12年後と3年後の比較~目黒区&三鷹市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, マンションベランダウッドデッキ, マンション大規模修繕時サービス, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年6月27日

タグ: , , , , , , , , ,

今回の紹介は、お問い合わせの多い大規模修繕時のサービスについて。
ついでに12年経過と3年経過したマンションベランダウッドデッキの比較。

たまたま、同じ時期に取り外し、同じ期間お預かりしての再組立てです。1ヵ所は目黒のお客様で新築時に施工させていただき、12年経過。もう一人の三鷹市のお客様は入居後しばらくしてからの施工でしたので、3年で大規模修繕工事となりました。

それでは目黒区のお客様のウッドデッキから

IMG_0117

取り外し前の写真。12年経過していますが、腐っているところはありません。さすがイペ。

IMG_0124

取り外した後のベランダ。12年経っていますので泥汚れはありますが、大きなゴミは落ちていません。

IMG_0304

工場保管中の写真。
毎月、数件再組立てで出庫されますが、同じく数件取り外しで工場に入ってきます。
そういえば昨日も藤沢市で取り外しがありました。確かこちらのお客様はもっと古い13年物だったかな?

IMG_0228

オプションで高圧洗浄を頼まれていましたので洗浄中。表面の汚れはこれで綺麗に落ちたのですが・・・・・・

DSC_0629

お客様が施工後に塗装されていたようで、洗浄してみると色むらが目立ちます。お客様にこの写真を送付して相談しますと再塗装のオプションも追加でご依頼いただきました。

IMG_0232

サンダーで元の塗料を落として再塗装。
このように、大規模修繕時サービスでは、保管中に高圧洗浄やサンダー掛け、塗装のオプションもお請けしています。
また入庫時には無料で全品検査も行っています。

IMG_0336

IMG_0334

大規模修繕工事が終わってからの再組立て。12年経ったウッドデッキでも塗装しますと新品と同じとまではいかなくても、ここまで蘇えります。
これも緻密な木肌のイペならのなせる業。表面を少しサンダー掛けすると、下から新しい木肌が出てくるからなんですよね。

次に三鷹市のお客様の3年もののウッドデッキ。

IMG_0139

これで無塗装で3年経過した色あいです。ベランダウッドデッキはだいたい3~5年で退色がとまりますので、このくらいが退色後のイペの色かな?

IMG_0143

上の床ユニットパネルを外したところ。上のパネルと同様に下の根太にも符丁を書いていきます。
これはスムーズに再組立てできように元の位置が判るようにするためで、いたずら書きではありません。

IMG_0145

パネルも根太も全て取り外したところ。こちらも大きなゴミは落ちていません。さすがに、すき間無し施工。

IMG_0287

IMG_0288

こちらは高圧洗浄のみで塗装はしていません。洗浄してみるとグレーに見えていた色がここまで元の色がでてきました。汚れだったんですかね?

さて今回は、よくご質問いただく大規模修繕時サービスの取り外し時のウッドデッキの状態から保管状況、保管中のオプション作業とその結果状況、再組立てを写真付で説明させていただきました。これで大規模修繕時サービスの内容をお判りいただけましたでしょうか?

近いうちにルーフバルコニーの同サービスでの取り外し・再組立てを紹介させていただきます。

次回はマンション1Fのウッドデッキと目隠しフェンスの紹介です。

コーポラティブハウスのルーフバルコニーデッキ~目黒区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンション大規模修繕時サービス, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2017年4月5日

タグ: , , , , ,

目黒区へお住まいのお客様からルーフバルコニーウッドデッキの資料請求をいただきました。

築13年目で大規模修繕工事がこれから始まるそうですが、ルーフバルコニーのウッドデッキが腐ってきているので大規模修繕工事が終了次第、ウッドデッキを施工したいとの事でした。

修繕工事が始まる前に調査・採寸へお伺い。

 

CIMG0638

お客様の御住居はマンションではなく、先々月にこのブログでも紹介したコーポラティブハウスの3階でした。
コーポラティブハウスもマンションと同じ集合住宅のひとつですが、やはり外観も一部屋ごとに室内も違い個性的です。

CIMG0640

お客様のお話では使用されている木材は”カリン”とのことでしたが、当社ではカリンでのウッドデッキの施工経験がない為、木材の特定はできませんでした。

CIMG0639

CIMG0637

床板の腐りも多少みられましたが、この点検口の蓋部分で見られた根太の腐れがひどく、こちらはどうもカリンではなく防腐注入木材のようです。

この既存のウッドデッキの解体撤去は大規模修繕工事会社が行う事になっていますので、新規にやり直すウッドデッキの仕上がりと施工スケジュールを打ち合わせ。
施工はスケジュールはルーフバルコニーの防水工事が終わってから工事用の仮設足場を外すまでの1~2日間しかありません。

その理由は、お客様のお部屋はメゾネットタイプという事もあり、室内を長物の材料を運ぶには、ちょっと難ありでしたので足場を使い外からの搬入する事にしたからです。

工事会社から、防水工事終了の連絡を受けまして、

IMG_0227

IMG_0226

横幅約10m、奥行き2mのルーフバルコニー。

IMG_0225

お客様の張り方のご希望は基本的には既設のウッドデッキと同じ長手方向への横張り。板継ぎ部は、いも張ではなく千鳥張りで。

 翌日足場が外されるスケジュールでしたが、材料搬入も含め1日目のお昼過ぎには完了。

お客様から翌日メールで

「工事素早く終了していただきありがとうございます。

仕上がりも非常にきれいでした。」

 

今回はイペで施工しましたので、次回(たぶん13~14年後?)の大規模修繕工事時でも腐っていませんので、取り外し・保管・再組立てが可能です。その時にはご一報ください。

次回は戸建の庭ウッドデッキの紹介です。

お伺いしたら中庭でした~目黒区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンション専用庭ウッドデッキ, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年3月4日

タグ: , , , , ,

目黒区の戸建住宅へお住まいのお客様から、庭用ウッドデッキの資料請求と見積もりご依頼をいただきました。

ご連絡いただいた寸法から概算見積もりをさせていただき、その後お伺いさせていただいたのですが・・・・・

 

PC100002

 

PC100003

PC100005

玄関から家の中へ案内されて、たどり着いたのは、なんと中庭。庭は庭でも中庭へのウッドデッキ設置がご希望だったんです。

こちらの中庭は3面は家の壁に囲まれ、1面のみが外に面していますが、ご覧のようにアルミの千本格子フェンスになっています。
また下はタイルが敷かれていますので、ウッドデッキはマンション1階のテラスへのウッドデッキと全く同じ構造で施工する事に。

IMG_2140

 

廊下の掃出し窓口からの写真。
ここからウッドデッキに出るようになりますのでこちらのサッシ高さに合わせて施工しています。

 

IMG_2144

段差が18cmくらいありましたが、これを解消した高さになりました。

IMG_2137

タイルテラスは外に向かって勾配がかなりありましたが、ウッドデッキは水平仕上げ。

今回は同じ面積でも庭用のウッドデッキと違い基礎の工事もなくなったので、当初概算よりは安くなりました。
同じ中庭でも下が土の場合は、基礎工事が必要となりますので別ですが。。。。。。。

それでは今回の中庭ウッドデッキ終了。次回はマンションベランダウッドデッキです。