は、ウッドデッキの施工ありがとうございました。

早速、生まれ変わったベランダを楽しんでおります。」

これえマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建てベランダウッドデッキを。

2年前施工のベランダウッドデッキ~文京区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, マンション大規模修繕時サービス, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年5月26日

タグ: , , , , , ,

2年前に施工させていただいたお客様からお電話をいただきました。

「予定通り、大規模修繕工事が始まりますので取り外しをお願いします。」

2年前に施工する時点で、この時期の大規模修繕工事があることは決まっていましたが、その間もウッドデッキのある生活をしたいということで施工させていただきました。

今回は取り外し前の写真を撮っていなかったので、2年前の新設時の写真を1枚。

IMG_0254

ウッドデッキ施工が終わり植木鉢を元に戻して終了したところ。(2年前の施工時)

 

IMG_0481

こちらが再設置後の写真。・・・・・オプションで塗装を頼まれました。

IMG_0474

室外機カバーも塗装。

IMG_0476

イペで室外機隠しの衝立も製作していましたが、こちらも一時保管していました。

IMG_0480

このフェンスも。

IMG_0471

施工後2年での大規模修繕工事後の再設置が完了。

たまにお客様から大規模修繕工事が何年後の場合、ウッドデッキ施工する?しない?のご質問を受けますが、今までの経験からするとこの2年後が分かれ目になっているような気がします。

これで大規模修繕時サービスの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキの”新設”の紹介を。

収納庫があるベランダ~文京区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年10月9日

タグ: , , , , , ,

東京都文京区のマンションへお住まいのお客様からお電話をいただきました。

「横幅330cm×奥行き165cmに避難ハッチがあるベランダへウッドデッキを施工するとおいくらでしょうか?」

横幅と奥行きが判れば、マンションのベランダウッドデッキの概算見積もりはプログラムで直ぐに計算できます。
2~30分後に折り返しで電話で見積もり金額をお伝えしますと、近日中の現地調査依頼を受けて担当者がお伺い。

CIMG3049

確かに窓前には避難ハッチがあります。エアコンの室外機も持ち上がりそうなのでウッドデッキを下に敷く事が可能なようです。

CIMG3054

ウッドデッキは室内の跨ぎ框の高さにする打ち合わせをし、

CIMG3057

マンションのベランダによくある上からの排水パイプとその周り排水口。こちらはオープンでなく蓋加工をお客様はご希望に。

 

CIMG3052

こちらはベランダにあります造り付けの収納庫。扉の下は結構空いていたので、ウッドデッキを扉下まで施工しても干渉しないのですが、この扉を留めるフランス落としがありましたので、これはウッドデッキに穴を開ける事で問題を解決します。

現地調査では、ベランダの全体サイズを測る事もさることながら、こういう細かいところやベランダの勾配だとかをミリ単位で採寸してはじめて現場でピッタリと合うように工場製作する事ができます。

それでは施工後の写真を。

IMG_0161

扉下まで施工されたウッドデッキと上に載せられた室外機。

 

IMG_0159

排水パイプ&排水口廻り。

IMG_0158

お客様の御希望で排水口とその横は根太にビス留めせずに、このように取り外しできるように製作してきましたので、このように取り外し可能となっています。

 

IMG_0164

こちらは避難ハッチへの蓋加工。ちょうど窓前にありましたので、これでベランダへ出る時のストレスは解消されました。・・・・・今回ウッドデッキにするにあたり一番のポイントだったそうです。

IMG_0167

室内から同じ場所をみてみるとこんな風に変わりました。

施工後アンケートで、

「お電話さしあげた時から施工まで誠実に対応いただき、ありがとうございました。」

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は同じマンションベランダウッドデッキの大規模修繕時サービスを。