リフォーム後にベランダウッドデッキ~鎌倉市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:戸建てベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年1月23日

タグ: , , , , , ,

鎌倉市のお客様から見積もり依頼のお電話をいただきました。

「購入した中古住宅をリフォーム中です。リフォーム後に2階の1.8m×9.7mのベランダへ、すき間無しのウッドデッキを考えていますので見積もり願います。」
当社のホームページの戸建ベランダへのすき間無しベランダウッドデッキをご覧いただいてのお電話だったそうです。

お聞きしたサイズから、概算見積もりをさせていただいた後、現地調査日を打ち合わせ。

CIMG3222

調査採寸へお伺いしましたのは、リフォームも終わり引っ越しされた翌日。

 

CIMG3231

ベランダもリフォームで新たに防水工事もされていました。
前のベランダにもウッドデッキが敷設されていましたが、腐っていたのとすき間ありでしたので下には塵がいっぱい落ちていたのを見て、新しいウッドデッキはすき間無し施工にと。

 

CIMG3232

両サイドには何故か幅広い段差溝が・・・・・。この段差を無くしてフラットにするのがお客様のご希望でした。

 

CIMG3227

壁から出ている水道の蛇口ですが、位置が高すぎるので低い位置への変更と水受け設置の依頼を受けこれらを含めて見積後、ご注文をいただいて施工へ。

 

IMG_1061

IMG_1066

すき間無しのベランダウッドデッキ。

 

IMG_1064

部屋凸部分のウッドデッキ。

 

IMG_1063

壁に付いていた水道は、ごらんのように立水栓風に仕上げた上、蛇口の下には水受けパンを設置して施工完了。

お客様からアンケートで、

「すき間なしの施工でしたので決めました。ありがとうございました。」

・・・・・・・すき間から落ちてたまったゴミを一度見てしまうと、やっぱりすき間無しのウッドデッキを選んでしまいますよね。

これで戸建ベランダウッドデッキの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキの取り替え工事を。

 

 

 

 

 

 

裏庭にウッドデッキが欲しい~川口市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年1月15日

タグ: , , , , , , , ,

埼玉県川口市にお住まいのお客様から資料請求をいただき、資料到着後メールをいただきました。

「先日は資料を送付いただきありがとうございました。

資料及び貴社Webサイトを拝見いたしました。
ウッドデッキを施工をぜひお願いしたいのですが、まずは費用感を確認したく、
概算見積もりをいただけないでしょうか。

裏庭にウッドデッキが欲しいと思っています。」

このメールには、数枚の写真と図面が添付されていました。

!cid_86B2E5A1-4E7B-4F38-9AB4-95357AEC5DC9

!cid_4788E24D-BB9D-4CF4-92A4-F3691F39F043

ご希望のウッドデッキサイズ図面と仕上がりイメージ図です。

逕サ蜒・・呈擲縺九i

逕サ蜒・・楢・ソ縺九i

頂きました庭の現況写真

また、仕様の詳細も以下の通りに説明が・・・・・

「裏庭には立水栓(画像1の①の位置)、屋外用コンセント(画像1の④の位置)、
90cm水槽(画像1の②の位置)があります。
立水栓と水槽はウッドデッキの上へ移動し、
屋外用コンセントはデッキの下に隠れてしまいますがデッキの床の一部を外せるようにして
コンセントにアクセスできるようにしたいと思っています。
既存の立水栓の取り外しと、新しい立水栓の設置も貴社にお願いしたいです。
水槽の移動はこちらで実施しますが重さが200Kgほどあり、ウッドデッキの強度的に
問題ないのかが気になります。

・ウッドデッキの高さは室内の床と同じ(約45cm)。
・家に面していない3面にフェンス(高さ約80cm)を設置。
・西側には目隠し用の高めのフェンスと物干し金具を設置。
・床下収納のようなものが欲しい。車のタイヤをしまいたい。
・東西のフェンスには扉を設けて、外に出れるようにしたい。
・タープ用の柱とフレームを取り付けたい。」

これだけご希望の仕上がり詳細をご連絡いただければ正確な見積もりが可能です。
見積書を送付後、ご注文をいただき現地調査へ。

現地調査といっても、これだけ詳細の図面をいただいていましたので実際の現地寸法の確認だけ。
あとはウッドデッキ上に載せる予定の水槽の大きさを測るだけです。(水槽が乗る部分は重さに耐えるように下部構造を補強しますので)

