長手張りの戸建ベランダウッドデッキ~葉山町

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年7月27日

タグ: , , , , , ,

昨年の暮れに神奈川県葉山町へこれから一戸建て住宅を建てる予定のお客様からお電話いただきました。

「戸建住宅の2階ベランダへウッドデッキを検討しています。」
その後、メールで
「さっそく図面を添付いたします。(PDFがなかったため、写メにて失礼いたします。)」

と間取り図面を送付いただき、概算見積もりを。(戸建のベランダウッドデッキは図面があれば、かなり正確な見積もりが可能です)

半年が経ち、「竣工間近です。現地調査をお願いします。」とメールをいただき調査・採寸へ。

CIMG2342

ちょっと横幅の方が長いですが、正方形に近いベランダ。

CIMG2343

室内からベランダへ出るには、この1段高い所へ上がってからの構造になっています。

CIMG2347

そこからまた20cm近く下がってのベランダ。これでは段差解消できるウッドデッキが欲しくなりますね。

CIMG2345

お客様の御希望は、この段差解消はもちろんのこと板張りを長手方向にしたい!

おおよそ3.6mの間口でしたので2分割にしても1.8mの長尺パネルになります。
戸建2階ベランダは、内部を通して搬入するので一番筆禍りやすい階段をチェック。

CIMG2349

階段の幅や高さを測ってなんとか長手張りのパネルを搬入が出来そうです。

 

S__4456460

1枚板から長手張りのパネルを製作していますから、2分割していても設置し終わると3.6mの1枚板のウッドデッキになります。

S__4456462

高さもご希望通りにしあがりましたので、これで段差解消。

S__4456463

初めはイペ材をご存じなかったお客様でしたが、お送りしました資料・サンプルをご覧になりまして迷うことなく材はイペですき間無し施工に決められていました。
長手張りか短手張りかは価格で比較検討し、少々高くなりましたがお好みの長手張りをお選びになりました。・・・・・・平面形状によっては材料ロス等の関係で価格が違ってきます。

 

これで戸建ベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建の庭ウッドデッキを。

イペに出会えて良かった!~茅ヶ崎市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年4月14日

タグ: , , , , , , ,

神奈川県茅ヶ崎市のルーフバルコニー付新築マンションを購入されたお客様から、お電話をいただきました。

ネットで当社の”すき間無しバルコニーウッドデッキ”を見つけたので、資料を送付してくださいとの事でした。
他社からは人工木のデッキを提案されていたようですが、他のハードウッドや人工木は板間すき間を開けての施工になります。

資料送付後に図面を送っていただき見積もりを。その見積もりが、ご予算内との事で鍵引き渡し日に採寸と打ち合わせへ。

CIMG2122

ルーフバルコニーの全景。幅8m、奥行き4mと大きなルーフバルコニーです。

CIMG2125

引き戸前。

CIMG2127

開き戸前ですが、お客様の御希望はこの戸の前や引き戸前の梁(グレーのコンクリートあご)部分もウッドデッキでカバーしたい!

CIMG2123

こちらのベランダとの境界になっています梁も一緒にカバーすることに。

 

CIMG2132

梁の高さだけでも三十数センチありますので、ウッドデッキの高さは40cm近くになります。
今までにもルーフバルコニーで数か所このような高さに施工した経験はありますので、問題はありませんが価格は少々高くなってしまいます。

CIMG2131

 

またフェンス側はプランターを置くスペースとして1段下げた構造に、というのがご希望でした。・・・・・段差を付けた構造も何度か施工していますのでこちらもO・K。

IMG_0606

完成しましたルーフバルコニーウッドデッキ。梁のコンクリートも完全にカバーしています。

 

IMG_0612

 

IMG_0607

ベランダとの境界の梁もこの通り隠して。

 

IMG_0615

出入り口の開き戸前の梁もカバーして段差解消。

 

IMG_0610

プランター置ける幅に1段下げての施工部分。周囲は幕板で囲っています。

ウッドデッキの素材選び悩まれていたお客様。資料と共に送付しましたイペを手にして決断。
そのお客様からアンケートで、

「イペ材と出会えて良かったです。ありがとうございました。」

これでルーフバルコニーウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建の屋上ウッドデッキを。

台形の庭ウッドデッキ~相模原市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, ウッドフェンス, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2017年10月31日

タグ: , , , , , , , , ,

神奈川県相模原市の一戸建てへお住まいのお客様から、電話で資料請求と同時にご自分で採寸された寸法からの見積もりご依頼をいただきました。

その概算見積もりが、ご予算内との事で採寸へ。

CIMG1685

奥側の出幅が広い部分へウッドデッキをご所望です。

 

CIMG1696

 

ご覧のように台形の裏庭です。敷地と家の形状から裏庭は、このような台形になりがちですね。
既に防草シートで雑草対策がされたいます。これはそのまま使用してウッドデッキを施工します。

 

CIMG1687

さて実際に測ってみるとお客様から事前にいただいていた寸法より大きい事が判り、お客様にも寸法をその場で確認していただきます。
どうも境界ぎりぎりまで施工出来ないと思い、小さく採寸していたのかも。特に台形の採寸は難しいですし。

できるだけ大きく作りたいとの事で、採寸寸法にて再見積り。・・・・・・・・やはり1割ほど高くなってしまいましたが。。。。。。。

再見積書提出後、お客様からメールで

「先日はありがとうございました。
見積もりも拝見いたしました。 

 やはりサイズが大きかった分金額も予算より高くなってしまったので、家族に相談し、昨日話し合った結果
高くても技術も品質も信頼のおけるところにお願いした方がいいという結論になりました。」
いやぁ、こう言っていただけると本当にありがたいです。送付しました資料も良く読んでいただいたようで、長い期間の耐久性を担保するには使う木材はもちろん、施工方法も設計もしっかり行う事が必要とご理解いただいてました。
そこで今回も使用木材は一番耐久性のあるイペ、設計もしっかりと下部構造部材すべてを撓み量まで計算して図面作成、施工はいつものテクノグリーン方式で木材の継ぎ部には水が溜りにくい工法で。
マァ、つまりいつもの要領での施工でした。これで10年保証のウッドデッキが完成。
IMG_0445
ウッドデッキへの入り口。
IMG_0446
敷地めいっぱいに作ったので、作る前より広くなりました。
IMG_0447
入口の1段ステップ。これも敷地ぎりぎりに台形に作っています。こうするとバランスがとれてウッドデッキ全体も大きく見えます。
IMG_0449
フェンスのコーナー部。ここを見ると台形だと判ります。
IMG_0450
今回のフェンス高さは120cm、横板同士のすき間は10mm。ん~、準目隠しフェンスといったところかな?
これはお客様に実際に庭に立っていただき決めました。
ウッドフェンスの高さやデザインでは、これが一番というのはありません。
周囲の環境やウッドデッキの奥行きから使い方、場合によってはお客様の背の高さまで考慮し最後にはお客様のご希望に合わせて設計します。
その為にフェンス付ウッドデッキの場合は、今までの施工例写真集(100ケ所以上)を携えて打ち合わせさせていただいています。・・・・・・だいたいこのくらいあれば、似たようなシュチュエーションでお好みなのが見つかります。
と、今回はウッドフェンス高さ・デザインの決め方手順の紹介で終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。