益々ウッドデッキ を設置したくなりました~北区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキとテーブル&ベンチ, マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年1月25日

タグ: , , , , , ,

東京都北区のマンションへお住いのお客様から、資料請求をいただき送付していました。

「ウッドデッキ 資料・サンプルの送付ありがとうございます。

 いただいたご案内資料を読みまして、益々ウッドデッキ を設置したくなりました。
特に8つのポイントを読みまして、しっかりした製品づくり心がけかつユーザーのニーズに応える形となった内容という印象を持ちました。

今後、バルコニーの大きさなどお伝えしたいと考えています。」

数日後に、間取り図面とベランダの現況写真を添付した見積もり依頼メールをいただきました。

「現在のベランダの写真など送付します。概算の見積もりに使えますでしょうか?
また、来年にマンション全体でベランダなどの防水塗装工事などが予定されております。

今年に設置するかどうかについては、概算見積もり等を考慮して検討したいと考えております。
できれば費用は掛かりますが、今年に設置し来年の工事前まで使用したいと考えております。」

いただきました図面からの見積書をメールで送付する際に、1~2年中に大規模修繕工事が予定されているのならそれが終了してからの設置をとお勧めしましたが、

「概算見積額、了解しました。設置する方向で進めたいと考えておりますので、引続きよろしくお願いします。」

と、ご連絡いただき採寸調査へ。

 CIMG5031

 

この避難ハッチを隠す蓋加工をご希望。

CIMG5032

2段ラックに置かれた2台の室外機とコンクリート土台の上に置かれた室外機がありますが、どちらも動かせないのでこれらの部分はくり抜き施工。

CIMG5035

こちらは掃き出し窓前に敷設されていましたエアコンのホース3本。
事前に送付いただいていた写真からも気になっていたところで、メールでやりとりしていました。

「エアコン室外機のホース部分は、私も気になっており、現地にてご相談させて下さい」

CIMG5041

詳細もホース束の幅や高さを測った結果、この部分も隠すように施工すると室内より高いウッドデッキになることが判りお客様は、出入りしない側の窓なのでとくり抜き施工を選択されました。
・・・・ホースがベラダ上へ這わさっている場合は、この問題がおき悩ましいところです。

現地調査が終了した数日後、
「先日は、親切丁寧なお仕事をされており、頭が下がる思いでした。
ユーザーの意見をしっかり反映していただけるところなどうれしく思います。
また、私のわがままで収納箱まで作成していただきありがとうございます。」

とメールをいただき追加ご注文の収納箱を加えた見積もりを。

IMG_0261

このホース部分をくり抜き施工しました画像です。

IMG_0262

こちらは普段ベランダへ出入りする掃き出し窓の室内側からの写真。

IMG_0263

アウトドアが趣味のお客様。キャンプ用品を納めるサイズのベンチ兼用収納箱をご注文いただきました。

施工翌日にメールで、
「お世話になります。
昨日は、寒い中ウッドデッキの設置・調整をしていただきありがとうございました。
また、物入れ箱も作成、設置していただきベランダの収納がスッキリしました。

丁度良い高さでしっかりした作りなのでベンチとしても使え、今日は、朝から外を眺めて座っておりました。
来年の話になって恐縮ですが、大規模な修繕を控えており、保管等をお願いする事となりますのでよろしくお願いします。」

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建て庭ウッドデッキを。

室外機の下もウッドデッキを~立川市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンション専用庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年12月29日

タグ: , , ,

東京都立川市のマンション1階へお住まいのお客様から資料請求時に見積もりご依頼いただきました。

「マンション1階専用庭にウッドデッキを施したいと存じます。
イメージとしては大体固まっておりまして、
可能でしたら現地でご相談出来れば幸いです。面積はおおよそ2mx7m程です。」

ご連絡いただきましたサイズから概算見積書と資料を送付し、届きましたら直ぐに、

「お見積確認致しました。
問題ございませんので進めて頂けたら幸いでございます。」

調査日を打ち合わせの上お伺い。

CIMG5045

前が専用庭付きのコンクリートテラス部分へウッドデッキをご所望でした。

CIMG5052

このテラスの端部から端部までの全面施工とします。

CIMG5050

こちらの室外機はホースカバーが固定されていて微動だにしないのですが、お客様はこの下もウッドデッキにしたい。
・・・・・・20cmほど上へ持ち上げれれば下へのウッドデッキ施工は可能なんですが