あとは、タープ用フレームやフェンス高さを打ち合わせしまして終了。

当社で撮影した写真も、この1枚だけ。

CIMG3302

・・・・・・水槽の写真でした。

それでは出来上がったウッドデッキの写真を。

IMG_0230

いただいていたイメージ図と同じく扉付の縦格子&一部横板目隠しフェンス。

 

IMG_0231
新たにウッドデッキ上に載せた木製立水栓と水受け。
窓前は水槽が乗る予定ですので補強しています。と、いっても床下を補強しているので写真では判りませんが・・・・・・

 

IMG_0229

東側のタープ用柱&フレーム。扉前にはタイヤの床下収納用蓋を2ヵ所設置しています。

 

IMG_0232

最後、タープ柱に物干し金物を取り付けて完了。

施工完了後、「イメージした通りのウッドデッキになりました。」と、お言葉を。

それではこれで庭ウッドデッキの紹介は終了。次回は戸建バルコニーデッキ。

 

 

ウッドフェンスの高さ・デザインを変えて~葛飾区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:その他, 一戸建て庭ウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年8月14日

タグ: , , , , , , ,

葛飾区内の新築分譲住宅を購入されたお客様から、「引き渡しは先になりますが」と家の敷地図面にご希望のウッドデッキサイズを書き加えて図面をお送りいただきました。
図面からの見積書と資料・写真集・サンプルを送付していましたが、数か月後に入居からしばらく経ち落ち着いた頃に現地調査依頼を受けお伺い。

CIMG2603

CIMG2606

図面ではなかなか判らなかったのが隣家の壁。住まわれてから初めて気づき元は1m位のフェンスで計画していたのを1.8mの目隠しフェンスへ変更。

 

CIMG2599

こちらの立水栓も図面にも画かれていましたが、思っていた以上に大きく庭の使い勝手を悪くしています。

この部分もウッドデッキにするので、お客様のご希望でこれを壊し新たに木製の立水栓と水受けをウッドデッキ上に製作する事に。

 

CIMG2598

手前が裏庭から続く駐車場の後方部分。こちらがメインのウッドデッキとなりますので、車の駐車スペースを考慮しながら最大でできるウッドデッキのサイズを決めていきます。
ウッドデッキの大きさとウッドデフェンスデザイン等々の打ち合わせを終了し、最終見積もり後に施工へ。

 

IMG_0898

駐車場後方に施工したウッドデッキの一部。ステップは邪魔にならないように内部へ作っています。
またフェンスは目隠し用ではないので横板を間引いて少なく。

IMG_0895

こちら側はお隣の通路となっていますので、横板の数は通常のパターンで。

IMG_0893

 

リビングの掃出し窓前にはお隣の浴室窓が丁度ありましたので、この部分は同じデザインで高さ1.8mのフェンスとしました。
コンクリートの立水栓とレンガの水受けも木製と埋め込みの水受けパンへと小ぶりになりました。
写真の上に付いているのは物干し金物。これは打ち合わせ時の最後に奥様からのリクエストで。

施工完了した数日後、お客様からメールで

「先日は丁寧なウッドデッキの施工、ありがとうございました。素敵に出来上がり喜んでおります。

 ただ、
隙間から見える隣家の小窓が気になります。
2cm隙間を4箇所、イペ木材を埋め込み、隣家から見えなくしたいです。
その分のイペ木材をいただけませんでしょうか。
2cm隙間に80cmを4本です。
 
何卒よろしくお願いいたします。」
今回の横板デザインのすき間は20mmです。20mmのすき間は圧迫感はないのですが、近いところにありますと目隠し効果は小さくなります。
そこで窓の部分だけすき間無しにしたいという要望でしたので、20mmのすき間を埋める材を作成して後日取り付けへお伺いしました。(残念ながら、すき間を埋めた写真はありません)
これでお互い目線が合う事がなくなりますので気まずい思いをすることもなくなります。

人工木材と違い天然木の横板フェンスは板幅やその組み合わせ、すき間を目的や設置場所により自由自在に変えられます。・・・・・この設計の自由度が高いのも当社が天然木しか扱わない理由の一つですが。

それではこれで庭ウッドデッキの紹介を終了し、次回はルーフバルコニーのウッドデッキを。