新居の完成以上に嬉しかったです~朝霞市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:傾斜地ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年6月22日

タグ: , , , , ,

「間もなく新居が完成し入居予定です。傾斜のきついところにウッドテラスを希望。概算見積もり後に現地調査をお願いしたい。」

と、図面を送付いただき概算見積もりをメールで連絡しましたところ、直ぐに「現地での調査を早急にお願いします!」
そこで埼玉県朝霞市の竣工済みの家へお伺いさせていただきました。

 

P4220028

P4220026

かなりの傾斜地で、これからその斜面に外構フェンスを取り付け始めていたところですが、ここにウッドデッキを作るのなら不要になりますので、いったん停止に。

お話をお伺いしたところ、売り建て分譲の家を購入する時点では、この傾斜地に人工木ですが別料金でウッドデッキを施工する事は可能という事で購入を決めたそうですが、引き渡しが近くになり工務店の下請け外構工事屋さんが現場を見て「出来ない!」と言われ、当社へ急遽連絡してきたようです。

P4220031

掃出し窓から一番低いところで約3m下がっています。お客様にはハイハイする赤ちゃんがいるそうで、「このまま入居しても窓を開ける事ができない!」と相当お困りの様子。

丁度、当社の施工責任者と一緒に調査に行ってましたので、その場でこれからの施工スケジュール等を調整し、引っ越し日をお聞きし何とか引っ越し後1週間以内に完成させることに。

IMG_0325

お約束通り引っ越し後1週間以内に施工完了しました。こちらの面は一番広いところで3.9mの出幅があります。

IMG_0320

IMG_0319

こちらの面は出幅1.5mながら長さ6.6mで二つの部屋がウッドデッキで繋がっています。

IMG_0321

2つの面はこんな感じ繋がっているL字型のウッドデッキです。

IMG_0324

フェンスの向こう側に見えるのは、傾斜地下の隣家の2階の屋根。傾斜のきつさが良く判ると思います。

IMG_0332

玄関側から見たウッドデッキ。こちらもフェンスで閉じて外からは一切出入り出来ないようにしました。斜面で危ないですから。

P4220027

元はこちらの玄関側にあったこの立水栓は、

IMG_0323

このようにウッドデッキ内に移設し埋め込んで、ウッドデッキにプールを出してお子様が遊べれるように。

IMG_0322

あの斜面がこんな広いテラスに!
斜面のままだったら危ないし、使えないし・・・・・・・・

完成引渡し後、お客様からアンケートで、

「新居の完成以上に嬉しかったです!
広いウッドテラスが夢でしたので、本当にありがとうございました。」

いや~、喜んでいただけて良かったです。休日返上で工場製作した(・・・・職人達ですが)甲斐がありました。

それでは、これで傾斜地ウッドデッキの紹介は終了。
次回は、最近多くお問い合わせいただきますマンションウッドデッキの大規模修繕時サービスの紹介です。

 

崖上の変形庭をウッドデッキに~和光市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 傾斜地ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2016年9月20日

タグ: , , , , , ,

2年前に埼玉県和光市のお客様から「崖上の庭へウッドデッキを考えています」と、ご相談を受け調査へ。

 

003

確かに庭が狭い上に四角形でないので使いづらそうです。

006

おまけに家の2階ベランダの柱部分がこのように飛び出しています。通るのが精いっぱい。

011

その庭の前面は、こんな崖となっていますがこの崖下はお客様の敷地になっているんだけど降りるのも大変そうですね。

010

このようなアルミの階段を付けられていたのですが、角度が急な上に片側だけの手摺では小さなお子様には危険かも!

そこでお客様が考えられたのが、この変形で狭い庭をウッドデキに変えて広く使い易くした上に下の土地も、もっともっと使えるようにとの事でした。・・・・・・・使っていなくても固定資産税は、しっかり取られますますからね。土地の有効利用をしなくちゃ。