くり抜き施工はしたくないとの事で、ウッドデッキ施工当日にエアコン業者が一時取り外し、ウッドデッキ施工後に再設置するスケジュールを組みました。

この部分の施工はほんの30分もあれば終了しますので、業者さんに来ていただく時間を打ち合わせしての施工となりました。

 

IMG_0903

IMG_0908

ウッドデッキの上に設置された室外機。

IMG_0905

IMG_0904

室外機部分の後、他の残りの部分を施工。

IMG_0907

最後にウッドデッキの前面に嵩上げした高さの幕板を取り付けて完了。

これでマンション1階のテラスウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキを。

 

 

リビング側のルーフバルコニーは西日が強いのでタープを~稲城市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキとテーブル&ベンチ, ウッドフェンス, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年12月5日

タグ: , , , , , , , , ,

東京都稲城市のマンションへお住い予定のお客様から資料請求時に写真と図面を添付して見積もりご依頼いただきました。

「ルーフバルコニーについてはフェンスの端がかなり隙間があり、子供がまだ1歳で隙間を通過できてしまうのでウッドフェンスのようなもので隙間をなくしたいと思っています。」

フェンス下端のすき間はウッドデッキは高さがあるので不要では?とコメントを付けまして、図面からウッドフェンスを含めた見積書を資料と一緒に送付させていただきました。

「昨日、見本&資料届きました。
また、暫定見積もありがとうございました。
イペ材のよさは充分に理解しているつもりですし、貴社のHPはかなり前から拝見しておりましたので前向きに検討させて頂きたいと存じます。

 ご指摘通り、御社のウッドデッキ施工はある程度の高さを確保するのでフェンス下の隙間はなくなりますのでウッドフェンスは不要だと思います。
施工事例を拝見し、様々なオプションがあるのがわかったので以下まとめてみました。

1.リビング側のルーフバルコニーは西日が強いのでタープやすだれをかけられるタープ用の柱とフレームをつけたいと思います。

2.ルーフバルコニーの一部に上階バルコニーからの雨水排水管が下りてきているので、ウッドデッキの施工範囲をこのあたりで見切るようにしようと思います。

3.ウッドデッキの見切り側の一部に腰高のウッドフェンスを施工したいと思います。

4.見切り側妻の一部は施工事例で拝見した一段低いウッドデッキ施工を検討します。

5.固定式ローテーブルを設置したいと思います。

以上の要望を反映しました施工案を作成しましたのでおおよその再見積をお願いできますでしょうか?」

と、ご連絡いただいた仕様と図面で見積もり後に現地調査へ。

CIMG4941

室内はまだリフォーム中です。
このコーナーを中心にL字型のウッドデッキとなります。

CIMG4942L字の一辺は奥まで。

CIMG4937

こちらの広い辺は2/3にあたる上から降りてきているパイプあたりまでの施工となります。

調査・打ち合わせも終了。室内リフォーム工事の終了後にウッドデッキの施工。

IMG_0233

腰高のウッドフェンスと1段ステップ。

IMG_0237

IMG_0235

2辺の壁側に取り付けましたタープ用の柱とフレーム。

IMG_0238

こちらはご希望のサイズでオーダー製作したローテーブル。木材はウッドデッキと同じイペ。非常に重いの台風時でも飛んでいくことはありません。

IMG_0239開き戸部分の室内から。
ウッドデッキの高さは30cmほどになりましたので、当初お客様が心配されていたフェンス下端のすき間はなくなりました。

施工完了後アンケートで、
「この度はありがとうございました。
イペの品質と大規模修繕時の一時預かり、タープ用柱・ローテーブルなどのオーダーに応えていただいたことで注文させていただきました。
次回、中庭(パティオ)のウッドデッキもお願いすると思います。」

これでルーフバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回はアンケートにもありました大規模修繕時サービスを。