ルーフバルコニーをアウトドアリビングに~大田区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年9月30日

タグ: , , , , , , , , ,

大田区のルーフバルコニーがあるマンションにお住まいのお客様が、図面をお持ちになりご夫婦で来社されました。

人工ラタンの屋外用ソファセットを購入されたそうですが、ルーフバルコニーへ置いてみたそうですが雰囲気がイマイチという事で・・・・・

図面にご希望のウッドデッキ施工範囲を書きこまれてご相談いただきました。
概略のウッドデッキとタープを張る範囲も決まり、見積もりを。

その1週間後に現地調査へ。

 

CIMG1496

こちらの窓前をアウトドアリビングとしてウッドデッキに。

 

CIMG1495

左側の窓から出入りするので、こちらの前には通路デッキ。

 

CIMG1488

この人工ラタンソファセットを置く場所がリビングとなります。・・・・・・やっぱりグレーの防水層が剥き出しじゃリビングというには、ほど遠い感じですね。

 

CIMG1487

 

このようにソファを実際に置いてみて施工範囲を決めていきました。

 

IMG_0397

施工完了しましたウッドデッキの全体。今回はお客様の御希望で塗装タイプです。イペに塗装しますと豪華さがますます醸し出されます。
手前は通路デッキですが出幅は1.8mあり、ゆったりとメインデッキに渡っていけます。

IMG_0398

高さも25cm以上あり、幕板も下まで取り付けていますので、まるでステージのようですね。

 

IMG_0393

 

こちらは、外側のタープ用柱とフレーム。タープ用の金物は柱の途中にもつけましたので、タープはその時々のウッドデッキの活用方法に合わせ水平にも斜めにも張れるようにしています。

 

IMG_0395

こちらは、窓側のタープ用柱。この柱を建てる位置は、窓ガラス前には立てないように(窓枠前に立つように)気を使い採寸し設計しています。

 

IMG_0394

 

IMG_0392

 

ここがメインデッキ、すなわちアウトドアリビングとなります。
当社の施工が終わってから、お客様の出番です。ソファをセッテイングした、タープを張ったり植栽を隅に置いてみたりと、それも楽しみの一つです。
そんな訳でリビングの最終完成写真は当社ではなかなか撮影する機会に恵まれません。
・・・・・・お客様からリビングの飾り付けが終わった写真でもいただけましたら、このブログでまた紹介したいと思いますので、お客様ひとつお願いします!!

と、お客様へのお願いで、今回の紹介は終了。次回はマンションのベランダウッドデッキです。

ベランダを有意義に使えるようになりました~武蔵野市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年9月22日

タグ: , , , , , ,

昨年、武蔵野市に建築中のマンションを購入されたお客様から資料請求いただきました。
資料・写真集・サンプル送付後まもなく、

先日は、サンプルと資料のご送付ありがとうございました。概算の御見積もりをお願いいたします。バルコニーの図面をお送りいたします。」
と、図面を添付しましたメールが。

図面から見積書を作成し送らせていただきましたら、「施工お願いしたいので内覧会時の同行採寸を」という事で内覧会へ調査担当者がお伺い。

CIMG1461

そう大きくないベランダですが、窓前には避難ハッチが。

 

CIMG1462

これではベランダは使いにくいので当然ご希望はハッチへの蓋。

 

CIMG1473

このメージャーの10cmのところが室内高さですが、もうひとつのご希望はこの室内と同じ高さに合わせることでした。
最後3つめのご希望は、資料にも書いてある板間すき間無しのイペで。・・・・・最近は資料をご覧になったお客様はのほとんどが、すき間無し施工をご希望ですね。

 

それでは施工完了後のウッドデッキを。

IMG_0389

すき間無しに張られたイペのウッドデッキ。ゴミが下へ落ちての掃除の心配をしなくて済みます。

IMG_0388

避難ハッチもごらんの通り。もちろんこの上に乗っても音はしないので階下への気兼ねもなくなります。

 

IMG_0390

 

