室外機2台を1つの横長のカバーに~品川区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2019年4月5日

タグ: , , , , ,

昨年の暮れに、品川区のマンションにお住まいのお客様から資料請求いただいていました。
その後間取り図面をメールで送付いただき、概算見積もりをさせていただきました。

見積もりが、ご予算内との事で採寸へお伺い。

CIMG3440

ウッドデッキの仕上がり高さをこの網戸下までにするのがお客様のご希望です。

CIMG3439

下から12cmほど、ありますので余裕で高さ調整タイプが施工可能です。つまり水平なウッドデッキに仕上がります。

CIMG3431

こちらにある2台の室外機。これらへの室外機カバーもご所望です。当然室外機に合わせてカバーを製作するのでサイズをしっかり測ります。

この調査・採寸を終えた翌日にお客様からメールで、

「室外機2台を1つの横長のカバーにしていただけないでしょうか?
サイズが無理でしたら、室外機1台につきカバー1つでお願い致します。カバーの上にプランターなど置けるようにしてください。」

と、いただきました。

製作するの事自体は可能ですが、なんせイペで作ると重くマンションの場合、運搬・搬入が大変です。
2段積みタイプも重いので上と下へ分割して製作し現場で組みたてるのですが、横長2台分カバーは骨組みまでの半製作とし、残りは現場で取り付けます。

それでは完成しました室外機カバーを。

 

IMG_1125

IMG_1132

室外機カバーというより、立派な花置き台となりました。

さて仕上がり高さは?

IMG_1125

 

IMG_1131

はい、こちらも網戸下へピッタリと納まっています。

これでマンションベランダデッキの紹介は終了。次回は最近お問い合わせの多い、マンション大規模修繕時の保管サービスについて・・・・・です。

 

 

 

ベランダも境界の梁もウッドデッキに~府中市

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:ウッドデッキ用木材について, マンションベランダウッドデッキ, ルーフバルコニーウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年11月28日

タグ: , , , , , , ,

府中市に新築中のマンションを購入されたお客様が、間取り図面をお持ちになり来社されました。

当社へ来られる前に他のウッドデッキ施工会社へ行き、同じように図面から見積もりを取られたそうですが、そこには木材名がアマゾン××××と書かれていて調べてみたらそんな木材は無い!

そこでその会社に不信感を抱き、当社へ来られたそうです。昨日も同じく「アマゾン××××って、どんな木材ですか?」と電話で他のお客様から問い合わせをいただきました。
・・・・・・・毎月、1件くらい同じ問い合わせを受けるんですが、全部このアマゾン××××です。
見積もりしているのも同じ会社。ウッドデッキの木材名は偽名ではなく正式木材名で見積もりするべきだと思うんですがね。

ご来社いただいたお客様には、木材サンプルをそれぞれ触っていただきながら特徴と耐久性を比較した資料で丁寧に説明させていただきました。
そして手に取り気にいりましたイペ材でのウッドデッキ見積書を作成。

しばらくして内覧会が決まったのでと連絡を受けて同行調査へ。

 

CIMG2967

こちらのルーフバルコニーへ全面施工。

CIMG2964

ウッドデッキの仕上げ高さは、このサッシの水切り迄。約30cm近くとなります。
この高さの打ち合わせが終了したところで、

CIMG2976

こちらのベランダの施工もご依頼いただきました。

CIMG2973

片側の窓は開き戸になっていますので、戸が開けられる高さを慎重に採寸していきます。
この採寸が終わると、

CIMG2971

ベランダとルーフバルコニーの境界になっている梁部分もウッドデッキ化のご依頼。ベランダから梁までの高さが60cmほどありますので、その段差には階段も。

マンションの引き渡し、それに続く内装リフォームの終了を待ちましていよいよウッドデッキの施工。

 

IMG_1048

先ずはベランダからの階段と梁部分のカバー。これでベランダからバルコニーへの行き来が楽になります。

IMG_1043

 

 

IMG_1044

ベランダウッドデッキ。避難ハッチも蓋加工しています。

 

IMG_1046

室内から見たベランダウッドデッキです。

 

IMG_1049

ルーフバルコニーウッドデッキです。

IMG_1047

ルーフバルコニー側から見た梁カバー。こちらのウッドデッキからは段差が小さいので階段は無し。

IMG_1051

こちらは室内から見たルーフバルコニーウッドデッキ。奥行きは3.3mほどあります。

IMG_1053

室外機カバー。これもサイズン時に追加ご注文いただきました。
エアコン設置はこれからですが、カバーを先に納入させていただきました。エアコンの機種は予めお客様から聞いていましたので、そのサイズに合わせて製作しています。
ピッタリはまる?・・・・・・・はずです。

これでルーフバルコニーとベランダのウッドデッキ並びに梁もカバーした紹介は終了。次回は大規模修繕時の預かりサービスをまとめて紹介します。

ベランダウッドデッキとオーダーサイズの室外機カバー~大田区

0

投稿者:technogreen | カテゴリ:マンションベランダウッドデッキ, 最近の施工事例 | 投稿日:2018年10月22日

タグ: , , , , , ,

大田区のマンションへお住まいのお客様から資料請求いただきました。

資料と写真集を送付後、ご覧になったお客様から間取り図面と現況の写真を添付しましたメールをいただきました。
「写真に写っている室外機のカバー2台も一緒に見積もり願います」と。

図面からの見積もり後、日程調整しお伺い。

CIMG2663

多摩川に面したマンションベランダ。
大田区のこの多摩川に面した地域にはマンションが多く今までに新築時を併せると10ヵ所くらい施工しています。

 

CIMG2670

お客様の仕上がり高さはサッシ網戸下までで約4cmほどしかありません。この高さですと水平の仕上がりにはできませんので了解をいただきます。

 

CIMG2668

 

CIMG2672

この2台の室外機のカバーをご所望ですが、「カバーが窓に掛からない壁サイズで出来ますか?」・・・・・・・室外機サイズと壁サイズをミリ単位で測り、要検討。(マンションではこのご要望が多いのですが、出来ない場合も多々あります。カバー自体の厚みが結構ありますので。)

 

IMG_0862

 

IMG_0861

 

ぎりぎり、なんとか壁のサイズに納まった2台の室外機カバー、良かったです。

 

IMG_0867

室内から見たウッドデッキ。サッシ下の仕上がりですので、室内からは少々下がっています。

 

IMG_0865

水平仕上がりではないですが、元々勾配が小さかったのでそんなには気にならないですね。

水平仕上がりではなくても、イペの”すき間無し施工”をご希望されたお客様はアンケートで、

「ベランダが素敵になりました。
ありがとうございました。」

デッキ材と同材の室外機カバーを置くと一体感があって綺麗ですよね。

これでベランダウッドデッキ&オーダー室外機カバーの紹介は終了。次回は庭ウッドデッキの交換工事を。