ルーフバルコニーも一緒に~品川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年7月10日

タグ: , , , , , , ,

品川区のマンションへお住いのお客様から、ベランダのサイズを連絡いただいて概算見積もりをしていました。

その見積もりで注文しますとの事で、現地調査・打ち合わせへ。

CIMG5530

ベランダのサイズも連絡いただいた通り。また避難ハッチもお聞きしていた通りにありました。

CIMG5536

こちらの室外機はう動かすことが出来ないのでこの部分は通常はくり抜きになりますが、お客様はウッドデッキ施工に合わせ移動してウッドデッキ上へ載せれるようにエアコン屋へ依頼するとの事でした。

こちらのベランダの採寸と打ち合わせが終了したところで、案内されたところがルーフバルコニー。

CIMG5538

 

人工芝が敷かれたルーフバルコニーの半分にあたる窓前部分もウッドデッキにしたい御意向でした。

CIMG5539

人工芝までは段差もありますので、出やすいようにウッドデッキで嵩上げしたいとのこと。
この人工芝はルーフバルコニーでも飛ばないように業者により完全接着していますので、ウッドデッキ下になる部分だけやはり専門の業者により剥がしてもらう段取りもされていました。・・・・全面接着の人工芝撤去は、専門業者でなければ難しいです。

CIMG5541

ウッドデッキに付け加えて横にあるビルからの目隠しとしてウッドフェンスの取り付けもご注文いただきました。

IMG_0325

先ずは施工完了後ベランダウッドデッキ。
お客様が購入されていたガーデンシンク台をウッドデッキへ据え付け。排水パイプはデッキ下へ接続しています。

IMG_0324

 

この位置へ室外機は移動済みでした。
また室外機からの強い送風が気になるとの事で、室外機カバーではなく送風除けの衝立も追加でご注文いただいていましたので、それを設置してベランダ側の施工は終了。

IMG_0330

ルーフバルコニーのウッドデッキとウッドフェンス。
施工日までにデッキ施工予定範囲の人工芝は、きれいに撤去されていました。

IMG_0329

IMG_0333

室内とほぼ同じ高さまで嵩上げされたウッドデッキ。

IMG_0331

目隠し効果が期待されるウッドフェンスも取り付けてルーフバルコニー側の施工も終了。

施工完了時に立ち会いいただけなかったお客様から翌日メールで

「素晴らしいウッドデッキありがとうございました。」
といただきました。

これでマンションベランダウッドデッキ&ルーフバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。

 

マンションウッドデッキの大規模修繕時サービス3パターン

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, マンション大規模修繕時サービス, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年6月30日

タグ: , , , , , , , , , ,

今回はベランダ、ルーフバルコニーと1階の専用庭用も含めた(マンションウッドデッキ)大規模修繕時サービスの3パターンを紹介させていただきます。

ホームページでもご案内の通り、このサービスは当社がイペ材で施工したウッドデッキに限らせていただいています。

その理由のひとつが、イペは十数年経過していても保管後再設置してまた再使用できるほど耐久性が高い。
—-木材によっては、取り外してみると腐朽や反りが大きくて再設置ができない場合があります——-

二つ目は、当社施工のウッドデッキは施工時の資料・図面が残っているので当該サービスの見積もりの調査コストが掛からない。
—-各社ウッドデッキの施工法が違うので、その取り付け方や使用しているビス等も調べなければ見積もりができません。これって結構大変なんです—–

三つ目は、 取り外し・工場での保管・再設置を容易にできるように予め製作している。

そんな理由で当社施工以外のウッドデッキの大規模修繕時サービスはお断りさせていただいています。

で、今日の本題ですが、このサービスは再設置時に取り外したウッドデッキをそのまま、オプションとして工場で保管中に高圧洗浄&サンダー掛け、同じく保管中にプラス塗装を施した3パターンの違いを実際に写真をご覧いただこうと思います。
・・・・・多くのお客様から同サービスのオプションの仕上がり感の違いのお尋ねが多いので。

では初めに13年前に江東区のマンションで施工し、そのまま再設置しました例。

IMG_0824

ウッドデッキの取り外したベランダ。

IMG_0821

室外機カバーも再設置。

IMG_0822

まだ大規模修繕工事の足場が残っていますが、ベランダの防水工が終了したので再設置となりました。
色は退色していますが、この色を好まれる方もいます。

次は豊島区マンションのルーフバルコニーウッドデッキ。高圧洗浄&サンダー掛け。

IMG_0284

IMG_0285

IMG_0289

イペは緻密な材の為、ほんの表面のみが退色しているだけなので、高圧洗浄&サンダーでこれくらいまで色は戻ります。
次はこれに塗装しましたタイプ。

IMG_0703

千葉市のマンションベランダへ再設置後の塗装しましたウッドデッキ。

IMG_0705

出幅違いのベランダです。

IMG_0710

こちらもまだ外の足場が掛かっている状況でしたが、ベランダの防水工事が終了しO・Kが出てさっそく再設置しました。

IMG_0712

塗装は耐久性を高めるためではなく、あくまでも色合いの好みにより行います。
こちらのお客様は、13年経って今度は色の濃いウッドデッキで雰囲気を変えてみたいと。。。。

今回紹介しました3か所は全て13年前に施工し、同じ年数が経ったウッドデッキのそのままと、高圧洗浄した場合、塗装した場合を比較検討するために紹介させていただきました。
これから大規模修繕工事を迎える当社で施工されたお客様、写真をご覧になって比較検討してみてください。

これでマンションウッドデッキの大規模修繕時サービスの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。

 

 

 

 

ルーフバルコニーをレイアウトされて~川崎市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年5月25日

タグ: , , , , ,

川崎市内の新築マンションを購入され未入居のお客様から資料請求いただきました。

「新築マンションにルーフバルコニーへウッドデッキの施工を検討しております。」

その後、購入されたお部屋の間取り図面を送付いただき概算見積の後に内覧会時に同行させていただき調査・採寸へ。

CIMG5503

CIMG5506

ごく一般的な形状のルーフバルコニー。全体の寸法を測り、採寸は終了。

CIMG5510

こちらはベランダとルーフバルコニーの境界となる梁の部分。これも通常ごく一般的にある代物です。
この梁を基準としてウッドデッキの仕上がり高さを打ち合わせして現地調査は終了。

その後お客様からルーフバルコニーに置かれるプランターや物置のサイズや個数から施工範囲の相談をいただき、最終レイアウトを決定し施工へ。

IMG_0321

完成しましたルーフバルコニーウッドデッキ。高さは納まりが良い梁のアゴ下になっています。

IMG_0316

IMG_0318

プランター等を置くスペースとして、お客様は購入されたプランター等のサイズと個数から、前のフェンスからは何十センチ、奥側から何十センチとご連絡を受けて施工させていただきました。

IMG_0323

この開いた空間に引越し後、落ち着いてからプランターを置かれガーデニングをされるようです。・・・・残念ながら当社で紹介できるのはここまで。

次回はマンションベランダウッドデッキを。