それから2年、一番使いでのあるウッドデッキサイズと形状を熟考されて今年の着工となりました。

IMG_1964

横幅は4.5m以上、出幅も2.6mでほぼ四角形の形になりましたので、いろいろな使い方ができる広さです。

IMG_1961

どうです、施工前の庭と見比べてのこの広さ。

IMG_1956

当初の案から一番変更があったのが、このタープ用の柱とフレームです。
そういえば、この2年間でブログでも紹介していますがタープを付けられる方が増えてきています。

上の写真にある扉を開けますと、

IMG_1958

このように下の敷地へ降りる階段となっています。勾配もゆるく、両側に手摺も付けて。これでお子様も安心して降りられます。

IMG_1967

下の敷地から見たウッドデッキの全景です。今回は柱を建てての施工となっています。

5月にこのブログで紹介しました同じ崖地のウッドデッキは柱無しでの跳ね出し工法でした。
どちらにするかは、この崖の高さと跳ね出し部分の面積比率によって決定します。
もちろん両方ともシュミレーションで強度計算の上、コストが安くなる工法を提案しています。今回はこの柱建ての方が低コストになりましたので、こちらで。

IMG_1966

がっちりとした現場打設の基礎とオリジナルな専用柱金物。
こういう傾斜地では、既製品の基礎ブロックよりもコストは高くなりますが、現場打設の基礎は必須です。

ウッドデッキは崖の擁壁からは長さで最大1.5m、面積的にも半分は張り出している状況です。
この条件で柱無しの跳ねだし工法で使用する梁部材、転倒防止の重量基礎打設を計算してみると・・・・・・柱建て工法の方が安くなりました。

このように、崖地や傾斜地のウッドデッキはその地の条件や作る大きさ形状により、毎回最適な”解”が違ってきます。
2~3パターンの構造計算とコスト比較が必要となりますが、ウッドデッキプランナーどしての一番重要な仕事となります。

今回もベストな設計ができたと、自己満足したところで崖地ウッドデッキの紹介はこれで終了。

オプションでウッドデッキ設置2軒目~松戸市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 傾斜地ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2016年5月27日

タグ: , , , , ,

先月も紹介させていただきました松戸市の分譲住宅区画でのオプションでのウッドデッキ施工2軒目です。モデル棟を含めると3軒目。

同じ区画内ですので、やはり裏庭のウッドデッキ設置場所は崖地。
この崖地の地形は直線ではなく、出たち入ったりという感じです。

従って、張出の位置も長さも違いますので毎回、構造計算を現場に合わせて必要となってきます。
今回は、中央部では張出が無く両サイドが張り出すという、形状になりました。

PA290024

この三角形の頂点がウッドデッキの頂点にあたります。よってこの部分は通常の庭デッキと同じように束立てして問題ありません。

IMG_1729

 

こうして完成したウッドデッキをご覧いただければ地形がお判りかと。
左右前面の束は浮いています。

 

IMG_1728

ご覧のように奥行きの半分くらいは崖から張出。

IMG_1720

こちら側は羽で足の長さ小さいですが、それでも張出構造には違いありません。

この3ケ所ではそれぞれ加わる力が変わってきますので、それぞれ構造部分の梁と束本数を変えています。もちろん基礎重量も。
一律の梁大きさや束本数にしてやると設計や施工は楽なんですが、その分過剰設計となりコストも嵩みます。
少しでもコストを下げてお客様には安く提供できるようにと、頑張ってみました。・・・・・・・実際はもう3軒目なので慣れてきて計算もパッパとできたんですが・・・・・

IMG_1716

あとは、このアルミフェンスをウッドデッキまで延長し、すき間を無くせば完成。

IMG_1717

こうして内部をみてると、崖地のウッドデッキといっても庭のウッドデッキと変わりません。
ウッドデッキがなければ、変形した狭い庭でしたのでほとんど使い道がなかったのではないかと思います。

こういう崖地でのウッドデッキは敷地が増えて、儲けたような気がしますね。・・・・・・元々自分の土地ではあるんですが。

と、これで今回の紹介は終りますが、前2回のこの崖地の張出ウッドデッキの紹介ブログをご覧になられたお客様からいただいたご質問。

「崖下から柱を建てた場合と、こういう風に張り出しにしたのとではどちらが安くなるんでしょうか?」

う~む。これは難しい質問で、一概にどちらが安くなるとは言えないんですよね。

張出している面積とか、崖の高さや施工、立地条件により変わってきます。
また条件よっては、柱を建てるのが不可能だったり、張出工法が不可能な場合もあります。
テクノグリーンでは、構造計算とコストのシュミレーションを両方とも行い提案させていただいています。

——–もちろん、ふたつの案から比較検討されてお選びになるのはお客様ですが。——

崖地・傾斜地の有効利用を思案中のお客様は、お問い合わせください。