避難ハッチ蓋を開けたら、こんな感じ。

 

IMG_0391

室内から見たベランダウッドデッキ。サッシレール部分は下がっていますが、ウッドデッキと室内フローリングは同じ高さになっていますのでお部屋も広く感じます。

お引っ越しも終わり落ち着かれた頃お客様から、

「ベランダのデッキ施工をしていただいた○○です。
その節は、どうもありがとうございました。
狭いベランダの真ん中にあった非常口を覆うことができたため
ベランダを有意義に使えるようになりました。
見た目も綺麗で、満足しております。」

と、メールをいただきました。

小さなベランダに避難ハッチがあると、使い道がないどころか洗濯物を干すにも避難ハッチにに乗らないで作業するするってホント大変なんですよね。・・・・・・たいていのマンションでは、上に乗るとボコボコと音がして、階下の人に迷惑になるので乗るのは禁止されているみたいです。

それでは、これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は、またまたワンコの為?の庭ウッドデッキ。

 

2軒並んだウッドデッキの取り替え~世田谷区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2017年9月6日

タグ: , , , , , , , ,

「HPを見てご連絡させて頂いております。
8年程前に世田谷区で施工したウッドデッキ(レッドシダー使用)が反り・束の沈下などにより、撤去後再施工をするのですが、お見積りを御願い出来ますでしょうか。
(2棟分あります、同時期施工可能です)」

と、不動産販売会社様から写真と図面を送付いただきました。

写真はこちら。

画像 037

 

 

画像 038

この完成時の写真といただきました図面から概算見積もりをしまして、ご予算内ということで現地調査へ。

CIMG1364

 

CIMG1375

 

CIMG1377

塗装を毎年されていたそうで、床板やフェンスの横板は、そんなに目立った腐朽はみられませんが・・・・・・・・

床に乗るとふかふかした感じがするのと、ご覧のようにフェンス支柱がかなり倒れ掛かっています。
これは、床下の構造部が相当腐ってきている証拠です。

レッドシーダーや防腐注入木材では、「毎年防腐塗料を塗れば長持ちしますよ」と過去に宣伝していたけれど、毎年毎年、床板を剥がして構造部分まで塗るなんて出来ないですもんね。

今回のこのウッドデッキは、くわえて大工さんが施工したようで”やっちゃいけいない木組み”をあちこちでしていました。これでは尚更、構造部分が早く腐ってしまいます。
耐腐朽性の高いイペでも、間違った施工をしてしまいますと腐朽を早めてしまいます。

「ウッドデッキの耐久性は、材料50%、施工の木組み30%、構造設計20%で決まる」は、当社の持論です。

—–先日打ち合わせしたお客様からの質問。「ウッドデッキも構造計算必要なんですか?」——
何年か経って、構造部で強度不足があるとその部分がへたり水が溜って腐ってきます。今までに腐朽したウッドデッキの解体で何度も目にしています。今回もそんな中のひとつでした。

今回ご注文いただきました不動産販売会社様は、このトラブルが2度と起きないようにとの事でウッドデッキの材料、施工実績・施工方法を調査され10年保証付きのイペのウッドデッキをご指名いただきました。

それではイペウッドデッキに生まれ変わった2軒の写真を。

 

IMG_0451

 

IMG_0449

 

IMG_0448

擁壁の上に建つウッドデッキ2ヵ所が完成。

 

IMG_0452

 

IMG_0453

 

IMG_0454

どちらも台形ですが、大きさは違います。ただ基本的に不動産販売会社様の補償工事でしたので元の大きさからは変えていません。

最後にお住まいのお客様宛の10年保証書をお渡しして今回の工事は終了。
保証は10年ですが、実際は当社今年で創業22年目になり創業年に施工したイペのウッドデッキは今も健在で使用されています。というか、イペのウッドデッキだけは未だ1ヵ所も腐ったという報告はありません。

次回は、10年前に当社が施工しましたイペの戸建2階のベランダウッドデッキ、どうなってる?を紹介します。