ウッドデッキの作り替えはイペで~川崎市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例, 腐朽ウッドデッキの取り換え工事 | 投稿日:2021年8月15日

タグ: , , , , ,

神奈川県川崎市にお住いのお客様からメールをいただきました。
「簡単な図面を送付しますので、イペで概算見積もりをお願いします。」

ご自分で描かれた図面は単純な四角形ではなく、四角形と三角形を併せた形状でしたが各寸法を入れた図面でしたので概算見積もりさせていただきました。

その概算見積もりがご予算内との事でお伺い。

CIMG5751

10年前ほどに新築された時に作られたウッドデッキ。これが腐ってきたので作り変えを計画。

CIMG5757

CIMG5755

レッドシダー製のウッドデッキでした。

CIMG5759

毎年塗装で手入れをされていたようですが・・・・・

いつもの通り塗装できる表面は腐っていないのですが、雨が表面の割れから染み込んで内部で腐朽が進んでいました。
このような状態になるような時期は、同じように塗装のメンテナンスが出来ない床裏の根太や束も腐っています。
—–ウッドデキは耐久性の高い木材を使用しなければ、メンテナンスだけでは腐ってしまう——

この事を実感されたお客様は、「イペ材をメインで施工している会社なので・・・・」と当社へご注文いただきました。

それでは今までのウッドデッキを撤去し新たに作られたウッドデッキを。

IMG_0353

IMG_0360

ウッドフェンスの高さは今までより少々高めに作り替え。

IMG_0355

ウッドデッキと今までとほぼ同じに作り替えています。

IMG_0354

GRC製の立水栓はそのまま残し再利用しましたが、水受けだけは交換。

IMG_0356

今まで奥側には付いていなかったのですが、今回はワンコ用に低めのフェンスを取り付け。

IMG_0359

IMG_0361

イペ製のウッドデッキ作り替え工事は完了。
当社ではイペ製のウッドデッキは腐朽に対し10年保証しています。
これで毎年の塗装によるメンテナンスからは解放されます。

お客様からアンケートで、
「希望の通りに造って頂き有難うございました。
イペ材の良さはすぐに実感するのは難しいですが、これから長い期間、丁寧に使いたいと思います。」

これで庭ウッドデッキの作り替え工事の紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

びょうぶ風なウッドフェンス~茅ヶ崎市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドフェンス, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年7月15日

タグ: , , , , , ,

神奈川県茅ヶ崎市内の新築戸建てを購入されたお客様から送付しましたサンプルのイペ材を気に入っていただき、図面を送付の上、見積もりご依頼いただきました。

裏庭全体へのウッドデッキと裏隣家との境界側への目隠しフェンスをご希望でしたが、隣家との境界線は直線ではなくまるで折れ線グラフのように何か所かの折れ点がある敷地形状でした。
その図面からのウッドデッキとウッドフェンス見積もりがご予算内との事で、新築の家の竣工を待ちまして現地調査へ。

CIMG5727

CIMG5730

いただいてた図面のように、折れ点3か所の境界ブロックとアルミ板塀フェンスが設置されていました。
お客様のご希望は、どちらも隠したい!目隠しのアルミフェンスも目隠ししたい!・・・・お気持ちよくわかります。

 

CIMG5733

境界のこちら半分は直線。

CIMG5729

少々雑草が生えてきているのを気にされたお客様が、防草シート敷設を希望されて打ち合わせを終了。

家の引き渡しも済み引っ越し後に施工へ。

IMG_1054

IMG_1049

IMG_1048

3か所の折れ点がある目隠しウッドフェンスは出来上がるとびょうぶ風です。

IMG_1052

 

ウッドデッキもご希望通り敷地目いっぱいに仕上げました。

IMG_1050

両サイドに1段ステップを取り付けて施工完了。

お客様からアンケートで、
「この度はありがとうございました。
 とても素敵なウッドデッキで、家族もとても喜んでいます。」

と、いただきました。

これで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回はマンションベランダウッドデッキを。

ルーフバルコニーをレイアウトされて~川崎市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2021年5月25日

タグ: , , , , ,

川崎市内の新築マンションを購入され未入居のお客様から資料請求いただきました。

「新築マンションにルーフバルコニーへウッドデッキの施工を検討しております。」

その後、購入されたお部屋の間取り図面を送付いただき概算見積の後に内覧会時に同行させていただき調査・採寸へ。

CIMG5503

CIMG5506

ごく一般的な形状のルーフバルコニー。全体の寸法を測り、採寸は終了。

CIMG5510

こちらはベランダとルーフバルコニーの境界となる梁の部分。これも通常ごく一般的にある代物です。
この梁を基準としてウッドデッキの仕上がり高さを打ち合わせして現地調査は終了。

その後お客様からルーフバルコニーに置かれるプランターや物置のサイズや個数から施工範囲の相談をいただき、最終レイアウトを決定し施工へ。

IMG_0321

完成しましたルーフバルコニーウッドデッキ。高さは納まりが良い梁のアゴ下になっています。

IMG_0316

IMG_0318

プランター等を置くスペースとして、お客様は購入されたプランター等のサイズと個数から、前のフェンスからは何十センチ、奥側から何十センチとご連絡を受けて施工させていただきました。

IMG_0323

この開いた空間に引越し後、落ち着いてからプランターを置かれガーデニングをされるようです。・・・・残念ながら当社で紹介できるのはここまで。

次回はマンションベランダウッドデッキを。