百貨店の屋上ウッドデッキ

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 屋上ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年5月7日

タグ: , , , , , ,

今回の紹介は東京都内の百貨店屋上で施工しましたウッドデッキの紹介です。

今回は施工前の写真はありません。まぁ、あまり必要がないといえば必要がない施工場所でしたので、撮らなかったというか・・・・・・・撮り忘れました。(打ち合わせだけはしっかりさせていただきましたが)
実はわたくし事ですが、田舎物の私は”人酔い”するので百貨店とかショッピングモールが苦手です。この度も15年ほど前に違う百貨店で施工した時以来の”ご入場”でした。

 

商業施設

 

その時の写真。フェンスも施工しています。イペ製ですのでいまだ現役で使われています。

今回は屋上のカフェテリアのテナントさんらしく、5年ほどの耐久性があれば良いという事でコスト重視で床板はイタウバ。
ウッドデッキは根太の方から腐ってきますので根太だけを耐久性が高いイペ仕様としました。
耐久性の問題だけではなく、屋上は固定できませんので、反りが大きい材を根太に使うと全体が波打つ可能性があります。・・・・・テクノグリーンでは、個人宅のイタウバのバルコニーウッドデッキも同じ理由で根太だけはイペを使用しています。

IMG_0346

 

IMG_0347

完成しました屋上ウッドデッキ。高さ15cm仕上げで周囲は幕板を下まで張る仕様です。

IMG_0345

 

木材がイタウバの為、今回は目地すき間5mmの千鳥張りとしています。

IMG_0350

今回床板は現地で1枚ごとに張りこみましたが、カットは製作図面通りに全て工場で行っています。現場での切断はほぼ無しでの施工です。

百貨店での施工自体は問題はないのですが難題は搬入。前の時もそうでしたが昼間の営業時間にはこの量(今回は3トン以上)を搬入できませんので、営業終了後夜間から深夜にかけての材料搬入となりました。・・・・・・・・職人の皆様ご苦労様でした。

さて、このウッドデッキ施工完了後にカフェのお店つくりがあって終了していると聞いていますので、百貨店が苦手な私ですが一度見に行ってこようかな?

これで屋上ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションの屋上?ルーフバルコニーとベランダウッドデッキを。

 

 

屋上のウッドタイルをウッドデッキへ~江戸川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:屋上ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年4月19日

タグ: , , , , , , ,

江戸川区の一戸建へお住まいのお客様から、「戸建住宅の屋上2.6m×2.6mのウッドデッキはどのくらいになりますか?」とお電話で見積もりご依頼いただきました。

屋上ウッドデッキの写真集、資料と一緒に概算見積書を送付後しばらくしてから、「注文したいので採寸を」とお電話をいただき、調査担当者がお伺い。

CIMG2177

屋上を見せていただくとウッドタイルが敷かれていました。別段腐って使えなくなった訳ではありませんが。。。。。。。
今までもお伺いしてみるとこのように戸建の屋上やベランダに、ご自分でウッドタイルやタイルを敷かれている方がたくさんいらっしゃいます。

 

CIMG2181

ただ寸法的にぴったり合わなかったり、排水溝の上には敷けませんのでこのようにすき間が大きく開いてしまいます。
また板と板の間とパネル同士の間のすき間も大きくて「ゴミが落ちやすく掃除が大変で・・・・・・」とお客様から聞かされます。

 

CIMG2175

それと、出入り口での段差。

 

CIMG2183

ウッドタイルの厚みは2cmくらいしかありませんので、段差の解消は期待できません。

そこでこれらの問題を解決するためにウッドタイルからウッドデッキへ。

 

IMG_0750

IMG_0749

出来上がりましたウッドデッキは出入り具の扉高さまでに。

 

IMG_0752

IMG_0746

いつものイペ製すき間無し施工。

 

IMG_0753

 

ウッドデッキ化するにあたり、せっかくあった外水栓を有効に使うために水受けパンを設置。
これで使い勝手の良い屋上に生まれ変わりました。

最近は屋上のある家が増えているのでしょうか?屋上をアウトリビングにするウッドデッキのお問い合わせが多いような・・・・・

次回は庭のウッドデッキを紹介します。

 

 

家の価値が数倍にも上がった気分です~中野区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:バルコニー ウッドデッキ, 屋上ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年1月5日

タグ: , , , , , , ,

東京都中野区にある鉄筋コンクリート3階建の中古住宅を購入され、リノベーション後にお住まい予定のお客様から屋上ウッドデッキの資料請求と見積もりご依頼をいただきました。

図面は2階、3階のバルコニーと屋上へのウッドデッキが予定されており、数回の図面での施工範囲を打ち合わせと見積もりのやりとり。
その後、リノベーション工事の打ち合わせ時に一緒にウッドデッキの現調打ち合わせを。

 

CIMG1320

こちらは2階のバルコニー。パラペット高さまでウッドデッキを嵩上げ施工します。

CIMG1328

こちらは3階のバルコニー。1ヵ所は収納庫を置くスペース、1ヵ所は植栽スペースとなる部分になるので、その2ヵ所はくり抜き施工となります。

 

CIMG1325

 

CIMG1326

屋上に上がる階段はこの3階バルコニーにあります。

CIMG1330

こちらのウッドデッキはサッシ高さまで。

 

P6170012

 

屋上から見た3階バルコニーです。

 

P6170001

階段を登り切ったところから見た屋上。

 

P6170007

こんな感じで屋上と階段は繋がっています。

 

P6170006

 

屋上のこの部分をウッドデッッキにします。こちらも仕上がりの高さをお客様と打ち合わせして現地調査は終了。

この後リノベーション工事に着手して3か月後に外壁と屋上の防水工事完了の連絡を受けて、いよいよ当社のウッドデッキ工事へ。

 

IMG_0493

2階バルコニーのウッドデッキが完了。パラペット高さに仕上がっています。

 

IMG_0512

3階バルコニーから見た2階バルコニーウッドデッキ。

 

IMG_0508

 

IMG_0507

3階バルコニーのウッドデッキ、お客様と打ち合わせしました場所、サイズにくり抜き施工しています。

 

IMG_0504

室内から見た3階バルコニーウッドデッキ。良い感じですね。

 

IMG_0501

屋上から見た3階のウッドデッキ。

 

IMG_0496

最後は屋上のウッドデッキ。

 

IMG_0500

こちらに飛び出している金属の棒は、現調時になかった防水の脱気筒。防水工事完了後に連絡を受けて若干設計を見直して製作しています。

 

IMG_0499

屋上全部ではなく、使用する部分のみを正四角形にウッドデッキをつくりました。
凹凸があったり、正四角形でないと材料ロスが多く出ます。お客様と打ち合わせの上、できるだけロスが少なく㎡単価が安くなるよう提案させていただきました。

 

初めはイペ材をご存じなかったお客様は、屋上ウッドデッキの写真集とイペ材のサンプルをご覧になり、すっかり気に入っていただきご注文いただきました。

施工完了後にメールで

「この度は施工完了ありがとうございました。
まだ、内装工事自体が完成していないので、
ウッドデッキを存分に楽しめていないのですが、
それでも、このウッドデッキができたことにより、
家の価値が数倍にも上がった気分です。

最初に施工されたものを見たときの興奮が今でも冷めずにおります。
本当にありがとうございました。
早く屋上で一杯飲みたい気分です。」

この気分、よく判ります。ウッドデッキで一杯・・・・・・・

次回はマンションバルコニーウッドデッキの紹介です。