大規模修繕時サービスの塗装~千代田区・つくば市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, マンション大規模修繕時サービス, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年10月10日

タグ: , , , , , , , ,

今回の紹介はマンションベランダウッドデッキの大規模修繕時サービスの塗装に付いてです。

千代田区内のマンションと茨城県つくば市のマンションベランダウッドデッキで、同じ14年前に施工し同じ時期に大規模修繕工事が始まりお預かりしました。
このブログでも何度も書いているとおり、この保管サービスは当社が施工したウッドデッキに限らせていただいているのですが、相変わらず他社施工のウッドデッキの同サービスへの問い合わせが多くあります。

当社のマンションウッドデッキは、元々大規模修繕時に取り外し・保管・再設置をしやすいように製作・施工しているので可能なんですが、一般的な従来型の施工法では金額が高くなるか、場合によっては不可能な場合があるのでお断りさせていただいています。・・・・・使用されている材も施工方法・数量も判らないので見積もりすら不可能です。

今回の2個所のベランダウッドデッキは、どちらも当社が施工したウッドデッキで図面も残っていますので追加オプションの塗装見積もりも直ぐにでましたので、送付後どちらも塗装オプション込みでご注文いただきました。

IMG_0295

IMG_0296

IMG_0297

 

こちらは千代田区のマンションの取り外し6か月後に再設置しましたウッドデッキ。半年の保管中に工場で塗装しています。
少し濃いめのブラウン塗装です。かなりシックな仕上がりとなります。

IMG_0789

IMG_0792

こちらは、つくば市の再設置後のウッドデッキ。同じく6か月保管して同時期の再設置。
同じブラウン系ですが一番薄いブラウン系の塗装です。元々イペはブラウン系の色ですので塗装はこれらの2色のみとなります。

オプションで塗装もご注文の場合は、この2色から「濃いほう」「薄いほう」とお選びいただいてご連絡ください。

最近、大規模修繕時サービスの塗装色についてのお問合せを何件かいただきましたので、今回このブログで紹介させていただきました。・・・・参考になれば幸いです。

次回は”新設の”マンションベランダウッドデッキの紹介を。

 

マンションウッドデッキの大規模修繕時サービス3パターン

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, マンション大規模修繕時サービス, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年6月30日

タグ: , , , , , , , , , ,

今回はベランダ、ルーフバルコニーと1階の専用庭用も含めた(マンションウッドデッキ)大規模修繕時サービスの3パターンを紹介させていただきます。

ホームページでもご案内の通り、このサービスは当社がイペ材で施工したウッドデッキに限らせていただいています。

その理由のひとつが、イペは十数年経過していても保管後再設置してまた再使用できるほど耐久性が高い。
—-木材によっては、取り外してみると腐朽や反りが大きくて再設置ができない場合があります——-

二つ目は、当社施工のウッドデッキは施工時の資料・図面が残っているので当該サービスの見積もりの調査コストが掛からない。
—-各社ウッドデッキの施工法が違うので、その取り付け方や使用しているビス等も調べなければ見積もりができません。これって結構大変なんです—–

三つ目は、 取り外し・工場での保管・再設置を容易にできるように予め製作している。

そんな理由で当社施工以外のウッドデッキの大規模修繕時サービスはお断りさせていただいています。

で、今日の本題ですが、このサービスは再設置時に取り外したウッドデッキをそのまま、オプションとして工場で保管中に高圧洗浄&サンダー掛け、同じく保管中にプラス塗装を施した3パターンの違いを実際に写真をご覧いただこうと思います。
・・・・・多くのお客様から同サービスのオプションの仕上がり感の違いのお尋ねが多いので。

では初めに13年前に江東区のマンションで施工し、そのまま再設置しました例。

IMG_0824

ウッドデッキの取り外したベランダ。

IMG_0821

室外機カバーも再設置。

IMG_0822

まだ大規模修繕工事の足場が残っていますが、ベランダの防水工が終了したので再設置となりました。
色は退色していますが、この色を好まれる方もいます。

次は豊島区マンションのルーフバルコニーウッドデッキ。高圧洗浄&サンダー掛け。

IMG_0284

IMG_0285

IMG_0289

イペは緻密な材の為、ほんの表面のみが退色しているだけなので、高圧洗浄&サンダーでこれくらいまで色は戻ります。
次はこれに塗装しましたタイプ。

IMG_0703

千葉市のマンションベランダへ再設置後の塗装しましたウッドデッキ。

IMG_0705

出幅違いのベランダです。

IMG_0710

こちらもまだ外の足場が掛かっている状況でしたが、ベランダの防水工事が終了しO・Kが出てさっそく再設置しました。

IMG_0712

塗装は耐久性を高めるためではなく、あくまでも色合いの好みにより行います。
こちらのお客様は、13年経って今度は色の濃いウッドデッキで雰囲気を変えてみたいと。。。。

今回紹介しました3か所は全て13年前に施工し、同じ年数が経ったウッドデッキのそのままと、高圧洗浄した場合、塗装した場合を比較検討するために紹介させていただきました。
これから大規模修繕工事を迎える当社で施工されたお客様、写真をご覧になって比較検討してみてください。

これでマンションウッドデッキの大規模修繕時サービスの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。

 

 

 

 

ベランダウッドデッキ15年後の変化~豊島区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, マンション大規模修繕時サービス, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年3月31日

タグ: , , , , ,

前回の大規模修繕時サービスの紹介では、マンション1階テラスのウッドデッキでしたが、今回はベランダウッドデッキ。
15年前に新築マンションで施工しましたが、大規模修繕工事が始まるとのことで取り外しへ。

IMG_0073

IMG_0075

前回紹介しましたウッドデッキより2年多く経過していますが、色褪せは少ない感じです。
また1階のテラスデッキと違い、表面に土がついての汚れもなくきれいな状態でした。
マンションや戸建てのベランダ(屋根や庇がある)は、ルーフバルコニー(屋根庇が無い)と比べると紫外線が当たる量が少ないのでその分色褪せは少なくなります。
こちらのウッドデッキも特別手入れをしていたわけではなく、たまに掃除機をかけるくらいとの事でした。

IMG_0077

外し終えたところの状態。全くごみが無いわけではありませんが15年間でこれくらいです。多分排水溝側からのすき間から吹き込んだ枯れ葉のようです。
これがすき間ありの通常のタイプですと、すき間から落ちたゴミが堆積した状態になっていたと想像できます。(以前施工したウッドデッキで経験しています)

IMG_0264

6か月後に大規模修繕工事が完了し、再設置されたウッドデッキ。

IMG_0265

IMG_0266

オプションで高圧洗浄とサンダー掛けを保管中に施しました。
新品と同じとまでは言えませんが、15年使用したウッドデッキと思えないほど木肌の色も蘇っています。
さすがイペですね。残念ながら他の木材ではここまでにはなりません。

これでマンション大規模修繕時サービスの紹介は終了。次回は戸建てのウッドデッキを。