ベランダの段差を解消したいので~荒川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年6月6日

タグ: , , , , , ,

荒川区のマンションへお住まいのお客様から、ベランダの寸法を測って見積もりご依頼いただきました。

資料・写真集・サンプルとともに概算見積書を送付後、「予算内でしたので是非現地調査を!」とお電話いただきお伺い。

CIMG3521

ベランダへ出てみるとタイルが敷かれています。

 

CIMG3522

ベランダ内に段差があります。置き敷きタイプのタイルじゃ、この段差は解消できません。
そこで、本格的なウッドデッキを施工して段差を解消したいのがお客様のご希望。

 

CIMG3518

もうひとつのご希望は、この避難ハッチをウッドデッキで隠したい!

 

CIMG3525

下の樹脂ベースから外れたタイルがあちこちに。接着剤で付けてるだけなので、使っているうちにこうして外れてくるそうです。補修にも疲れて・・・・・・

そんな悩みと段差を解消するウッドデッキが完成しました。

IMG_0408

段差が無くなりフラットに。

IMG_0409

避難ハッチは上に蓋加工してこの通り。

 

IMG_0411

 

今回はベランダ内の段差は解消し、室内高さと同じではなくサッシステンレスの水切り高さに合わせて施工。

 

IMG_0412

室内から見たらこんな感じです。室内高さよりは低いですが、それでも段差は小さくなりました。

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回はマンション1階のテラス部分へのウッドデッキを紹介します。

 

 

 

リフォーム後にベランダウッドデッキ~鎌倉市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年1月23日

タグ: , , , , , ,

鎌倉市のお客様から見積もり依頼のお電話をいただきました。

「購入した中古住宅をリフォーム中です。リフォーム後に2階の1.8m×9.7mのベランダへ、すき間無しのウッドデッキを考えていますので見積もり願います。」
当社のホームページの戸建ベランダへのすき間無しベランダウッドデッキをご覧いただいてのお電話だったそうです。

お聞きしたサイズから、概算見積もりをさせていただいた後、現地調査日を打ち合わせ。

CIMG3222

調査採寸へお伺いしましたのは、リフォームも終わり引っ越しされた翌日。

 

CIMG3231

ベランダもリフォームで新たに防水工事もされていました。
前のベランダにもウッドデッキが敷設されていましたが、腐っていたのとすき間ありでしたので下には塵がいっぱい落ちていたのを見て、新しいウッドデッキはすき間無し施工にと。

 

CIMG3232

両サイドには何故か幅広い段差溝が・・・・・。この段差を無くしてフラットにするのがお客様のご希望でした。

 

CIMG3227

壁から出ている水道の蛇口ですが、位置が高すぎるので低い位置への変更と水受け設置の依頼を受けこれらを含めて見積後、ご注文をいただいて施工へ。

 

IMG_1061

IMG_1066

すき間無しのベランダウッドデッキ。

 

IMG_1064

部屋凸部分のウッドデッキ。

 

IMG_1063

壁に付いていた水道は、ごらんのように立水栓風に仕上げた上、蛇口の下には水受けパンを設置して施工完了。

お客様からアンケートで、

「すき間なしの施工でしたので決めました。ありがとうございました。」

・・・・・・・すき間から落ちてたまったゴミを一度見てしまうと、やっぱりすき間無しのウッドデッキを選んでしまいますよね。

これで戸建ベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキの取り替え工事を。

 

 

 

 

 

 

小さいベランダウッドデッキですが~渋谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年10月13日

タグ: , , , ,

渋谷区のマンションへお住まいのお客様から、資料請求をいただきました。

その後、メールで小さいベランダウッドデッキですが施工して頂けますか?と、ご希望のサイズをご連絡いただき概算見積もりを。

——–小さい面積ですと単価的には割高にはなりますが、施工は承っています。——-

CIMG2819

 

CIMG2820

出幅も90cmくらいで、この窓前をウッドデッキにしたい!というのがご希望でした。

CIMG2821

ベランダには、このような排水パイプが横たわっている上、それを止めているボルトがむき出しの状態。おまけに水はけが悪く水がいつもこのように溜っているようです。

CIMG2823

壁からも排水管が飛び出ています。

 

CIMG2824

おまけに室内からの段差が20cmもあり、ベランダへ物干しに出るのが三重苦、四重苦状況の為、使用する範囲だけでもウッドデッキにして解決したい!との事でした。

採寸後、ご予算に合わせて施工範囲を決め施工へ。

 

IMG_0901

排水パイプと飛び出ていたボルトはウッドデッキの下へ。これで使用できる奥行きが広がりました。

 

IMG_0902

段差も解消。

 

IMG_0903

ご予算内で窓前だけではなく、より広く施工する事ができました。
当社では、ご予算に合わせてベランダウッドデッキの部分施工も承っていますので、ご遠慮なくお問い合わせを。

これで小さいベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は傾斜地の庭へ屋根付きウッドデッキを。