コンクリートの床なのでそこをウッドデッキに~江東区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンション専用庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年6月11日

タグ: , , , ,

江東区のマンション1階にお住まいのお客様から資料請求と見積もりご依頼をいただきました。

「マンション1Fに住んでおりバルコニーが付いているのですが、コンクリの床なのでそこをウッドデッキにしたいです。
概算お見積もりをお願いいたします。横幅5400mm奥行1250mm。よろしくお願いいたします。」

マンション1階のウッドデッキ写真集&資料と見積書を一緒に送付させていただきました。

届きまして直ぐに、
「サンプルとお見積書をありがとうございました。
正式見積もりをお願いしたく存じます。」

と、採寸希望日を連絡いただきまして、

CIMG3592

 

CIMG3591

室内に続いてコンクリートテラスがあり、その前は1段下がった専用庭。飛び石も設けられた和風庭園でした。

せっかくの庭へ繋がる部分がコンクリートじゃ味気ないですもんね。

 

CIMG3595

下のコンクリートから網戸迄の高さは約10cmほどあり、網戸下までの高さ調整タイプウッドデッキを作る事が可能です。

特に凹凸もなく、高さの問題もなかったので採寸・打ち合わせは短時間で終了。この日は同じ江東区のマンションの採寸も入っていましたので、そちらへ急行。

 

IMG_0435

今回はお客様から幕板不要との事で幕板取り付け無しで施工しています。

IMG_0442

室内からの段差を極力小さくする為、網戸下ぎりぎりの高さに仕上がっています。

 

IMG_0438

天然木のウッドデッキと和風庭園。
これで白砂利と飛び石で造られた和風庭園も生きてきましたね。

これでマンション1階のウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建の庭ウッドデッキを。

 

 

ウッドパネルからウッドデッキへ港区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, マンション専用庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年2月25日

タグ: , , , , , , , ,

東京都港区のマンション1階へお住まいのお客様からお電話をいただきました。
ご自分で1階のテラス部分へウッドパネルを敷かれたそうですが、すき間にゴミが入るし手入れが大変なので当社のすき間無しウッドデッキにしたいので見積もりを出して欲しいとの事でした。

CIMG3458

テラス部分に45cm角のパネルが敷かれていますが・・・・・

CIMG3459

よくみますと、本物の木ではなく人工木でした。
裏のプラスチックのベースから人工木が外れてばらばらになっています。簡単なビス止めだけなので使用しているうちにはずれてくる?というかベースが壊れてる?

CIMG3461

またこのような出隅・入り隅部分ではどうしても綺麗に張る事ができず、大きなすき間が出来てしまいます。

 

CIMG3467

また隣り合うパネルのすき間のみならず板材同士のすきまも大きく、ゴミの溜り具合は半端なし。

そこでお客様は、まだ敷いて間もない新品状態でしたが取り替えを決断し、すき間無しのウッドデッキをネットで探されたそうです。

 

それではお客様のご希望でありましたすき間なしウッドデッキの完成写真を。

IMG_0316

奥行きは2.7m。前面には化粧幕板を取り付け。掃出し窓の両側脇にはマリンライトも取り付けました。

 

IMG_0312

どうですか?イペのすき間無しウッドデッキ。ウッドパネルとは、全く別物です。

IMG_0314

出隅・入り隅部分も、もちろんすき間なくピッタリと施工。

 

IMG_0317

物置の扉前。この開き戸が開けれるような高さ調整には設計する上で少々悩みましたが、なんとか開けられる高さに出来上がり。

お客様から施工後のアンケートで、

「バルコニーが広く見えて嬉しいです。
まだ寒い時期ですが、これからホームパーティーの機会が増えると思います。
迅速な対応ありがとうございました。」

と、いただきました。
お客様もウッドパネルからウッドデッキへの切り替えの決断、迅速でしたね。

これでマンション1階テラスウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建の庭ウッドデッキを。

 

 

 

ここも追加でウッドデッキの施工を~中野区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年12月10日

タグ: , , , , ,

昨年、戸建のバルコニーと屋上のウッドデッキを施工されたお客様からメールをいただきました。

「お世話になります。○○です。

昨年、家のウッドデッキ工事をお願いしたものです。

半年以上が経過して、ウッドデッキのありがたみを心から感じております。
おかげさまで本当に気持ちが良い日々を過ごせています。

さて、ここから新規のご相談なのですが、
前回2階のバルコニー(東側)については、施工しなかったのですが、改めて生活をしていくにあたって、
洗濯物の出し入れ等を考えると活用頻度も高く、ここも追加でウッドデッキの施工をお願いできないかと考えております。」

今回も2階の平面図を送付いただき、概算見積もりを。
前回の施工から、おおよそ予想していた金額に近いとの事で、現地調査・採寸へ。

CIMG3100

こちらはリビングに面しています。同じ2階のバルコニーでも昨年施工したのより出幅は短いですが、横幅はたっぷりと。

採寸の後に、作りの部分でご希望を聞いて、材と仕様は前回と同じイペですき間無し施工で。

IMG_1036

これで活用度が高いバルコニーが使い易くなりました。

 

IMG_1041

 

IMG_1042

実用性もさることながら室内いる時の雰囲気もガラっと変わりました。

 

IMG_1039

排水口の上は蓋加工。

 

IMG_1040

外に出られる腰壁の開口部分には、ウッドデッキ下へゴミが潜り込まないように化粧幕板を張って施工完了。

これで2階バルコニー2ヵ所、3階バルコニー1ヵ所、屋上へ1ケ所と全てがウッドデッキとなりました。・・・・・・まるでイペのウッドデッキ展示場のようです。
このように、使った上でウッドデッキの良さを感じていただき追加ご注文をいただけるのは、ウッドデッキ屋冥利に尽きます。

これで戸建のバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回は庭のウッドデッキ。(こちらもイペ材指定の増設工事です)