サンルームのウッドデッキ~目黒区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:その他, 屋根付きウッドデッキ(サンテラスデッキ), 最近の施工事例 | 投稿日:2020年10月29日

タグ: , , ,

先月このブログで紹介しました”1階タイルテラスと2階バルコニーのウッドデッキ”のお客様を紹介していただいた方から、
この時ご自分の家のサンルーム内のウッドデッキをご注文いただいていました。

こちらのお客様は3年前に屋上、2・3階のベランダと3か所へウッドデッキを施工させていただきましたが、今回は残り1階のウッドデッキ。それはサンルーム内でした。

CIMG4845

庭出られる唯一の窓前にあるサンルーム。

CIMG4835

CIMG4839

前のお住いの方がウッドパネルとタイルを敷かれていたそうでが、

CIMG4840

いかんせん高さが足りなく使いずらい。そこで高さを嵩上げ出来る当社のウッドデッキをご注文。

IMG_0854

ほぼ室内と同じ高さに。

IMG_0852

元のウッドパネルやタイルを撤去してからの施工ですので約25cmほど上がっています。

IMG_0853

IMG_0855

サッシレール上までの施工とサンルーム柱があるため、数か所の凹凸に合わせての複雑な欠き込み施工となりました。

3年前に施工しましたウッドデッキを奥様が大変気に入ってくださり、4か所目の施工も満足いただいて終了することができました。

これでサンルーム内のウッドデッキの紹介は終了。次回はマンジョンベランダウッドデッキを。

ベランダを出来るだけ広く~目黒区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年10月15日

タグ: , , , ,

リフォーム会社様からお電話をいただきました。

室内リフォームを依頼されたお客様から、ベランダを有効利用するためにウッドデッキ化したいと頼まれたそうです。
室内専門のリフォーム会社で、今までにベランダウッドデッキの施工経験が無い為、ネットでいろいろな会社を調査した結果、施工実績の多さと品質の高さから当社をお選びいただきました。・・・・担当者さんは、「大切な顧客なので、信頼できそうな会社しか紹介できない」とおっしゃっていました。

ベランダの寸法と写真を送付いただいて概算見積もり後、現地調査へ。

CIMG4778

このサッシ水切りと高さを合わせたウッドデッキにしたい!

CIMG4779

排水パイプ廻りも蓋加工して少しでも広く見せたい!

CIMG4781

当然、避難ハッチも蓋加工して広く使いたい!・・・・今年の夏は、コロナで外へ出かけられないのでせめてベランダでプールを!というお客様は非常に多かったです。

これのご要望とご期待に沿うべく詳細設計を。・・・・以外と小さなベランダのほうが設計は難しかったりしますが、それも無事終了し施工へ。

IMG_0830

水切りと同じ高さに仕上がったウッドデッキ。

IMG_0832

古いマンションでしたので避難ハッチも大きく蓋は2分割にして開け閉めは簡単にできるように製作しました。IMG_0833

IMG_0835

室内から見たベランダ。今まで狭く使うことがなかったそうですが、この日の為に買っておいたプールも十分に置けるスペースに変身。

施工が終わった日にリフォーム会社の担当者さんから「お客様が大変喜んでいました!」と、お電話いただきました。

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建てのルーフバルコニーウッドデッキを。

バリアフリーに近い形で~目黒区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2020年8月6日

タグ: , , , , ,

目黒区のマンションにお住いのお客様が問い合わせのページから、

「バリアフリーに近い形でフローリングの色と合わせたい
室外機カバーも付けたい雨風に強く15-20年ほど劣化が目立たない素材
お掃除などメンテがしやすい
避難梯子ありに対応
大規模修繕と際に対応できる、あるいは簡易に取り外し可能

 の条件でお見積もり希望します。
バルコニー面積約2坪です。」

と、ご希望の条件を上げられ、資料の請求と見積もりご依頼いただきました。

これらの条件をイペ製のベランダウッドデッキではほぼ満たすことができるのですが、ただ1点色合わせだけはできません。
無塗装の元々のイペの色か、同じブラウン系の浸透性の塗料を塗った濃い目のブラウンの2色いずれかしかありません。

このことをあらかじめお断りさせていただいて間取り図面を送付いただいて概算見積もりを。

その後、送付しました写真集で色を確認されて、無塗装で注文したいのでと連絡を受けて現地調査へお伺い。

CIMG4539

ご連絡いただいて通り避難はしごのハッチが付いています。
アウトドア用のいすも置かれ、ベランダを活用されているのが判ります。

CIMG4542

室外機カバーは、この2段積みのカバーでした。

CIMG4545

 

2段積みは2台分のホースやらホースカバーが干渉しあってる上に、重くて動かせない場合が多いです。
また壁とのすき間が無くて、カバーを入れるスペースを確保できず設置不可となる場合もままありますが、詳細寸法を測った結果今回はかろうじて設置可能となりました。

IMG_0157

 

IMG_0158

設置された2段式室外機カバー。

 

IMG_0161

室内から見た室外機カバー。室内から室外機そのものが隠れるだけで雰囲気がかわります。

IMG_0159

室内と同じ高さでバリアフリーのウッドデッキ。

IMG_0160

一見、塗装タイプに見えますが無塗装です。イペは外の明るさ加減でこのように色・表情が違ってみえます。・・・・これが天然木の良さのひとつです。

施工後アンケートで、
「排水口のふたが少々ぐらつくのがすこし残念。
それ以外の仕上がりや品質には満足しています。」

これでマンションベランダウッドデッキの紹介は終了。次回はルーフバルコニーウッドデッキを。